小京都ミステリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小京都ミステリー
ジャンル テレビドラマ
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 1989年1月24日 - 2001年10月9日(30回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 野村孝
池広一夫
恩地日出夫
合月勇
岡屋龍一
南部英夫
山田大樹
原作 山村美紗
脚本 安本莞二
米村正二
宇都宮郁代
佐藤茂
小林弘利
秦建日子
いずみ玲
酒井直行
プロデューサー 野末和夫(日テレ)
前田伸一郎(日テレ)
野木小四郎(大映テレビ)
保坂博信(大映テレビ)
近藤一男(大映テレビ)
千原博司(大映テレビ)
長坂淳子(大映テレビ)
出演者 片平なぎさ
船越英一郎
オープニング オープニングテーマを参照
エンディング 主題歌を参照
外部リンク 火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

小京都ミステリー』(しょうきょうとミステリー)は、1989年から2001年まで日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」で放送されたテレビドラマシリーズ。全30回。主演は片平なぎさ

概要[編集]

フリーライターの柏木尚子とカメラマンの山本克也が取材で訪れた、日本各地にある小京都と呼ばれる場所で起こる難事件を解決していく。 同じ事務所の所属でありながら、2時間ドラマの女王である片平なぎさと、同じく2時間ドラマの帝王である船越英一郎の2人の掛け合いが人気となり、2001年までに30作が製作された。 現在、BS日テレCSファミリー劇場で小京都ミステリーの再放送が行われている。

事件の核心にせまるトリックや証拠を見つけたり、犯人が分かった時などには2人が小さく拍手をしながら「お手柄お手柄」と言うのが恒例になっている。シリーズの前期ではレンタカーやタクシーなど異なる車で移動していたが、中期以降はスズキ・エスクードでの移動になっている。

最終作となる30作目は、火曜サスペンス劇場20周年にあたることからそのことを明記した特別オープニングになっている。また、タイトルの「エジプト・パピルス殺人事件」のごとく、もはや小京都とは遠く離れて、エジプトで事件に巻き込まれるというストーリー展開になっている。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

柏木 尚子(かしわぎ しょうこ)
演 - 片平なぎさ
フリーライター。当初は旅行雑誌の出版社である旅の友社に勤務。旅行雑誌にもかかわらずルポルタージュのような内容をとがめられ、半年間、編集デスクに回されていた。編集長から「小京都の女たち」という企画を提案され、以後、カメラマンの山本とともに各地を取材。父は税務署に勤務する公務員であったが既に亡くなっている。妹(柏木直子)がおり第1作では東京で2人で暮らしていた。作中のナレーションも担当しており,冒頭に「わたくしことフリーライターの柏木尚子とカメラマンの山本克也は…」という言い回しから始まる台詞が恒例となっている。
山本 克也(やまもと かつや)
演 - 船越栄一郎(現・船越英一郎
カメラマン。当初は旅の友社の写真部に所属し、「小京都の女たち」の企画にカメラマンとして参加。このシリーズ以後、カメラマンとして柏木とともに各地を取材。

ゲスト[編集]

