男なら!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
男なら!
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日20:00〜20:55(55分)
放送期間 1979年4月10日〜1979年9月25日(25回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS木下プロダクション
演出 桜井秀雄阿部祐三楠田泰之
脚本 窪田篤人
プロデューサー 飯島敏宏
出演者 北大路欣也酒井和歌子高橋洋子水島道太郎中田喜子坂上味和 ほか
オープニング 吉田拓郎流星
テンプレートを表示

男なら!』(おとこなら)は、1979年4月10日から1979年9月25日まで、TBS系列にて放映されたテレビドラマ

放送時間は毎週火曜日20:00~20:55。全25話。

概要・内容[編集]

東京浅草にある自動車修理工場「中山モータース」が舞台の中心。「けんか安兵衛」の異名をとる中山健一は、5年前にチンピラと派手に喧嘩をしたのが元で祖父・吾平に勘当を言い渡され、その後は青森県八戸の自動車修理工場に勤めていた。しかし中山モータースの経営状況は悪くなっていき、これを心配した妹・こずえは「祖父キトク」のニセの電報を出して健一を呼び戻すことにし、健一は5年ぶりに帰って来た。翌日から、健一は中山モータースを切り盛りしながら、吾平と再び張り合うようになる。隣の美容院、近くの牛丼屋「猫田屋」、工場の裏のアパートに引っ越して来たこずえの担任の数学教師・紀子、健一を追って八戸からやって来た千代も絡み、下町の人情喜劇[1]が描かれた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:飯島敏宏
  • 脚本:窪田篤人(全話担当)
  • 演出:桜井秀雄阿部祐三楠田泰之
  • 制作担当:阿部祐三、大谷弘
  • 技術:関巧
  • カメラ:太田英夫、細野克雄、志村泰史、増井初明
  • カラー調整:林泰雄
  • 照明:倉本輝彦、山本守、川久保光雄、竹内留吉、須田清、肥沼敏明
  • 音声:中島実、宮沢和夫
  • VTR:荒井悦治
  • 美術デザイン:石田道昭
  • 美術制作:丸山俊史
  • メイク:猪熊あゆみ、丸山良
  • 衣裳:東京衣裳、目代博昭
  • 大道具:熊野憲治、渡辺恵司
  • 美術デザイン:石田道昭
  • 美術制作:丸山俊史
  • 美術:東京美工京阪商会、植木装飾、前山建具、古磨電設、伊佐梅
  • 制作:木下プロダクション、TBS

主題歌[編集]

流星』- 歌:吉田拓郎 (作詞・作曲:吉田拓郎 編曲:鈴木茂

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
1 1979年4月10日 帰ってきたあいつ 桜井秀雄
2 4月17日 花ざかり喧嘩ざかり
3 4月24日 独りの春はさびしくて 阿部祐三
4 5月1日 わがこころの町は 桜井秀雄
5 5月8日 絶対に言えない! 阿部祐三
6 5月15日 祭りばやしはドラ猫ロック 桜井秀雄
7 5月22日 紀子先生! 眠れません
8 5月29日 泣くな兄ちゃん明日がある 楠田泰之
9 6月5日 まさか! あいつに・・・
10 6月12日 北の海からコンニチハ 桜井秀雄
11 6月19日 健さんにゾッコン
12 6月26日 遂に・・・ああ! 楠田泰之
13 7月3日 兄ちゃんのお嫁さんは
14 7月10日 やさしい野蛮人 桜井秀雄
15 7月17日 かわいい妹に
16 7月24日 あんた男でしょ! 楠田泰之
17 7月31日 ドジねぇ! あなたって
18 8月7日 紀子先生を下さい 桜井秀雄
19 8月14日 すばらしき休日
20 8月21日 男心の裏の裏 楠田泰之
21 8月28日 紀子先生が大変だ 桜井秀雄
22 9月4日 常さんガンバレ! 楠田泰之
23 9月11日 そのひとことが言えないの 桜井秀雄
24 9月18日 婚約解消だッ!
25 9月25日 僕の欲しかったものは・・・

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1979年4月10日 毎日新聞テレビ欄の本番組紹介記事より。
TBS 火曜20時台(1979年4月 - 1979年9月)
前番組 番組名 次番組
男なら!