小林哲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 哲子(こばやし てつこ、1941年3月12日 - 1994年12月9日) は、女優

東京都出身。劇団俳優座に在籍。舞台、映画、テレビにと活躍したが、中でも『海底軍艦』で演じたムウ帝国皇帝のふてぶてしさと紙一重の威厳ある不思議な美しさは、その存在を永遠のものとした。

1967年(昭和42年)を境に一度芸能界から引退。

1982年(昭和57年)ごろから舞台活動に復帰、映画・テレビにも復帰する。

1994年(平成6年)12月9日、肺癌のため死去。享年53。

来歴・人物[編集]

幼い頃から日本舞踊を習っていた(1973年には藤間流の名取となる)。学習院女子中・高等科では演劇部に所属した。高校卒業後は劇団俳優座養成所(11期生)を経て、俳優座に入った。

養成所時代にTBSドラマ『青年の樹』でデビュー。劇団入団後には東映の時代劇『源九郎義経』に出演した。

東宝の映画『恐怖の時間』の撮影中に、現場を訪れた本多猪四郎に見初められ、特撮映画『海底軍艦』のムウ皇帝役に抜擢された。本多は「小林の存在が作品成功の要因のひとつだった」と語っている。

しかし体調不良のため1967年に俳優を一時引退することになる。引退直前の作品は、NHKドラマ『三姉妹』、TBSドラマ『真田幸村』、舞台『アンナ・カレーニナ』であった。

引退後、結婚、出産を経るが、この間も俳優座のマネージャーはいつでも復帰できるようにしていたという。

約15年のブランクの後、1982年、TBSドラマ『ちょっと神様』で復帰を果たした。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

第36話「醜聞」(1965年)
第49話「子羊の肉」(1966年)
第50話「逃亡と裏切り」(1966年)
第63話「女ひとり」(1966年)

その他の番組[編集]

参考文献[編集]

  • 特撮雑誌「宇宙船」1982年冬号 - 小林哲子インタビュー
  • 特撮雑誌「宇宙船」1984年10月号 - 本多猪四郎インタビュー