第1作「小京都連続殺人事件」(1989年)
第2作「飛騨高山連続殺人事件」(1990年)
第3作「津和野・萩殺人事件」(1991年)
第4作「京都山口殺人旅行」(1991年)
第5作「奥飛騨三寺まいり殺人事件」(1992年)
第6作「会津涙橋殺人事件」(1992年)
第7作「薩摩恋人形殺人事件」(1992年)
第8作「北海慕情殺人事件」(1993年)
第9作「出雲路天女伝説殺人事件」(1993年)
第10作「安芸奥の細道殺人事件」(1993年)
第11作「伊予夢芝居殺人事件」(1994年)
第12作「みちのく酒田殺人事件」(1994年)
第13作「豊後路石仏殺人事件」(1995年)
第14作「山陰但馬殺人事件」(1995年)
第15作「大和路くみひも殺人事件」(1995年)
第16作「みちのく角館殺人事件」(1996年)
第17作「肥前蛍の里殺人事件」(1996年)
第18作「加賀百万石殺人事件」(1996年)
第19作「奥信濃殺人事件」(1997年)
  • 原田邦子 - 五十嵐めぐみ
  • 原田あかり(盲目の少女) - 安藤あさ子
  • 松波景子(クラブのママ) - 中上ちか
  • 三国晴美(高校教師) - 繁田知里
  • 三国竜一(晴美の弟) - 倉田昇一
  • 三国竜造(晴美の父) - 石田太郎
  • 三国玲子(晴美の母) - 久保田民絵
  • 吉岡哲也 - 秋間登
  • 川地健一郎 - 三浦浩一
  • 丸山(長野南警察署 警部) - 石橋正次
  • 谷口香しみず霧子磯村千花子
第20作「肥後人吉殺人事件」(1997年)
第21作「周防岩国殺人事件」(1997年)
  • 小谷晴美(未亡人) - 神保美喜
  • 露木麻里絵(巫女) - 大寶智子
  • 露木八郎(麻理絵の父・バー「エリー」経営者・高利貸し) - 小沢象
  • 露木純一(麻理絵の弟) - 佐伯太輔
  • ジョー・モズリー(アーミーショップのオーナー) - サムエル・エニング
  • 小谷駿(晴美の息子) - 飯塚恭平
  • 福島(刑事) ‐ 酒井敏也
  • 金子浩二(バー「エリー」元マスター) - 若松武史
  • 藤島(警部補) - 寺田農
  • 竜崎秀次(植木職人) - 若林豪
  • 大木史朗山口杏子
第22作「津軽弘前殺人事件」(1998年)
第23作「水郷柳川殺人事件」(1998年)
  • 富田一枝(ブライダルコーディネーター) - 濱田万葉
  • 樺島綾乃(松下の婚約者・「丸川水産加工」社員) - 吉野公佳
  • 松下高士(柳川警察署 警察官) - 田中実
  • 尾崎(借金の取り立て) - 中西良太
  • 大山(柳川警察署 警部補) - 有福正志
  • 今野雄一(「有明開発」理事) - 黒部進
  • 岡村久子 - 諸江みなこ
  • 樺島フミ(綾乃の祖母) - 磯村千花子
  • 樺島ユキ(綾乃の母・故人) - 上原由恵
  • 丸川康夫(「丸川水産加工」社長) - 新克利
  • 富田ハナ(一枝の母) - 南田洋子
  • 富田政太郎(一枝の父・失踪中) - 長門裕之
  • 木村翠由起艶子
第24作「吉備津鳴釜殺人事件」(1998年)
第25作「越中落人伝説殺人事件」(1999年)
第26作「豊後一子相伝殺人事件」(1999年)
  • 和泉幸恵(恵子と高志の母・和泉の妻) - 高林由紀子
  • 和泉高志(和泉の息子) - 川端竜太
  • 羽野信一(和泉の弟子) - 海部剛史
  • 池田史郎(和泉の弟子) - 村上幸平
  • 加藤恵子(日田市観光課の職員) - 長田江身子
  • 林葉(日田警察署 刑事) - 日野陽仁
  • 斎藤(日田警察署 刑事) - 山西惇
  • 乾多恵(恵子の叔母・姫達磨職人) - 渚まゆみ
  • 橘勲(清流焼の窯元) - 平野稔
  • 和泉千治(恵子と高志の父・小鹿田焼「和泉工房」十二代窯元) - 前田吟
第27作「奥州三代嫁姑殺人事件」(2000年)
第28作「長崎ビードロ殺人事件」(2000年)
第29作「郡上おどり殺人事件」(2001年)
第30作「エジプト・パピルス殺人事件」(2001年)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 1989年1月24日 小京都連続殺人事件 安本莞二 野村孝
2 1990年7月10日 飛騨高山連続殺人事件 池広一夫 18.9%
3 1991年4月16日 津和野・萩殺人事件 恩地日出夫 17.1%
4 7月30日 京都山口殺人旅行 合月勇 20.2%
5 1992年1月28日 奥飛騨三寺まいり殺人事件 19.7%
6 7月07日 会津涙橋殺人事件 岡屋龍一 19.9%
7 12月01日 薩摩恋人形殺人事件 合月勇 17.9%
8 1993年4月13日 北海慕情殺人事件 18.4%
9 9月07日 出雲路天女伝説殺人事件 18.6%
10 12月07日 安芸奥の細道殺人事件 池広一夫 19.6%
11 1994年3月15日 伊予夢芝居殺人事件 合月勇 16.5%
12 7月19日 みちのく酒田殺人事件 18.0%
13 1995年1月03日 豊後路石仏殺人事件 岡屋龍一
14 3月28日 山陰但馬殺人事件 宇都宮郁代 合月勇 17.3%
15 9月26日 大和路くみひも殺人事件 19.2%
16 1996年1月30日 みちのく角館殺人事件 佐藤茂 野村孝 19.6%
17 5月28日 肥前蛍の里殺人事件 宇都宮郁代 池広一夫 19.3%
18 8月27日 加賀百万石殺人事件 佐藤茂 23.5%
19 1997年1月07日 奥信濃殺人事件 野村孝 17.7%
20 7月01日 肥後人吉殺人事件 南部英夫 18.0%
21 10月21日 周防岩国殺人事件 野村孝 17.0%
22 1998年2月24日 津軽弘前殺人事件 小林弘利 南部英夫 19.3%
23 8月25日 水郷柳川殺人事件 安本莞二 16.9%
24 11月10日 吉備津鳴釜殺人事件 秦建日子 合月勇 20.8%
25 1999年3月23日 越中落人伝説殺人事件 安本莞二 野村孝 15.0%
26 8月31日 豊後一子相伝殺人事件 秦建日子 21.8%
27 2000年1月11日 奥州三代嫁姑殺人事件 19.3%
28 8月15日 長崎ビードロ殺人事件 いずみ玲 15.9%
29 2001年1月16日 郡上おどり殺人事件 19.8%
30 10月09日 エジプト・パピルス殺人事件 酒井直行 山田大樹 18.2%

パチンコ・パチスロ[編集]

  • CR火曜サスペンス劇場(2013年、タイヨーエレック
    • 小京都ミステリーシリーズから「安芸奥の細道殺人事件」「大和路くみひも殺人事件」「豊後一子相伝殺人事件」をモチーフに採用しているが、映像についてはパチンコ用に撮り直している[1]
    • 2016年には、同じ作品をモチーフにした「パチスロ火曜サスペンス劇場」が発売された。

図柄[編集]

図柄 文字色 役名 人物 大当たりのラウンド数
1 相楽リンダ 12・確変
2 木津川五利 12・単発
3 山本克也 船越英一郎 16・確変
4 与謝野清美 12・単発
5 山村紅葉 (本人役) 12・確変
6 12・単発
7 柏木尚子 片平なぎさ 16・確変
8 綾部秀雄 12・単発
9 12・確変
  • CR火曜サスペンス劇場 真相の扉〜22の過ち〜(2016年、タイヨーエレック)
    • パチンコ2作目の当機種では、「長崎ビードロ殺人事件」「郡上おどり殺人事件」「肥前蛍の里殺人事件」「津軽弘前殺人事件」がモチーフになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 火曜サスペンス劇場がパチンコに!片平なぎさ&船越英一郎が登場”. クランクイン! (2013年4月25日). 2016年4月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]