車だん吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
車 だん吉
本名 白沢 力(しらさわ つとむ)
生年月日 (1943-12-06) 1943年12月6日(73歳)
出身地 日本の旗 日本東京都江東区
身長 177cm
方言 東京方言
最終学歴 立正大学経済学部
事務所 浅井企画
活動時期 1966年 - 現在
他の活動 俳優
公式サイト 浅井企画内ページ

車 だん吉(くるま だんきち、1943年12月6日 - )は、日本タレント漫画家。本名:白沢 力(しらさわ つとむ)。東京都、現在の江東区生まれ、千葉県佐倉市在住。浅井企画所属。立正大学経済学部卒業。身長177cm。 愛称は「だんちゃん」。

来歴・人物[編集]

車の芸能生活の出発点は当初芸人としてではなく、裏方(芸能プロダクションの事務員)としてであった。1966年3月、大学卒業後に左とん平に弟子入りしたところ、左に浅井企画を紹介され事務員として入社したが、萩本欽一が主宰していた劇団・東京新喜劇の劇団員だったいわたがん太(のちに岩がん太と改名)とコンビを組むことになり、芸人に転身した。コント55号の弟分として「コント0番地」を名乗っていた。当時の芸名はたんくだん吉。また、コント55号全盛時にがん太と共に萩本と「同棲」して彼の身の回り一切を支えていた。しかし、がん太が起業(当初魚屋、のちラーメン店へ転業)のため芸能界を引退することとなり、コンビを解消した。結局タレントではなかっただん吉が芸能界に、しかも芸能人として残る結果となった。

1976年から1994年まで放送された中京テレビのバラエティ番組『お笑いマンガ道場』で全国的に有名となり、プロ顔負けの漫画を披露し、人気を博した。マンガ道場での共演者であった漫画家 鈴木義司富永一朗の推薦を受け、漫画家活動も行っており、漫画雑誌「わんぱっくコミック」や欽ちゃんの4コマ漫画おまけ付きい!(週刊漫画サンデー)などに漫画を掲載したこともある。

老女に扮する芸を持ち、九州を中心に活動したばってん荒川吉本新喜劇桑原和男と並ぶ「お婆さんキャラ」を持つ。また、役者としても数多くのドラマ、映画に出演している。

日本テレビぶらり途中下車の旅』では約2か月おきに出演し、「ミスターぶらり旅」の異名を取る。

また声優として、『ピタゴラスイッチ』の百科おじさんの声を担当している[1]

エピソード[編集]

  • 上述のとおり デビュー時の芸名は「たんくだん吉」であり、名付け親は浅香光代である。由来は漫画『タンクタンクロー』と『冒険ダン吉』から。
  • 改名の経緯は、同じ事務所の坂上二郎三船敏郎主演のテレビ時代劇『荒野の素浪人』に出演する際に、抱き合わせ出演を依頼したが「たんく」という芸名に難色を示されたことによる。このために浅香と相談して「たんく」→「戦車」→「車」と改名した[2]
  • ナイナイナ』の企画「クイズナイナイナ」で「『車』だん吉はファーストフードのドライブスルーで注文ができるか?」という実験をやらされたが、店員から「他の車(自動車)が来たら危ないので店内で注文してください」と断られた。その後岡村隆史からの「車は走るものだから走りながらドライブスルーに入れば注文できるのではないか?」との提案で試してみるも、やはり店員から店内で注文してくれと断られた。
  • 現在放送中の『ザ!鉄腕!DASH!!』内での軽ワゴンのソーラーカーで日本を一周する企画「ソーラーカー一筆書き日本一周」では、ソーラーカーの名前が「車だん吉」をもじってつけられた「だん吉」だった。
  • 京成電鉄2009年2月から3月までの間、3700形車両を使用して「車だん吉号」が運転されていた。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 初代の名古屋章から数えて三代目
  2. ^ コサキンDEワァオ! 2001年7月4日 TBSラジオ

外部リンク[編集]