推しの王子様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
推しの王子様
ジャンル テレビドラマ
企画 狩野雄太
江花松樹
脚本 阿相クミコ
伊達さん大人のカフェ
演出 木村真人
河野圭太
倉木義典
出演者 比嘉愛未
渡邊圭祐
白石聖
徳永えり
瀬戸利樹
佐野ひなこ
谷恭輔
藤原大祐
ディーン・フジオカ
船越英一郎
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデュース 貸川聡子
制作 フジテレビジョン
製作 共同テレビジョン
放送
放送チャンネルフジテレビ系列
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年7月 - (予定)
放送時間木曜 22:00 - 22:54
放送枠木曜劇場
放送分54分
公式サイト
テンプレートを表示

推しの王子様』(おしのおうじさま)は、フジテレビジョン制作・フジテレビ系木曜劇場」枠で2021年7月から放送予定のテレビドラマ。主演は本作が同局系連続ドラマ初主演となる比嘉愛未[1]

同年1月期に同枠で放送された『知ってるワイフ』の制作陣が再集結して制作される[2]

当初、主演には深田恭子が予定されていたが、適応障害と診断されたことから療養のために降板となり[3]、比嘉が代役として主演に抜擢された[1]

ストーリー[編集]

ゲーム制作のベンチャー企業「ペガサス・インク」の社長・日高泉美は全てを自分の理想通りに作り上げたケント様というキャラクターと恋に落ちる乙女ゲームラブ・マイ・ペガサス」が異例の大ヒットを記録し、一躍、新進気鋭の経営者として注目される。ある日、容姿がケント様にソックリな五十嵐航が空から舞い降りてきて、彼を抱きしめるという衝撃的な出会いを果たし、無気力、無作法、無教養の航を「ペガサス・インク」で雇い、さながら乙女ゲームのように仕事はもちろん、言葉遣いからマナーに知識、更には生きがいや恋の仕方まで教えることに奮闘する。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

日高泉美(ひだか いずみ)〈36〉
演 - 比嘉愛未[1]
本作の主人公。ゲーム制作のベンチャー企業「ペガサス・インク」の社長[1][4]。前職は保険会社の社員[5]
ある日、容姿が自社が手掛けた乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」のキャラクター・ケント様にソックリな航と出会い、「私があなたを理想の男性に育てる!」と、彼を会社に雇い、乙女ゲームさながら彼を理想の男性に育てるため奮闘する。
五十嵐航(いがらし わたる)〈23〉
演 - 渡邊圭祐[1]
空から舞い降りてきた乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」のキャラクター・ケント様に容姿がソックリな青年[1]
容姿は王子様だが、無作法で無教養で無気力で、これまで人を好きになったことも無い残念すぎるイケメンだったことから泉美に「ペガサス・インク」に雇われ、乙女ゲームさながら彼女から育成されることになる[1]

「ペガサス・インク」[編集]

乙女ゲームにハマった泉美が光井に誘われ、4年前に起業したゲーム制作のベンチャー企業。

光井倫久(みつい ともひさ)
演 - ディーン・フジオカ[6]
副社長。敏腕ゲームディレクター。ゲーム開発のモニターとして泉美から意見をもらい彼女の能力を評価し、「ペガサス・インク」の起業に誘った人物。
古河杏奈(ふるかわ あんな)
演 -白石聖[7]
インターンとして「ペガサス・インク」で働く大学生。航とは高校時代の同級生で、ひそかに好意を寄せている[8]
渡辺芽衣(わたなべ めい)
演 - 徳永えり[7]
デザイナー。2.5次元俳優が“推し”[8]
有栖川遼(ありすがわ りょう)
演 - 瀬戸利樹[7]
プランナー。歴史好きで休日の城巡りが趣味[8]
小原マリ(おばら マリ)
演 - 佐野ひなこ[7]
デザイナー。女性アイドルグループの「26時のマスカレイド」にハマっている。「ペガサス・インク」唯一の既婚者[8]
織野洋一郎(おりの よういちろう)
演 - 谷恭輔[7]
エンジニア。編み物好き男子[8]

その他[編集]

水嶋十蔵(みずしま じゅうぞう)
演 - 船越英一郎[9]
大手アウトドア・メーカー「ランタン・ホールディングス」社長。経営の多角化を進める中、エンターテインメント分野へ参入を決定していたことから、泉美から次回作の乙女ゲームへの出資を持ち掛けられている[9]
藤井蓮(ふじい れん)
演 - 藤原大祐[7]
「ペガサス・インク」近隣の中華料理店アルバイト[7]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 7月(予定) 阿相クミコ 木村真人
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 比嘉愛未、深田恭子の代役でフジ連ドラ初主演「最後まで全力」 渡邊圭祐との“逆マイ・フェア・レディ”描く”. ORICON NEWS (2021年5月29日). 2021年5月29日閲覧。
  2. ^ a b c 比嘉愛未&渡邊圭祐「推しの王子様」で共演!「知ってるワイフ」スタッフが再集結”. CinemaCafé.net. 株式会社イード (2021年5月29日). 2021年5月29日閲覧。
  3. ^ 深田恭子が活動休止を発表…適応障害で 7月期フジテレビ連ドラは降板”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年5月26日). 2021年5月29日閲覧。
  4. ^ 比嘉愛未が決意表明「もうやるっきゃない!の覚悟です!!」深田恭子代役”. 日刊スポーツ (2021年5月29日). 2021年5月29日閲覧。
  5. ^ a b c 7月の木曜劇場は比嘉愛未&渡邊圭祐!理想の男性に育てる胸キュンストーリー『推しの王子様』に決定”. フジテレビュー!! (2021年5月29日). 2021年5月29日閲覧。
  6. ^ ディーン・フジオカ『ダメ恋』以来5年ぶりラブストーリードラマ出演 今回はドM?「愛されるキャラクターに」”. ORICON NEWS (2021年6月4日). 2021年6月4日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 『推しの王子様』追加キャスト発表 白石聖「乙女ゲーム題材の作品がついにきた!」”. ORICON NEWS (2021年6月9日). 2021年6月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e 比嘉愛未主演ドラマ『推しの王子様』に白石聖、徳永えり、瀬戸利樹、佐野ひなこら出演”. Real Sound|リアルサウンド 映画部 (2021年6月9日). 2021年6月9日閲覧。
  9. ^ a b 船越英一郎『推しの王子様』出演 15年ぶりラブストーリー題材の連ドラ「恋愛は若い俳優さんたちに」”. ORICON NEWS. 2021年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
レンアイ漫画家
(2021年4月8日 - )
推しの王子様
(2021年7月[予定] - )
未定