和泉芳怜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いずみ かれん
和泉 芳怜
プロフィール
別名義 田中芳怜
KAREN
愛称 いずみん
かれぴょん[1]
生年月日 2004年2月28日
現年齢 18歳
出身地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市
公称サイズ(2021年[2]時点)
身長 158 cm
スリーサイズ 88 - 58 - 87 cm
カップサイズ E
活動
デビュー 2015年
ジャンル 歌手グラビアアイドル
所属グループ PiXMiX
活動期間 2017年 - 現在
事務所 東宝芸能
レーベル キングレコード
(PiXMiX)
公式サイト 和泉芳怜プロフィール
受賞歴 ミスマガジン2021年度グランプリ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

和泉 芳怜(いずみ かれん、2004年〈平成16年〉2月28日 - )は、日本女性アイドルPiXMiXのメンバー。東宝芸能所属。神奈川県横浜市出身[3]。愛称は、いずみんかれぴょん

略歴[編集]

映像外部リンク
講談社ヤンマガch
【和泉芳怜】ミスマガ2021グランプリついに初ソロ表紙!!【YM51号】
(2021年11月15日)

幼いころにAKB48などアイドルの姿を見て憧れを抱き[4]、2015年12月、アイドルグループBeeすく〜るメンバーの田中芳怜としてデビュー[5]。およそ半年間の活動の後にグループを卒業[6]

2016年、第8回東宝「シンデレラ」オーディションを経て東宝芸能へ所属し、2017年7月、PiXMiXメンバーのKARENとして活動を開始[7]

2019年10月にはキングレコードからメジャーデビューも果たしている[8][9]

2021年4月より芸名を和泉芳怜とした。7月、『ミスマガジン2021』ベスト16に選出され[10]、同年10月5日、東宝芸能としては37年ぶりとなるミスマガジングランプリを受賞[11][12]。以後、週刊ヤングマガジンなど各誌で表紙巻頭グラビアを飾っている[13][14]。また、同じく10月からラジオ番組『A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!』にレギュラー出演した[15]

2022年8月公開の映画『グリーンバレット』で初主演[16]。同年10月19日にファースト写真集『可憐な芳怜』を発売[17]

人物[編集]

  • 大のアニメ好きであり、好きな作品は『進撃の巨人』『東京リベンジャーズ』『五等分の花嫁』など。特に『五等分の花嫁』は大のお気に入りであり、好きなキャラクターは中野二乃である。これらの作品に加え、講談社の作品が大好きだったことがミスマガジン応募のきっかけとなった[18][19][20]
  • 将来の夢は声優であり、好きな声優は内田真礼花澤香菜水瀬いのりなど[21]。特に水瀬いのりについては、PiXMiXのライブでも、水瀬の歌い癖や仕草が自然とでてしまうほど大好きであり、聞きこんでいる[20]
  • 憧れているのは、第3回ミスマガジングランプリでもある斉藤由貴をはじめ、長澤まさみ浜辺美波上白石萌歌上白石萌音など所属事務所の先輩俳優。特に上白石姉妹は、同じアーティスト部門にも所属していることに加え、妹の萌歌と誕生日が同じであることから大変尊敬している。挨拶の際に姉の萌音から贈られたサイン入りCDは家宝として大切に保管している[20]
  • 夢みるアドレセンスの山口はのん(ミスマガジン2019 読者特別賞)やPimm's早川渚紗(ミスマガジン2020 読者特別賞)とも親交がある。ミスマガジン応募にあたり、グラビアで活躍する彼女たちの姿に憧れたことも理由の一つに挙げている[20]
  • グラビアアイドルとしての活動にも意欲的で、好きなグラビアアイドルは沢口愛華(ミスマガジン2018 グランプリ)、寺本莉緒(同 ミスヤングマガジン)、豊田ルナ(ミスマガジン2019 グランプリ)、新井遥(ミスマガジン2020 グランプリ)、大原優乃浅川梨奈根本凪十味ミスiD2019 準グランプリ)など。初めての水着グラビアの撮影時も、彼女たちのお気に入りのグラビアを参考にして撮影に臨んだ[21]
  • 初期は個性が無いのが最大の個性と自負していたが、デビューから3年が経った2020年頃から喋る事にも慣れてきたと歌詞の中で語られている[22][23]
  • デビュー当初よりかれぴょんの愛称で親しまれていたが[1]、ミスマガジン2021グランプリ受賞を機にいずみんとしている[24]

