玉川良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たまがわ りょういち
玉川 良一
生年月日 (1924-10-15) 1924年10月15日
没年月日 (1992-10-14) 1992年10月14日(満67歳没)
出生地 群馬県前橋市
国籍 日本の旗
ジャンル 浪曲師俳優声優コメディアン

玉川 良一(たまがわ りょういち、本名:新井良雄、1924年10月15日 - 1992年10月14日)は、日本の俳優声優コメディアン浪曲師群馬県前橋市出身。

景山聖子の父・新井克昌(作家)は甥。

人物と芸風[編集]

7人兄弟の末っ子。幼少時に他家へ養子に出され、栃木県宇都宮市で育つ。1940年に17歳で単身上京し、関東節の任侠物で人気絶頂の二代目玉川勝太郎に入門、玉川良太郎の名で住み込み弟子になったが、便所で師匠の十八番『天保水滸伝』(正岡容作)の稽古をした事を内儀に咎められ、破門される。

1944年、20歳で応召。北支戦線を転戦中、余興で披露した浪曲を絶賛され、上官の計らいで演芸慰問部隊に転属される。同僚には山本薩夫映画監督)らが居た。1946年に復員し帰国、1951年から一座を率いてドサ回りの旅を東北地方などで10年続ける。

1955年に再上京。泉和助の世話で浅草に落ち着き、玉川良一に改名。浪曲声帯模写で浅草松竹演芸場日本劇場国際劇場で人気を博す一方、東けんじと漫才コンビ『Wコント』を結成し、千日前大阪劇場なんば花月等に出演。翌年には新宿フランス座で活躍していた三波伸介を大阪に呼び、コント『おとぼけガイズ』を旗揚げ。これが当って関西ローカルのテレビにも進出したが活動期間は1年弱ほどで、自然消滅に近い状態で1957年頃解散した。これは活動展開で意見が分かれ玉川のピン芸人としての仕事が増えたこと、東の酒癖の悪さと仕事上の怠慢から活動が不安定になったことへ三波が見切りをつけ東京の活動復帰で終結[1]した。[2]

その後は俳優の杉山俊夫と組んで、『キイハンター』のコメディ系のストーリーでは、セミレギュラーとして数多くのゲスト出演する一方、ピンのコメディーリリーフとして、演芸番組、バラエティ番組でも活躍。1974年放送の『元祖どっきりカメラ』(日本テレビ)では、玉川がぬいぐるみを着てターゲットを脅かすつもりが、猟師(実はこちらが仕掛け人)に銃口を向けられる逆どっきりに遭い、「俺だよ俺だよ、玉川だよ!」と叫んで命乞いをする光景が、番組を語る上で欠かせないものとなっている。他にも、同番組では幾度となくだまされており、故郷に玉川の銅像を建てたので除幕式に来て欲しいとのニセ依頼を真に受け、恭しく銅像の幕を引き下ろしたところ、そこには銅像はなく子門真人が土台から顔を出してきたため、あぜんとして数秒間動きが止まったこともあった。

作詞家、台本作家としても活動し、ピンク映画出演歴もある。1992年10月14日、急性心不全のため死去。67歳没。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

海外アニメ[編集]

人形劇[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

作詞[編集]

著書[編集]

  • 『ふりむけば、ひとの愛。』
  • 『玉良のぶっちゃけ放談』

弟子[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ その後短期間『Wコント』を復活させたとされる。
  2. ^ 「笑伝・三波伸介―びっくりしたなあ、もう 」西条昇
  3. ^ アンデルセン物語”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。