シルビア・グラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シルビア・グラブ
Sylvia Grab
生年月日 (1974-07-17) 1974年7月17日(48歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 164 cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台・テレビドラマ
活動期間 1997年 -
配偶者 髙嶋政宏2005年 - )
著名な家族 高島忠夫(義父)
寿美花代(義母)
高嶋政伸(義弟)
事務所 東宝芸能
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
舞台
エリザベート
アイ・ガット・マーマン
レ・ミゼラブル
レベッカ
『国民の映画』
 
受賞
菊田一夫演劇賞
第34回 演劇賞
レベッカ
読売演劇大賞
第19回 優秀女優賞
『国民の映画』
テンプレートを表示

シルビア・グラブ(Sylvia Grab、1974年7月17日 - )は、日本女優歌手である。東宝芸能所属。父親がスイス人ドイツ系)で母親が日本人。夫は俳優の髙嶋政宏東京都出身。ボストン大学音楽学部声楽科卒業。

略歴[編集]

聖心インターナショナルスクール在籍中から音楽活動に入り、ボストン大学卒業後の1997年に舞台『ジェリーズ・ガールズ』に出演以降、女優としてミュージカルを中心に舞台で活動中。2008年、『レベッカ』のダンヴァース夫人での演技が評価され、第34回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞[1]。2012年、『国民の映画』のツァラ・レアンダー役の演技が評価され、読売演劇大賞・優秀女優賞を受賞。

一方で2005年には林希岡千絵とともにgravityという3人組のユニットを結成して音楽活動を開始。岡千絵の脱退、蘭香レアの加入・活動休止を経て、林希との2人組のユニットとしてオリジナル楽曲の制作やライブ活動を行う。ユニットには2016年には岡千絵が再加入している。

私生活では、2000年のミュージカル『エリザベート』初演での共演をきっかけに交際していた俳優の髙嶋政宏と2005年に結婚[2][3]。シルビアの誕生日である7月17日に婚姻届を提出し、7月30日ハワイマウイ島にて挙式[4]高島忠夫は義父、寿美花代は義母、高嶋政伸は義弟であるが、政伸はシルビアより年上である。

かつてクリームインターナショナルに所属していたが、2010年、夫の高嶋と同じ東宝芸能に移籍。

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

コンサート[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は2020年の4月・5月に公演が予定されていたが[9]、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う政府からの緊急事態宣言を受け、全公演中止となっていた[10]

出典[編集]

  1. ^ “シルビア・グラブ、“できないことをやるすごさ”を追い続けて(後編)”. ステージナタリー. (2020年11月26日). https://natalie.mu/stage/column/405749 2020年12月4日閲覧。 
  2. ^ ““妻”は早くも高島ファミリー!高嶋政宏、婚約会見”. ZAKZAK. (2004年12月14日). https://web.archive.org/web/20160920094904/http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_12/g2004121408.html 2016年5月13日閲覧。 
  3. ^ “高嶋政宏、シルビア・グラブ 『エリザベート』共演が縁で結婚へ”. シアターフォーラム. (2004年12月15日). http://www.theater-forum.com/news/2004/041215.htm 
  4. ^ “高嶋ファミリー大喜び!…高嶋政宏が結婚”. サンケイスポーツ. (2005年7月21日). オリジナルの2006年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060202081651/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005072101.html 2016年5月13日閲覧。 
  5. ^ 井上芳雄主演 新国立劇場 ミュージカル『パッション』製作発表会”. シアターガイド (2015年9月3日). 2015年9月4日閲覧。
  6. ^ “「RHYTHM RHYTHM RHYTHM」水夏希&東山義久が見どころ語る動画公開”. ステージナタリー. (2016年3月30日). https://natalie.mu/stage/news/181503 2016年4月1日閲覧。 
  7. ^ 日生劇場 ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』”. 東宝. 2016年5月25日閲覧。
  8. ^ シアタークリエ 恋を読む inクリエ『逃げるは恥だが役に立つ』”. 東宝. 2021年6月17日閲覧。
  9. ^ Hey! Say! JUMP薮宏太、派手衣裳で“降臨” 主演ミュージカルに意気込み〈ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年1月16日). 2020年2月28日閲覧。
  10. ^ 4月日生劇場・5月オリックス劇場 公演中止及びチケット払い戻しのご案内”. ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』オフィシャルホームページ (2020年4月8日). 2020年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。
  11. ^ 最後のレストラン 登場人物(キャスト)”. 2016年4月19日閲覧。
  12. ^ “【鎌倉殿の13人】シルビア・グラブ、政子と対決する“大政治家”役 『真田丸』では出雲阿国を好演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年6月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2237732/full/ 2022年6月8日閲覧。 
  13. ^ "森川葵、ムロツヨシのフジテレビ初主演連ドラ第2弾に出演 猪塚健太、トムブラウンらも". Real Sound. 株式会社blueprint. 6 March 2022. 2022年3月6日閲覧

外部リンク[編集]