聖女房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖女房(せいにょうぼう)は、1979年日本テレビ系列で放送されたテレビドラマである。よみうりテレビ制作。

内容[編集]

野球場ウグイス嬢だった女性が、子持ちのカメラマンの後妻に入り、夫婦の愛、義母と子、父と子といった問題をテーマに、明るく、時にはコミカルなストーリーが展開される。

テーマ[編集]

こんな進んだ世の中でも、まだまだ結婚は女性にとっては大きな夢だが、夢が実現したときには、現実の厳しさ、夫への幻滅、結婚は本来愛の喜びの昇華であるべきだが、逆の場合が多い。昔よりも値打ちの下がった現代の男性の妻となり、苛酷な世の中の流れに押し流されながらも、夫婦を全うするためには、やさしくて、強くて、無邪気で、利発で、人を傷つけず、自分も傷つかない、まるで聖女のような女性でなければ、厳しいものがある。果たして、そんな崇高な聖女になれるのか。

放送時間[編集]

毎週木曜日 22:00~22:54

放送期間[編集]

1979年10月11日12月27日

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

青春は最後のおとぎ話』(作詞:山川啓介、作曲:大塚博堂、編曲:クニ河内 歌:大塚博堂)

サブタイトル[編集]

  1. ジャイアンツよりもっと好き
  2. マリア様って本当に処女?
  3. そんなに愛して大丈夫?
  4. いっしょになった一緒に住もう
  5. わたしの気持も火事のいろ
  6. やっぱり男ネ!ツヨそうね
  7. キツーイ1発!見舞っちゃう
  8. 悪妻宣言しちゃうから!
  9. 迷い子のウグイスお宿はどこだ
  10. 今夜こそ!二人の愛の証をネ
  11. 恋の手ほどきしてあげる
  12. お腹が動いた赤ちゃんできた?


よみうりテレビ 木曜22時台
前番組 番組名 次番組
聖女房