出演[編集]

  • Beeすく〜る(在籍:2015年12月25日 - 2016年5月22日)
  • PiXMiX(在籍:2017年7月29日 - )

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

ウェブドラマ[編集]

ナレーション[編集]

  • アニメイト川口 移転リニューアルオープンCM(2021年10月、アニメイト各店)[31]

キャンペーン[編集]

  • アニメイト横浜ビブレ宣伝大使(2021年11月 - 12月、アニメイト)[32]
  • ゲーマーズ横浜店宣伝大使(2021年11月 - 12月、ゲーマーズ[33]

イベント[編集]

  • 第2回トーキョーシネマ文化祭(2022年8月14日、Theater Mixa)[34]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 可憐な芳怜(2022年10月19日発売、講談社、撮影:藤本和典ISBN 978-4065298510[注釈 1][17]

雑誌[編集]

  • 週刊ヤングマガジン講談社
    • 2021年33号(2021年7月12日発売) - 表紙・ミスマガジン2021ベスト16[35][36]
    • 2021年34号(2021年7月19日発売) - ミスマガジン2021ベスト16[37]
    • 2021年46号(2021年10月11日発売) - 表紙・ミスマガジン2021[13]
    • 2021年51号(2021年11月15日発売) - 初ソロ表紙[38]
    • 2022年4・5合併号(2021年12月27日発売) - 表紙・ミスマガジン2020&2021[39]
    • 2022年21・22合併号(2022年4月25日発売) - 表紙・ミスマガジングランプリ(沢口愛華・豊田ルナ・新井遥と共演)[14]
    • 2022年38号(2022年8月22日発売) - 表紙・ミスマガジン2021[40]
    • 2022年40号(2022年9月5日発売) - センターグラビア(ファースト写真集からのアザーカット)[41]
    • 2022年46号(2022年10月17日発売) - 表紙・巻頭グラビア(ソロとしては2回目、ファースト写真集からのアザーカット)・センターグラビア(所属事務所の先輩であり、1984年ミスマガジン・グランプリの斉藤由貴との対談)
  • 月刊ヤングマガジン(講談社)
    • 2021年12号(2021年11月18日発売) - 表紙・ミスマガジン2021[42]
  • 週刊少年マガジン(講談社)
    • 2022年32号(2022年7月6日発売)[43]
  • 週刊プレイボーイ集英社
    • 2021年 No.52(2021年12月13日発売)[44]

デジタル写真集[編集]

  • ヤンマガアザーっす!(講談社)
    • 〈YM2021年46号未公開カット〉(2022年1月15日)[45][46]
    • 〈YM2022年4・5号未公開カット〉(2022年3月15日)[47]
    • 〈YM2021年51号未公開カット〉(2022年4月15日)[48][49]
    • ミスマガグランプリカルテット 和泉芳怜〈YM2022年23号未公開カット〉(2022年8月5日)[50]
    • ミスマガグランプリカルテット 沢口愛華 豊田ルナ 新井遥 和泉芳怜〈YM2022年21・22号未公開カット〉(2022年8月5日)[51]
  • ミスマガ2021みんなのモーニングルーティングラビア1(2022年2月15日、講談社)[52]
  • ミスマガ2021と過ごす年末年始1(2022年3月15日、講談社)[53]
  • ミスマガのアソビバ!(講談社)
    • 天使と悪魔(2022年4月15日)[54]
    • もしも、同級生がミスマガ2021だったら…(2022年6月3日)[55]
    • お菓子作り@ホーム!(2022年7月15日)[56]
    • 元気いっぱい!チアガール 和泉芳怜(2022年8月26日)[57]
    • ミスマガ×『グリーンバレット』和泉芳怜(2022年9月9日)[58]
    • ミスマガ×『グリーンバレット』和泉芳怜 天野きき 内藤花恋(2022年9月9日)[59]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ミスマガジングランプリ受賞特典。過去にこの特典を受けたのは、沢口愛華(2018年)、豊田ルナ(2019年)、新井遥(2020年)らグランプリ受賞者に加え、菊地姫奈(2020年ミス週刊少年マガジン)、早川渚紗(2020年読者特別賞)などがいる。

