桑原裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くわばら ゆうこ
桑原 裕子
生年月日 (1976-07-19) 1976年7月19日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 162 cm
血液型 B型
職業 女優劇作家演出家脚本家
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
所属劇団 KAKUTA
事務所 東宝芸能
公式サイト 公式プロフィール(KAKUTA)
公式プロフィール(東宝芸能)

桑原 裕子(くわばら ゆうこ、1976年7月19日 - )は、日本女優劇作家演出家脚本家である。

東京都出身、八王子高等学校卒業。劇団KAKUTA主宰。所属事務所は東宝芸能

162cm・B型。

来歴[編集]

  • 1994年、高校3年のとき平田オリザ作・演出の舞台『転校生』のオーディションで田村友佳と出会う。
  • 1996年、金井博美および田村友佳とともに劇団KAKUTA結成。当初は役者のみの活動であったが田村の離団や金井の退団にともない演出と脚本を手がけるようになる。
  • 1998年、劇団KAKUTAの主宰となる。
  • 2008年、『甘い丘』で第52回岸田國士戯曲賞候補。
  • 2009年、KAKUTA公演『甘い丘』の作・演出により平成21年度(第64回)文化庁芸術祭新人賞受賞。
  • 2012年、『往転』で第56回岸田國士戯曲賞候補、第15回鶴屋南北戯曲賞候補。
  • 2015年、『痕跡』で第59回岸田國士戯曲賞候補、第18回鶴屋南北戯曲賞受賞。

作品[編集]

舞台(作品)[編集]

KAKUTA公演
外部公演
  • 転校生(1994年、青山円形劇場
  • 776(1997年、全労済ホールスペース・ゼロ
  • オクタゴン(1998年、青山円形劇場)
  • 興味がない(1999年、シアタートップス
  • 星星瞳星キラリ(2000年、スフィアメックス)
  • 夢に落ちる(2002年、下北沢駅前劇場
  • サウンドシステム(2002年、こまばアゴラ劇場
  • みつばち(2003年、全労済ホールスペース・ゼロ、近鉄劇場
  • 雷電支度部屋(2003年、「劇」小劇場)
  • ポウズ〜さきわうためにできること(2004年、シアタートップス)
  • girlgirlboygirlboy(2004年、三鷹市芸術文化センター 星のホール)
  • ファンシー〜スグルとマナブと奇抜な父と〜(2004年、シアタートップス)
  • ムーンリバー(2005、シアターサンモール) - 脚本
  • カリフォルニア(2005年、シアタートップス)
  • 南国プールの熱い砂(2006年、青山円形劇場) - 脚本・演出
  • ランプ(2006年、シアタートップス)
  • 恋人たち(2006年、王子小劇場)
  • アリスの愛はどこにある(2007年、新宿FACE
  • 夢顔(2007年、シアタートップス)
  • 雷電甲子園(2008年、シアターサンモール) - 脚本
  • 軋み(2008年、シアタートップス)
  • K(2009年、赤坂ACTシアター
脚本・演出作

テレビドラマ(作品)[編集]

映画[編集]

出演[編集]

舞台(出演)[編集]

KAKUTA公演
外部公演

テレビドラマ(出演)[編集]

ラジオドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

  • クレバリーホーム(2015年)[1]

書籍[編集]

小説・随筆[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桑原裕子 クレバリーホームTVCM『クレバリー家の謎』に出演中!”. 東宝芸能公式サイト (2015年5月11日). 2015年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]