はらぺこ同志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はらぺこ同志
ジャンル テレビドラマ
脚本 松木ひろしほか
演出 松木ひろしほか
出演者 北大路欣也
桜田淳子
梶芽衣子ほか
製作
制作 TBSテレビ、オフィスヘンミ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1982年7月6日 - 同年9月21日
放送時間 火曜 20:00 - 20:55
放送枠 TBS火曜8時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 全11回、再放送時12
テンプレートを表示

はらぺこ同志』(はらぺこどうし)は、TBS系列で1982年7月6日から9月21日に放送されたTBSのテレビドラマ。全12回制作。

あらすじ[編集]

父の遺言で家業の洋菓子店を継ぐべく、4年間のフランスでの菓子職人の修行を無事終えた昌平だったが、帰国してみると実家の店はなんと倒産寸前の大ピンチ。驚いた昌平は親戚の勘介やその娘の邦子から、原因が浪費家の母・福代とその内縁の夫・犬飼であることを聞き、早速建て直しにかかる。そんな矢先、今度は亡くなった母親が犬飼に貸した借金を取り立てに、石渡まゆが栃木から上京、店に押しかけて来て、またしてもひと騒動となる。果たしてこんな状態で店は再建できるのか…。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

  • 伊達昌平/北大路欣也
    横浜元町にある洋菓子店「マ・メール」の跡継ぎ。元々は辛党で家業を嫌い、家を飛び出して建設会社に入ったことで勘当されていたが、父親の死とその遺言を契機にケーキ作りの修行にフランスへ。帰国後、経営不振に陥った実家に戻り再建に悪戦苦闘する。居合抜きが趣味。
  • 石渡まゆ/桜田淳子
    栃木から上京し、借金を取り立てに「マ・メール」に押しかけ、監視すべく西山家に下宿しながら、昌平が戻った同じ日から店で働き始める。鼻っ柱が強く、昌平とも衝突が絶えないが、根は優しく働き者で、次第に周りとも打ち解け、店にも欠かせない存在になっていく。
    役の設定では1961年4月14日生まれの21歳。
  • 伊達福代/藤間紫
    昌平の母親。昌平のいない間に店を切り盛りしていたが、浪費家が災いし、材料費や改装費の流用などで店の経営を窮地に追い込む。
  • 犬飼成之/上原謙
    福代の内縁の夫で「マ・メール」の2階に転がり込んでいる。自称、元華族の家柄。映画監督をしていた頃、まゆの母親との間に秘密の過去を持っている。62歳。
  • 西山邦子/梶芽衣子
    勘介の娘。いとこでありながら、幼なじみの昌平に密かに想いを寄せている。宝石のデザインをしながらスナック「キャビン」の雇われママに。

西山家[編集]

  • 西山勘介 :名古屋章
    昌平の叔父で家具職人。口やかましいが好人物。大の甘党。
  • 西山澄子 :石井トミコ
    勘介の妻。気さくで面倒見がいい下町のお母さん。
  • 西山夏子 :高橋晶子
    邦子の妹で女子短大生。19歳。
  • 脇坂光治 :伊藤克信
    勘介の弟子。弟子入りして2年半

マ・メール洋菓子店[編集]

  • 若林安男 :左とん平
    「マ・メール」の職人。唯一修行に出る前の昌平を知る古株。
  • 若林悦子 :一ノ瀬康子
    若林の妻。「マ・メール」の前身「伊達屋」の時代に店で働いていた。
  • 飯島六郎 :山本紀彦
    「マ・メール」の職人。独身で犬飼との同居を避けた昌平と同居することになる、役上の年齢28歳。
  • 細井洋三 :樋浦勉
    「マ・メール」の職人。チーフ格で昌平のフランス仕込みの手法に反発し、しばしば対立する。
  • 細井広子 :望月真理子
    細井の妻。家を出ていたが3年ぶりに出身地の横浜に戻り、細井と再会する。
  • 細井里美 :山下陽子
    細井の娘。母親の愛情に飢え、引き籠りがちであったが、まゆに優しくされ心を開いていく。
  • 相原かおり :水島かおり
    「マ・メール」の店員。
  • 津村めぐみ :高橋めぐみ
    「マ・メール」の店員。
  • 須永やよい :西端やよい
    「マ・メール」の店員。
  • 小杉昇 :堀川重人
    「マ・メール」の店員。後にスナック「キャビン」のバーテンに。