出典[編集]

  1. ^ a b 「ミスマガジン2021 BEST16『和泉芳怜』」『週刊ヤングマガジン』2021年33号、講談社、2021年7月12日、 5頁、2021年10月12日閲覧。
  2. ^ 「ミスマガジン2021グランプリ『和泉芳怜』」『週刊ヤングマガジン』2021年51号、講談社、2021年11月15日、 7頁、2021年11月15日閲覧。
  3. ^ 和泉 芳怜|東宝芸能” (日本語). www.toho-ent.co.jp. 2022年7月10日閲覧。
  4. ^ 「ミスマガジン2021 ベスト16」 SHOWROOM配信より
  5. ^ 『12月25日 SUB東京 Beeすくーるお披露目』” (日本語). Beeすく〜るの日記. 2021年7月11日閲覧。
  6. ^ 『5月22日(日)「8人全員でかれぴょんのラストライブ」@池袋YES』” (日本語). Beeすく〜るの日記. 2021年7月11日閲覧。
  7. ^ PiXMiXがついに本格始動!初ワンマンで圧巻パフォーマンス” (日本語). WEBザテレビジョン (2017年10月25日). 2022年2月5日閲覧。
  8. ^ 【インタビュー】平均年齢15.8歳のPiXMiX、背伸びして歌う淡い恋心” (日本語). BARKS (2020年2月5日). 2021年8月10日閲覧。
  9. ^ PiXMiXが結成3周年記念ライブをオンラインで開催!3年間の振り返りと今後の目標を聞いた!” (日本語). DI:GA ONLINE (2020年10月20日). 2022年2月5日閲覧。
  10. ^ 「ミスマガジン」ベスト16発表、和泉芳怜「将来の夢は声優さんになること」」『スポーツ報知報知新聞社、2021年7月6日。2021年7月11日閲覧。
  11. ^ ミスマガジン2021:グランプリは東宝芸能の17歳美少女・和泉芳怜 スタイル抜群のオタク女子” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ) (2021年10月5日). 2021年10月9日閲覧。
  12. ^ 「ミスマガジン2021」グランプリはPiXMiX和泉芳怜「メンバーの支えとファンの方のおかげ」” (日本語). モデルプレス (2021年10月5日). 2021年10月9日閲覧。
  13. ^ a b 「ミスマガジン2021」和泉芳怜、抜群のルックス&スタイルで魅了” (日本語). モデルプレス (2021年10月11日). 2021年11月3日閲覧。
  14. ^ a b 「ミスマガ」沢口愛華・豊田ルナ・新井遥・和泉芳怜“4世代女王”豪華集結”. ORICON NEWS (2022年4月25日). 2022年5月26日閲覧。
  15. ^ a b 小日向ゆか、和泉芳怜(PiXMiX)、『A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!』レギュラー出演決定!”. Pop'n'Roll(ポップンロール) (2021年9月18日). 2021年10月9日閲覧。
  16. ^ a b ミスマガジン6人主演映画に板尾創路がメッセージ、人生相談した和泉芳怜ら感謝 - シネマ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com (2022年8月26日). 2022年9月5日閲覧。
  17. ^ a b ミスマガジン GP 和泉芳怜の1st写真集タイトル、『可憐な芳怜』に決定”. Girls News (2022年9月2日). 2022年9月5日閲覧。
  18. ^ 【歴代ミスマガインタビュー】Vol.4和泉芳怜「ミスマガジンは、私にとって“輝ける場所”です」”. ORICON NEWS. 2022年3月5日閲覧。
  19. ^ <ミスマガ2021ファイル>和泉芳怜 17歳のアニメ好き美少女「五等分の花嫁」大好き! 将来の夢は声優” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2022年7月7日閲覧。
