碧海りま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

碧海 りま(あおみ りま、2月14日 - )は、元宝塚歌劇団星組男役

大阪府出身。身長168cm。愛称はきむちりま

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 2003年4月、『花の宝塚風土記/シニョールドンファン』初舞台
  • 2003年7月、『王家に捧ぐ歌』
  • 2004年2月、『1914/愛/タカラヅカ絢爛』
  • 2004年10月、『花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04』
  • 2005年3月、『それでも船は行く』(バウ)
  • 2005年5月、『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!』新人公演:ぼら(本役:高央りお
  • 2005年11月、『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』(韓国)
  • 2006年1月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』新人公演:ニコラス(本役:鶴美舞夕
  • 2006年6月、『コパカバーナ』(梅田芸術劇場メインホール)
  • 2006年8月、『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム! -男の美学-』新人公演:エリック(本役:美稀千種
  • 2007年1月、『ハロー!ダンシング』(バウワークショップ)
  • 2007年3月、『さくら/シークレット・ハンター』新人公演:イグナシオ(本役:和涼華
  • 2007年9月、『Kean』(日生)ケビン
  • 2007年11月、『エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス』スコールズ、新人公演:エドワード・コールサック(本役:美城れん
  • 2008年4月、『ANNA KARENINA』(バウ)コンスタンチン・レーヴィン
  • 2008年6月、『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演:ロベスピエール(本役:にしき愛
  • 2008年11月、『ブエノスアイレスの風』(東京特別・バウ)イザベラの義兄
  • 2009年2月、『My dear New Orleans -愛する我が街-/ア ビアント(a bientot)』新聞売りの少年のレッド・ヘッド・ウィル、新人公演:エリック・ジョンソン(本役:紅ゆずる
  • 2009年8月、『太王四神記 Ver.Ⅱ』カンノ部族長、新人公演:ヤン王(本役:一樹千尋
  • 2009年10月、『コインブラ物語』(シアタードラマシティ・東京特別)ベルナルド
  • 2010年1月、『ハプスブルクの宝剣/BOLERO』ヤコブ、新人公演:ズィンツェンドルフ伯爵(本役:美稀千種)
  • 2010年4月、『激情 -ホセとカルメン-/BOLERO』(全国ツアー)モラレス
  • 2010年8月、『摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー) - 君に唄う歌 - 』(バウ)ノーマン
  • 2010年10月、『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-/愛と青春の旅だち』ムーア 
  • 2011年2月、『愛するには短すぎる/ル・ポワゾン』(中日)デイモン
  • 2011年4月、『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』グラファイス
  • 2011年8月、『ランスロット』(バウ)レオデグランス、マリアガンス (二役)
  • 2011年9月、『おかしな二人』(バウ)スピード 
  • 2011年11月、『オーシャンズ11』チャールズ
  • 2012年3月、『天使のはしご』(東京特別 • バウ) ジェラルド
  • 2012年5月、『ダンサ セレナータ/Celebrity −セレブリティ–』ジルベルト

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P115。ISBN 9784484146010