乙原愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

乙原 愛(おとはら あい、8月19日 - )は、元宝塚歌劇団星組の娘役。

神奈川県藤沢市神奈川県立湘南高等学校出身。身長は160cm。愛称はのんの

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 1986年9月、『華麗なるファンタジア』新人公演:クネゴンド(本役:南風まい*新人公演初ヒロイン
  • 1987年1月、『紫子』新人公演:桂(本役:花愛望都)/『ジュビリー・タイム!
  • 1987年6月、『別離の肖像』新人公演:クレナ(本役:毬藻えり
  • 1988年2月、『炎のボレロ』新人公演:ミランダ(本役:洲悠花)/『Too Hot!
  • 1988年6月、『戦争と平和』新人公演:ナターシャ・ロストワ(本役:南風まい) *新人公演ヒロイン
  • 1988年10月、『ミッドナイト・シティ・ロマンス』(バウ)アイリーン
  • 1989年3月、『春の踊り』[1]/『ディガ・ディガ・ドゥ』キャロル・シンクレア
  • 1989年10月、『宝塚をどり賛歌』/『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク)
  • 1989年11月、『シャンテ・シャンテ・シャンテ』(バウ)
  • 1990年1月、『太陽に背を向けて』(バウ)好麗峰
  • 1990年3月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(東宝)新人公演:ソフィア
  • 1990年5月、『メイフラワー』新人公演:ジュリー・オーエンス(本役:青山雪菜)/『宝塚レビュー 90』
  • 1990年9月、『シティライト・メロディ』(バウ)アニタ
  • 1990年11月、『アポロンの迷宮』新人公演:イヴェット・ルノー(本役:洲悠花)/『ジーザス・ディアマンテ
  • 1991年1月、『パル・ジョーイ』(バウ)フランシーヌ
  • 1991年5月、『恋人たちの肖像』ヘレナ/『ナルシス・ノアール
  • 1992年5月、『白夜伝説』レッド・キャップ・ティナ/『ワンナイト・ミラージュ』
  • 1992年10月、『ハロー、ジョージ!』(バウ・東京特別)カロライン
  • 1993年1月、『宝寿頌』/『PARFUM DE PARIS

脚注[編集]

  1. ^ 1989年7月の東京宝塚劇場公演は、題名を『恋の花歌舞伎』に変更。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]