  20. ^ a b c d 「ミスマガジン2021 ベスト16」 SHOWROOM配信より
  21. ^ a b 和泉芳怜:“ミスマガ2021GP”17歳の高校3年生 夢は声優 プライベートではコスプレも” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2021年12月4日閲覧。
  22. ^ ピクミクパーティー!PiXMiX” (日本語). 2021年8月7日閲覧。
  23. ^ ピクミクパーティー3rd Anniversary ver.PiXMiX” (日本語). 2021年8月7日閲覧。
  24. ^ 『ミスマガジン2021』グランプリは“PiXMiX”和泉芳怜、6名のシンデレラガールズ船出”. ドワンゴジェイピーnews. 2021年10月9日閲覧。
  25. ^ @kaiun_tbs (2021年1月27日). "PiXMiX KARENさん 開運スタジオ初登場" (ツイート). Twitterより2021年11月3日閲覧
  26. ^ @tvk_kannaidevil (2022年7月29日). "8/5(金)の「関内エビル」のゲストはPiXMiXの和泉芳怜さん!" (ツイート). Twitterより2022年8月20日閲覧
  27. ^ ShibuyaCross-FM”. shibuyacrossfm.jp. 2021年10月9日閲覧。
  28. ^ 『A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!』新アシスタントに【小日向ゆか】を迎えてパワーアップ!【和泉芳怜】、BURNOUT SYNDROMES【熊谷和海】、声優【木野日菜】らが仲間入り” (日本語). hirto.net. 2021年9月20日閲覧。
  29. ^ 映画『グリーンバレット』満席の熱気の中で公開開始。初日舞台挨拶。主演7名が感激。” (日本語). www.1st-generation.com (2022年8月26日). 2022年8月26日閲覧。
  30. ^ @PiXMiX_OFFICIAL. "Netflix『今際の国のアリス 』1話に、KARENが少しだけ出演しています" (ツイート). Twitterより2021年11月3日閲覧
  31. ^ @izumi_karen_. "アニメイト川口さんの移転リニューアルオープンCMのナレーションを担当させていただきました!" (ツイート). Twitterより2021年11月3日閲覧
  32. ^ @ani_yokohama. "和泉芳怜さんがアニメイト横浜ビブレの宣伝大使に就任ハマ" (ツイート). Twitterより2021年11月3日閲覧
  33. ^ 和泉芳怜(PiXMiX)×ゲーマーズ横浜店 宣伝大使就任 ゲーマーズ” (日本語). www.gamers.co.jp. 2021年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月3日閲覧。
  34. ^ @tky_cf_official (2022年8月14日). "本日池袋Mixalive TOKYO 6Fで第2回トーキョーシネマ文化祭を開催します!" (ツイート). Twitterより2022年8月20日閲覧
  35. ^ “『ミスマガジン2021』ベスト16お披露目 グラドルの妹、麻雀好きJKなど多彩なメンバーに”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年7月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2199168/full/ 2021年7月11日閲覧。 
  36. ^ 「ミスマガジン2021」ベスト16、美ボディ輝く水着姿で集結” (日本語). モデルプレス (2021年7月12日). 2021年11月3日閲覧。
  37. ^ ヤングマガジン. “ヤングマガジン34号” (日本語). ヤングマガジン公式サイト. 2021年11月3日閲覧。
