鈴木弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき ひろこ
鈴木 弘子
プロフィール
本名 鈴木 弘子[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本山形県[2]
生年月日 (1944-02-10) 1944年2月10日(78歳)
血液型 A型[3][4]
身長 155 cm[3]
職業 女優声優
事務所 賢プロダクション[2]
配偶者 あり
著名な家族 石井はるか(長女)
公式サイト 鈴木 弘子|タレント・声優|賢プロダクション
女優活動
活動期間 1950年代 -
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
ジャンル アニメ吹き替えナレーション
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

鈴木 弘子(すずき ひろこ、1944年[4][5]2月10日[2] - )は、日本女優声優山形県出身[2][5]賢プロダクション所属[2]。長女はアートディレクター、グラフィックデザイナーの石井はるか

略歴[編集]

1952年、小学2年生の時にNHK東京放送児童劇団へ1期生で入団[6]ラジオドラマ家なき子』でデビューし、中学3年生まで同劇団に所属。NHKを中心に活動し、劇団風の会にも所属。

以前からフランス文学映画が好きであり[7]、高校生からはフランス語の教師を目指し青山学院大学仏文科へ進学[6]。だが在学中、NHKプロデューサーの勧めで1966年7月に放送されたフランス映画『河は呼んでいるフランス語版』の吹き替えへ出演[8]したことを機に、卒業後は声の仕事を本格化[5]

キャリア初期はテレビドラマのヒロイン役やバラエティ番組等の司会ラジオDJなど芸能界全般で幅広く活動していたが、声だけの演技の奥深さや集中力、緊張感に惹かれ、本人曰く「流されるように声の仕事をやっていくようになった」とのこと[7][5]。1968年[6]から2003年頃までは東京俳優生活協同組合に所属していた[6]

2011年、第5回声優アワード功労賞を受賞[9]。近年も現役で活動する一方で、声優養成所で後進の育成にもあたっている[5]

人物[編集]

声種メゾソプラノ[6]。方言は山形弁[6]

1970年代1980年代は外国女優の吹き替えを独壇場といわれるほど多く担当[5]。特にジャクリーン・ビセットの吹き替えの大半をつとめている。

思い出深い出演作に『遙か群衆を離れて』の吹き替えを挙げている[7]

特技は油絵[6]

免許は普通自動車[6]

生年月日は高橋英樹と赤座美代子と同じである。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

  • テレビ指定席・シャルル四世(持田あゆみ)
  • NHK劇場・花ひらくとき(三田村葉子/主人公の一人/異母姉妹の妹)
  • 堂々たる夫婦
  • 大岡政談 池田大助捕物帳 第33話・第46話
  • おはなはん 第1話(女子学生・鈴木秋子)、第126話(小木曽葉子)
  • 大都会 PARTII 第12話「人質射殺7・PM」(北村里子)
  • 生徒諸君!(1980年放送版、北城未知子/主人公の母)
  • 熱中時代 教師編 第2シリーズ 第23話「遺言と大食い競争」(静江)
  • 山田太一ドラマスペシャル「まだそんなに老けてはいない」

吹き替え[編集]

担当女優[編集]

アリ・マッグロー
カトリーヌ・ドヌーヴ
キャサリン・ロス
キャロル・ベイカー
キャンディス・バーゲン
シガニー・ウィーバー
ジャクリーン・ビセット
ジュリー・クリスティ
ダイアン・キートン
ブリジット・バルドー
メリル・ストリープ

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

その他[編集]

  • マーサ・スチュワート・リビング(マーサ・スチュワート)
  • マーサ!(マーサ・スチュワート)

テレビアニメ[編集]

1968年
1969年
1970年
1972年
1973年
1974年
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1989年
1991年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2009年
2018年

劇場アニメ[編集]

1971年
1979年
1980年
1983年
1984年
1990年
1994年
2000年
2003年
2007年
2016年

OVA[編集]

1989年
1992年
2007年

人形劇[編集]

ドラマCD[編集]

  • 最終神話戦争イデアオペラ オリジナルドラマCD 第1章 罅割れたミュトス(ヘラ)
  • 最終神話戦争イデアオペラ オリジナルドラマCD 第2章 彷徨う冥界の扉(ヘラ)
  • 最終神話戦争イデアオペラ オリジナルドラマCD 第3章 輝ける悠遠の女神(ヘラ)

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

2018年

CM[編集]

司会[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、436頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c d e 鈴木 弘子|タレント・声優|賢プロダクション”. 2020年4月7日閲覧。
  3. ^ a b 鈴木 弘子”. 日本タレント名鑑. 2020年4月7日閲覧。
  4. ^ a b 鈴木弘子(すずきひろこ)の解説”. goo人名事典. 2020年4月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 岩崎郁子 (2016年3月20日). “外国女優の吹き替えは独壇場!鈴木弘子が突き進んだ声優業の魅力 連載第4回【声優伝説】”. シネマトゥデイ. 2017年5月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 鈴木弘子”. 東京俳優生活協同組合. 2001年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月27日閲覧。
  7. ^ a b c 吹替の帝王インタビュー ~吹替の現場から~ vol.55 鈴木弘子”. 20世紀フォックス (2016年4月21日). 2019年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月11日閲覧。
  8. ^ 劇映画「河は呼んでる」”. NHKクロニクル. 2022年1月11日閲覧。
  9. ^ 第五回声優アワード受賞者”. 声優アワード. 2017年5月2日閲覧。
  10. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月30日閲覧。
  11. ^ サイボーグ009”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  12. ^ ミクロイドS”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  13. ^ 大恐竜時代”. メディア芸術データベース. 2017年5月2日閲覧。
  14. ^ ユニコ 魔法の島へ”. メディア芸術データベース. 2017年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]