出雲阿国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
出雲阿国
出雲の阿国像(京都市東山区)

出雲 阿国(いずもの おくに、元亀3年?(1572年) - 没年不詳)は、安土桃山時代の女性芸能者。ややこ踊りを基にしてかぶき踊りを創始したことで知られており、このかぶき踊りが様々な変遷を得て、現在の歌舞伎が出来上がったとされる[1]

一般的には、彼女による「阿国歌舞伎」の誕生には名古屋山三郎が関係しているとされ、「山三郎の亡霊の役を演じる男性とともに踊った」といった解説がなされることが多い[2]。 お国が演じていたものは茶屋遊びを描いたエロティックなものであり、お国自身が遊女的な側面を持っていたという可能性も否定できない[3]

なお、現在では「出雲の阿国」「出雲のお国」と表記されることが一般的であるが、彼女の生存時の歴史資料にはこのような表記は発見されておらず、これらの表記は、口伝を筆記したもの、あるいは、17世紀後半以降、彼女が伝説化してから広まったものと考えられる[4]

生涯[編集]

阿国歌舞伎発祥地

出雲国杵築中村の里の鍛冶中村三右衛門の娘であり、出雲大社巫女となり、文禄年間に出雲大社勧進のため諸国を巡回したところ評判となったとされている[5]

慶長5年(1600年)に「クニ」なる人物が「ヤヤコ跳」を踊ったという記録(時慶卿記)があり、この「クニ」が3年後の慶長8年(1603年)に「かぶき踊」を始めたと考えられている[4]

当代記[6]によれば京で人気を得て伏見城に参上して度々踊ることがあったという。 当初は四条河原の仮設小屋で興業を行っていたが、やがて北野天満宮に定舞台を張るに至った[7]

慶長8年(1603年)5月6日に女院御所で踊ったという記録があり、文献によって踊ったものの名称が「ヤヤコ跳」「ややこおとり」「かふきおとり」と異なっている[4]。この事と記述の内容から考えて、慶長8年5月からあまり遡らない時期にかぶき踊というあらたな名称が定着したと考えられている[4]。内容面でもかわいらしい少女の小歌踊と考えるややこ踊から、傾き者(かぶきもの)が茶屋の女と戯れる場面を含むようなものに質的に変化したと考えられている[4]

お国のかぶき踊りは、名古屋山三役の男装したお国と、茶屋の娘役として女装したお国の夫・三十朗が濃密に戯れるものであった[7]。一座の他の踊り手も全て異性装を特徴としており、観客はその倒錯感に高揚し、最後には風流踊念仏踊りと同様に出演者と観客が入り乱れ熱狂的に踊って大団円となった[7]。 このように、お国がかぶき踊りを創始するに際して念仏踊りを取り入れたとする記述が一般向けの解説書や高校生向けの資料集により一般的であるが(山川出版『詳細日本史図説』、『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』)、この従来説に対して、ややこ踊の一座やお国が念仏踊りを踊った可能性は低いと主張する者もいる[4]

阿国は慶長12年(1607年)、江戸城で勧進歌舞伎を上演した後、消息が途絶えた。慶長17年4月(1612年5月)に御所でかぶきが演じられたことがあり、阿国の一座によるものとする説もある[8]

没年は、慶長18年(1613年)、正保元年(1644年)、万治元年(1658年)など諸説あり、はっきりしない(二代目阿国がいたのではないかという説もある)。出雲に戻り尼になったという伝承もあり、出雲大社近くに阿国のものといわれる墓がある。また、京都大徳寺高桐院にも同様に阿国のものといわれる墓がある。なお、旧暦4月15日(現在では新暦4月15日とも)が「阿国忌」といわれている。

阿国の与えた影響[編集]

お国一座は京都での人気が衰えると江戸を含め諸国を巡業したが、 かぶき踊は遊女屋で取り入れられ(遊女歌舞伎)、当時各地の城下町に遊里が作られていたこともあり、わずか10年あまりで全国に広まった[3]。 遊女歌舞伎は男装した遊女と遊女の猥雑な掛け合いに、お国一座にはなかった三味線による囃子が付いたもので、お客にとっては遊女の品定めの場であった[7]