  38. ^ 「ミスマガ」新女王・和泉芳怜、記念すべき初ソロ表紙 自身初の沖縄で明るく弾ける!”. ORICON NEWS (2021年11月15日). 2021年12月4日閲覧。
  39. ^ 「ミスマガ」2020&21が『ヤンマガ』グラビアジャック 表紙は女王たちの南国パーティー”. ORICON NEWS. 2022年1月8日閲覧。
  40. ^ 「ミスマガ2021」6人でラストロケ カラフルビキニで魅せる成長した美BODY”. ORICON NEWS. 2022年8月22日閲覧。
  41. ^ 和泉芳怜:18歳のミスマガGP 「ヤンマガ」で写真集未公開カット” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2022年9月5日閲覧。
  42. ^ ミスマガジン2021「月刊ヤンマガ」表紙に 17歳GP和泉芳怜 山岡雅弥、天野ききも 水着に” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2021年12月4日閲覧。
  43. ^ @shonenmagazine1 (2022年7月6日). "今週のグラビア ミスマガジン2021グランプリを受賞した和泉芳怜さん登場" (ツイート). Twitterより2022年7月6日閲覧
  44. ^ ミスマガジン2021グランプリの和泉芳怜は醤油好き!?「おすしよりも醤油のほうが好きなんです」” (日本語). 週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト] (2021年12月12日). 2022年1月8日閲覧。
  45. ^ 『和泉芳怜 ミスマガジン2021グランプリ ヤンマガアザーっす!〈YM2021年46号未公開カット〉 ヤンマガデジタル写真集』” (日本語). 講談社BOOK倶楽部. 2022年1月16日閲覧。
  46. ^ 和泉芳怜 ミスマガジン2021グランプリ ヤンマガアザーっす!ヤンマガデジタル写真集”. Rakutenブックス. 2022年1月16日閲覧。
  47. ^ ASIN B09TZZSZQN
  48. ^ 和泉芳怜 ヤンマガアザーっす!〈YM2021年51号未公開カット〉 ヤンマガデジタル写真集”. アニメイトブックストア. 2022年4月16日閲覧。
  49. ^ 和泉芳怜 ヤンマガアザーっす!〈YM2021年51号未公開カット〉ヤンマガデジタル写真集” (日本語). BOOK☆WALKER. 2022年4月16日閲覧。
  50. ^ ASIN B0B87SPLKD
  51. ^ ヤンマガアザーっす!〈YM2022年21・22号未公開カット〉ヤンマガデジタル写真集” (日本語). BOOK☆WALKER. 2022年8月20日閲覧。
  52. ^ 和泉芳怜 ミスマガ2021 みんなのモーニングルーティングラビア1 ヤンマガデジタル写真集”. ebookjapan. 2022年2月15日閲覧。
  53. ^ ミスマガ2021と過ごす年末年始1 和泉芳怜 ヤンマガデジタル写真集”. Rakutenブックス. 2022年3月16日閲覧。
  54. ^ ミスマガのアソビバ!天使と悪魔 和泉芳怜 ヤンマガデジタル写真集”. Rakutenブックス. 2022年4月16日閲覧。
  55. ^ ASIN B0B2134S31
  56. ^ ミスマガのアソビバ! お菓子作り@ホーム! 和泉芳怜 ヤンマガデジタル写真集” (日本語). アニメイトブックストア. 2022年7月30日閲覧。
  57. ^ ミスマガのアソビバ! 元気いっぱい!チアガール 和泉芳怜 ヤンマガデジタル写真集”. ebookjapan. 2022年9月5日閲覧。
  58. ^ 和泉芳怜 ミスマガ×『グリーンバレット』 ミスマガのアソビバ!”. honto.jp. 2022年9月5日閲覧。
  59. ^ ASIN B0BC8FH3LM

外部リンク[編集]