木谷恭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木谷 恭介
ペンネーム 木谷 恭介
誕生 西村 俊一
1927年11月1日
日本の旗 大阪府
死没 (2012-12-09) 2012年12月9日(85歳没)
日本の旗 静岡県掛川市
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 甲陽中学校(旧制)
活動期間 1977年 - 2012年
ジャンル 推理小説官能小説
代表作宮之原警部シリーズ
デビュー作 『俺が拾った吉野太夫』
テンプレートを表示

木谷 恭介(こたに きょうすけ、1927年11月1日 - 2012年12月9日)は、日本の推理作家。本名は西村 俊一(にしむら しゅんいち)[1]

人物[編集]

大阪府生まれ、兵庫県出身。旧制甲陽中学校(現・甲陽学院中学校・高等学校)卒。

劇団「新風俗」「三木トリロー文芸部」などを経て、ルポライター。また、ラジオ番組『小沢昭一の小沢昭一的こころ』の台本を執筆。そのかたわら、若者向け旅行ガイドを執筆。

1977年、『俺が拾った吉野太夫』で第1回小説クラブ新人賞受賞。以後作家生活に入り、トルコ風呂などを舞台とした官能小説、あるいはトルコガイドブックなどを執筆していたが、1983年の『赤い霧の殺人行』から、旅情ミステリーに専念。55歳での再出発だった。宮之原警部シリーズで読者を多く獲得した。

静岡県掛川市(旧・大須賀町)に居住。静岡県内を舞台にした作品も多く、『遠州姫街道殺人事件』や『新幹線《のぞみ47号》消失!』なども執筆。静岡新聞において『日曜版小説』も連載し、1990年11月から1991年1月まで静岡新聞夕刊にて『窓辺』も執筆した[2]

2012年12月9日、掛川市内の病院で心不全のため死去[3]。85歳没。

主な著作[編集]

  • 宮之原警部シリーズ
  • 『旅が三倍たのしくなる本 案外知られていない“ニッポンガイド"』双葉新書、196
  • 『若い人のための全国旅行50コース』新星出版社、1966
  • 『北海道 国民宿舎とユースホステルの旅』新星出版社、1967
  • 『四季の民宿と国民宿舎』新星出版社、1967
  • 『京都・奈良・南紀 国民宿舎とユースホステルの旅』新星出版社、1968
  • 『九州 国民宿舎とユースホステルの旅』新星出版社、1968
  • 『地獄大図鑑(編)』立風書房、1975 (ジャガーバックス)
  • 『孤独な指桃園書房、1979、のちフランス書院文庫
  • 『泡まみれの天使』桃園書房、1979
  • 『夜の深海魚』桃園書房、1979
  • 『シャボン軍団』桃源社、1980
  • 『墜ちて来た夜』桃園書房、1980
  • 『悦楽浴場』桃源社、1980
  • 『陶酔の奈落』グリーンアロー出版社、1980 (グリーンアローブックス)
  • 『密室には蜜の陥穽』グリーンアロー出版社、1980 (グリーンアロー・ブックス)
  • 『ファッツトルコ』池田書店、1981
  • 『トルコバイオレンステクニカ』池田書店、1981
  • 『心機一転小沢昭一的こころ』芸術生活社、1981
  • 『なめんなよ女ども!! おんなのパドック』たざわ書房、1982
  • 『天使たちとの夜』光風社出版、1982
  • 『赤い霧の殺人行』徳間書店、1983
  • 『密室』フランス書院文庫、1986
  • 『ヤッちゃん弁護士闇のお仕事ひきうけます ユーモア・ミステリー』トクマ・ノベルズ、1986 のち文庫 
  • 『おしゃれ捜査官 旅情ミステリー』1987, 桃園新書、『おしゃれ探偵』1990, 桃園文庫
  • 『孤独な指』1987, フランス書院文庫
  • 『「家康二人説」殺人事件』日本文芸社、1994, 日文ノベルス、のち文庫
  • 『新幹線《のぞみ47号》消失!』トクマ・ノベルズ、1999
  • 『死にたい老人』幻冬舎新書、2011
  • 『公衆トイレと人生は後ろを向いたらやり直し ソープの帝王・鈴木正雄伝』光文社、2012

脚注[編集]

  1. ^ 静岡新聞、2012年12月25日朝刊22頁
  2. ^ 静岡新聞、2012年12月25日朝刊22頁
  3. ^ [1]