寛永6年(1629年[9]、江戸幕府が、風紀紊乱の取り締まり、寺社で既に徹底されていた女人禁制との整合性、および、江戸時代になって制度としても全面的に強くなり始めていた男尊女卑女性差別)の傾向から、女性の芸能者が舞台に立つことを禁止したとされる[3]

資料[編集]

「クニ(国)」なる踊り子に関する史料には次のようなものがある。

  • 多聞院日記』の天正10年5月(1582年6月)の条に、「加賀国八歳十一歳の童」が春日大社で「ややこ踊り」を行ったという記事がある。
    • 「於若宮拜屋加賀國八歳十一歳ノヤヤコヲトリト云法樂在之カヽヲトリトモ云一段イタヰケニ面白云々各群集了」
      • 上記を、8歳の加賀、11歳の国という2人の名前と解釈し、逆算して国を1572年生まれとするのが通説化している。しかし、加賀の国出身の8歳・11歳の娘という解釈もあり得る。
  • 時慶卿記』の慶長5年7月1日(1600年8月9日)の条に、京都近衛殿の屋敷で雲州(出雲)のクニと菊の2人が「ややこ踊り」を夜まで演じていたという確実な歴史資料がある。
    • 「近衞殿ニテ晚迄雲州ノヤヤコ跳一人ハクニト云菊ト云二人其外座ノ衆男女十人計在之」
      • 上記により、「クニ」と名乗っていた評判の踊り子がおり、かつ、近衛という代表的貴族からも破格の好待遇を受けていた一座がいたことがわかる。
  • 『当代記』の慶長8年(1603年)4月の条
    • 「此頃カフキ踊ト云事有出雲國神子女名ハ國 <但非好女>出仕京都ヘ上ル縱ハ異風ナル男ノマネヲシテ刀脇差衣裝以下殊異相也彼男茶屋ノ女ト戲ル體有難クシタリ京中ノ上下賞翫スル事不斜伏見城ヘモ參上シ度々躍ル其後學之カブキノ座イクラモ有テ諸國エ下ル江戸右大將秀忠公ハ不見給
      • 江戸幕府が阿国歌舞伎を快く思っていないということが既に察知されているという事が分かる。
  • 『時慶卿記』より遡るものとして次の記録があり、これらも国(クニ)を指す可能性がある。
    • 御湯殿の上日記』の天正9年9月(1581年10月)の条には、御所で「ややこ踊り」が演じられたと記載されている。
    • 言経卿記』の天正15年2月(1588年3月)の条には、出雲大社の巫女が京都で舞を踊ったと記載されている。

その他[編集]

  • 京都で歌舞伎が演じられてから400年目の2003年、四条河原で「復元阿国歌舞伎」が上演された。(総合演出:野村万之丞、台本:小笠原恭子)[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、この従来説に対し、服部幸雄は、その著書『歌舞伎成立の研究』風間書房(1968)において、阿国かぶきは中世以来の女性芸能の一つに過ぎず、歌舞伎の成立は若衆歌舞伎からだとしている
  2. ^ 「名古屋山三郎との熱烈な関係」については「伝説的な部分が多いとみておくべきだろう」と疑念を呈する者もいる(小和田哲男 『日本の歴史がわかる101人の話』 三笠書房 2008年、291頁
  3. ^ a b c 国立劇場『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』淡交社、2009年、ISBN 978-4-473-03530-1、206頁-211頁
  4. ^ a b c d e f 国立劇場『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』淡交社、2009年、ISBN 978-4-473-03530-1、198頁-205頁
  5. ^ 出雲阿国顕彰会『出雲大社と阿国さんのまちから』山陰中央新報社、2003年、ISBN 4-87903-091-0、13頁
  6. ^ 『当代記』慶長8年4月。上記資料参照。
  7. ^ a b c d 長島淳子『江戸の異性装者たち:セクシュアルマイノリティの理解のために』勉誠出版 2017 ISBN 9784585221982 pp.69-73.
  8. ^ 小笠原恭子『出雲のおくに』 中公新書 1984年、158頁-160頁
  9. ^ 歌舞伎狂言などの部隊に女性芸能人が立つことをお触れで一斉に禁止したのではなく十年あまりの歳月をかけて徐々に規制を強めていったと主張している者もいる(国立劇場『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』淡交社、2009年、ISBN 978-4-473-03530-1、206頁-211頁)
  10. ^ [1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]