ニューヨーク恋物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニューヨーク恋物語 LOVE STORY IN NEW YORK』(ニューヨークこいものがたり)は、1988年10月13日 - 12月22日フジテレビ系列の『木曜劇場』枠で放送されたテレビドラマ田村正和主演。鎌田敏夫脚本。

1990年10月18日 - 12月20日に『男と女 ニューヨーク恋物語II』、2004年3月30日にはスペシャルドラマとして『新ニューヨーク恋物語』が放送された。

ニューヨーク恋物語(1988年)[編集]

本作より『木曜劇場』は、松下電器・松下電工(現:パナソニック)提供から複数社提供になったため、それまで使われた『ナショナル』の冠は外された。

様々な事情を抱え[1]ニューヨークにやってきた8人の男女達の儚い姿が描かれた[2]。全編ニューヨークロケで撮影された。サブタイトルにはニューヨークの地名などが付けられている。最終回で田村が岸本加世子の髪を洗うシーンは当時話題となった[3]1989年、第26回ギャラクシー賞・優秀賞を受賞[4]した。現在に至るまで、CSでの再放送が度々あるが、DVD等の媒体によるソフト化はされていない。

エリートサラリーマンの田島雅之(田村正和)は上司の妻である瀬尾リツ子(夏桂子)と恋仲になってしまったことからエリート街道から外れた。会社を辞めた田島は、一旗上げるべくニューヨークにやってきた、しかし成功は容易ではなく、バーを経営しながら裏社会で生きているが、ある日町で偶然、瀬尾リツ子の娘であることを知らないまま瀬尾さやか(五十嵐いづみ)と知り合う。一方、婚約を破棄された茅野明子(岸本加世子)は日本から逃げる様に従姉の相川里美(桜田淳子)を訪ねニューヨークにやってくるが、そのことでより複雑な人間関係が生じてゆく[1][5]

キャスト[編集]

  • 八代(田島のかつての同僚):峰岸徹(第4話・第6話)

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1988年10月13日 ブルックリン橋 16.3%
第2話 1988年10月20日 ウォール街 19.8%
第3話 1988年10月27日 グランド・セントラル駅 15.0%
第4話 1988年11月3日 コロンバス通り 14.9%
第5話 1988年11月10日 独立記念日の夜 17.8%
第6話 1988年11月17日 ケネディ空港 17.8%
第7話 1988年11月24日 セントラル・パーク 19.1%
第8話 1988年12月1日 シープスヘッド・ベイ 16.7%
第9話 1988年12月8日 スタットン・アイランド 16.6%
第10話 1988年12月15日 自由の女神 16.8%
第11話 1988年12月22日 マンハッタン 17.9%
平均視聴率 17.2%

エピソード[編集]

第8話の放送日には、直前の番組である『とんねるずのみなさんのおかげです』で同名のコント(正式にはニューヨーク恋物語・予告編)が放送され、石橋貴明が田村、木梨憲武が桜田の役で登場、岸本加代子が本作と同じ茅野明子役で出演した。その後、このパロディは「それいけマサカズ!」として独立したコントコーナー[6]となり人気を博した。

男と女 ニューヨーク恋物語II(1990年)[編集]

1988年版とは異なりコメディタッチのストーリーで、舞台がニューヨークであるということ以外、関連性はない。「ほんの少しのもうひとつの人生」がテーマ。前作よりも視聴率が伸び悩んだ。全10回。田村はこのドラマについて「半分はコメディー、半分はシリアスな作品である」と話していた[7]。ニューヨークで活躍している敏腕弁護士、戸上英輔(田村正和)は日本に妻子がありながら、杉山朋子(篠ひろ子)や様々な女たちと逢瀬を重ねているが、そんな彼のもとに突然日本から妻と3人の子供たちがやってくる[7]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 作:鎌田敏夫
  • 演出:藤田明二、光野道夫
  • 音楽:高橋千佳子
  • 主題歌:EVE「Joseph! Joseph!」(CBS・ソニー
  • 技術協力:バスク、渋谷ビデオスタジオ
  • 協力:日本航空、アメリカ合衆国商務省観光局
  • ロケコーディネート:フジサンケイ・コミュニケーションズ・インターナショナル、ALTERNATE CURRENT, INC.
  • プロデュース:松下千秋、関本広文
  • チーフプロデューサー:中山和記

新ニューヨーク恋物語(2004年)[編集]

1988年版の15年後を描いた正式な続編で[8]、田村自身も長年希望し実現した続編製作であった[8]。裏社会から足を洗えずにいる[8]田島雅之はワイナリーを営みながら孤独な余生を過ごしていたが、、、[9]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:鎌田敏夫
  • 脚本:大石静
  • 演出:藤田明二(共同テレビ
  • 主題歌:井上陽水「リバーサイドホテル」(フォーライフ・レコード)
  • ロケコーディネート:ZaZou Productions, Inc.
  • 企画:石原隆(フジテレビ)
  • 制作統括:大多亮(フジテレビ)
  • プロデュース:関口静夫(共同テレビ)、矢吹東(フジテレビ)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d TV ガイド 1988年11月5日-11月11日号 p.30-31
  2. ^ ニューヨーク恋物語”. フジテレビ. 2021年7月8日閲覧。
  3. ^ “「ニューヨーク恋物語」で共演の岸本加世子「もう1度抱きついて甘えたい」”. NIkkansports. (2021年5月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105180001322.html 2021年7月8日閲覧。 
  4. ^ 第26回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  5. ^ a b c d e TV ガイド 1988年11月5日-11月11日号 p.31-32
  6. ^ 田村正和さんを偲ぶ~ライター対談①『ニューヨーク恋物語』『古畑任三郎』編”. フジテレビ (2021年5月24日). 2021年7月8日閲覧。
  7. ^ a b 週刊明星 1990年8月23日/30日 no.35.36 ビッグサマー合併号 10-11ページ ニューヨークの正和さまが帰ってきた!
  8. ^ a b c 田村正和インタビュー”. フジテレビ. 2021年7月8日閲覧。
  9. ^ 新ニューヨーク恋物語”. フジテレビ. 2021年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜劇場(本作より)
前番組 番組名 次番組
抱きしめたい!
【ここまでナショナル木曜劇場】
ニューヨーク恋物語
ニューヨーク恋物語II 男と女