KAKUTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

KAKUTA(かくた)は日本の劇団。1996年、金井博美、桑原裕子および田村友佳により旗揚げ。劇団名はこの3名の頭文字からつけられた。2001年金井の退団以降は桑原が脚本を担当する。花やしきプラネタリウムなど劇場以外でも上演を行っている。

主な公演[編集]

  • 『陽だまりのネコ』(1997年)
  • 『とまと』(1998年、2001年)
  • 『空のうえ』(1999年)
  • 『猫とバイオリン』(1999年)
  • 『他所へ』(1999年)
  • 『ショート・ハウス』(2000年)
  • 『東京鉄火青年』(2002年)
  • 『北極星から十七つ先』(2002年、2005年)
  • 『くちびるに歌を待て』(2003年)
  • 『青春<アオハル>ポーズ』(2003年)
  • 『Root Beers』(2004年、2008年)
  • 『南国プールの熱い砂』(2005年)
  • 『甘い丘』(2007年、2009年)
  • 『目を見て嘘をつけ』(2008年、2010年)
  • 『ひとよ』(2011年)
  • 『Turning Point【分岐点】』(2012年)

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「KAKUTA」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目ですが、内容が不十分です加筆・訂正必要ですPortal:舞台芸術)。項目削除の対象である場合もあります。