元町関連[編集]

  • 小島蝶子 :春川ますみ
    元町で小島宝石店・スナック「キャビン」を営む女性実業家で未婚の母。アメリカ人船員との間にバーバラを儲ける。
  • バーバラ小島 :マリアン
    蝶子の娘でハーフ。スナック「キャビン」で働く
  • エリ :佐藤恵利
    蝶子が経営する宝石店の店員。
  • 早苗 :降矢由美子
    スナック「キャビン」のスタッフ。
  • 雄太郎 :大石吾朗
    呉服屋「三松」の息子。
  • 雄太郎の父 :高原駿雄

その他[編集]

  • 森川勇司 :森田健作
    まゆの母方のいとこで幼なじみ。栃木で養鶏場を営んでいる。
  • 島崎秀子 :山口いづみ
    犬飼と本妻との間に生まれた娘。
  • 島崎道郎 :頭師孝雄
    秀子の夫でサラリーマン。
  • 石渡和枝 :小林哲子
    まゆの母親で最近死去。元映画女優で、犬飼が監督した映画に出演した際に愛し合い、わずかな期間同居していた。
  • 昌平の父 :細川俊夫
  • ミシェル :ジャンルイ・バージュ
    昌平のパリ時代の下宿仲間で宝石デザイナー。
  • 第8回に大地康雄が大地常雄名義でチンピラ役で出演している。

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

  • 原案:松木ひろし
  • 脚本:松木ひろし、鶴島光重、田口耕三
  • 音楽:大野雄二
  • タイトル画:吉川勉
  • カメラ:志村泰史、山本博俊、今道進、佐藤雄彦
  • VE(ビデオエンジニア):岩下保典
  • VTR:神毅
  • 照明:倉本輝彦
  • 音声:大木秀人
  • 効果:山本登見夫
  • 美術制作:石本富雄
  • デザイン:椎葉禎介
  • 装置:山田美男、能井章雄
  • 装飾:石野隆一、小宮孝司
  • 持道具:荒木邦世
  • 衣装:岸靖彦
  • タイムキーパー:岩野りみ子
  • メイク:ユミ・ビュアクス
  • 協力:六本木・パンドラ、協同組合元町SS会、富士厨房、キャラバン、三松
  • 制作協力:東通
  • 技術:高橋紀男
  • プロデューサー:逸見稔(オフィス・ヘンミ)
  • 演出:松木ひろし、松下紳
  • 製作:オフィス・ヘンミ、TBS(TBSテレビ)

その他[編集]

  • 主人公はあらすじから判断すると伊達昌平のようであるが、実際には石渡まゆを中心に物語が展開する。当時のホームドラマではままあることである。
  • 第1話では、昌平と邦子は父親が従兄弟同士の又従兄妹と紹介されているが、その後の話で従兄妹であるとされており、設定に不整合が生じている。
  • 1982年7月27日にプロ野球オールスター第3戦大阪球場毎日放送制作)の中継のため第4回の放映がキャンセルとなり、次週に本来の第5回と統合され第4回として放映された。結果的に本放送時は全11回で終了した。再放送時には本来のクレジットに戻され全12回で放映されている。
  • 再放送:1983年6月28日 - 7月13日(TBSテレビ:平日午前10時より)、1986年6月3日 - 19日(SBS静岡放送:平日午前10時より)

関連商品[編集]

DVD[編集]

  • 昭和の名作ライブラリー 第14集 はらぺこ同志 DVD BOXデジタルリマスター版
    TCエンタテインメントより2013年4月26日発売。全3枚組ボックスセット、価格23,100円。リージョン2。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 玉ねぎむいたら… - 前年の1981年にTBS系列で放送されたテレビドラマ。同じく松木ひろしの原案・脚本、桜田淳子の主演による。当初は『はらぺこ同』(1字違い)のタイトルで放送予定だった。
TBS系列 火曜20時台の連続ドラマ(1982年7月 - 1982年9月)
前番組 番組名 次番組
はらぺこ同志
TBS系列 火曜20:54 - 20:55枠(1982年7月 - 1982年9月)
さよなら三角またきて四角
はらぺこ同志
JNNフラッシュニュース
※20:54 - 21:00
【1分拡大して継続】