青山雪菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青山 雪菜(あおやま ゆきな、本名:出原優子(「出原」は旧姓)、1967年7月19日 - )は、大阪府大阪市出身の元女優宝塚歌劇団卒業生(元星組娘役スター)。

身長160cm。出身校大阪信愛女学院高等学校。愛称ゆきな

略歴[編集]

  • 1985年4月、宝塚音楽学校に入学。
  • 1987年宝塚歌劇団73期生として入団。雪組公演「宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら」で初舞台を踏む。同年星組に配属。同期生には、天海祐希(元月組トップスター)、絵麻緒ゆう(元雪組トップスター)、匠ひびき(元花組トップスター)、姿月あさと(元宙組トップスター)などがいる。
  • 1988年、『ミッドナイト・ロマンス』でバウホール初ヒロイン、『ディガ・ディガ・ドゥ』で新人公演初ヒロインを務める。
  • 1990年、『メイフラワー/宝塚レビュー'90』の宝塚大劇場公演において退団。[1]入団4年目での退団であった。退団挨拶の際、青山が入団5年目未満ゆえ(歌劇団の規定により)大階段を降りての挨拶ができないため、退団挨拶はセリに乗って舞台に登場した。これは在団中の歌劇団への貢献や、星組の好意により実現したとされる。
  • 退団後は廣済堂プロダクション(当時、現在の長良プロダクションの前身)と契約し舞台を中心に女優活動、昼ドラマ『華心中』にも出演していた。しかし青山自身の結婚を機に所属事務所とのタレント契約を更新せず芸能活動から遠ざかり現在は事実上の引退状態となっている。
  • 2010年1月30日放送の毎日放送テレビ「せやねん!」内「21にしたらええねん!」のコーナーに元タカラジェンヌ50名の一人として出演。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

星組時代[編集]

  • 1987年6月、『別離の肖像』 新人公演:アネッタ(本役:乙原愛
  • 1987年9月、『グリーン・スリーブス』(バウ)ペネロピー・タバナー
  • 1988年2月、『炎のボレロ』新人公演:モニカ(本役:毬藻えり)/『Too Hot!』
  • 1988年8月、『戦争と平和』新人公演:ソーニャ(本役:毬藻えり)
  • 1988年10月、『ミッドナイト・シティ・ロマンス』(バウ)ナンシー <バウホール公演初ヒロイン
  • 1989年2月、『戦争と平和』(中日)イリヤー・ロストフ伯爵
  • 1989年4月、『春の踊り[2]/ディガ・ディガ・ドゥ』新人公演:グネビア・ツィニー(本役:毬藻えり) <新人公演初ヒロイン
  • 1989年5月、『誓いの首飾り』(バウ)ジェンマ <バウホール公演ヒロイン
  • 1989年9月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』少女時代のアントワネット、新人公演:マリー・アントワネット(本役:毬藻えり) <新人公演ヒロイン
  • 1989年12月、『シチリアの風』(バウ) エリーサ・メンデス
  • 1990年5月、『メイフラワー』ジュリー・オーエンス、新人公演:マリー・オーエンス(本役:毬藻えり)/『宝塚レビュー 90』 <新人公演ヒロイン・退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 1993年

『赤毛のアン』ダイアナ
『女たちの十二夜』ヴァイオラ(小川範子とWキャスト)

  • 1994年

『スサノオ』クシナダヒメ

  • 1995年

『回転木馬』ベシー・パタン

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京公演は乙原愛が青山の役を務めている。
  2. ^ 東京公演では題名が『恋の花歌舞伎』に変更