女は男をどう変える

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女は男をどう変える
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1986年1月9日〜1986年3月27日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 牛窪正弘、諏佐正明、阿部久
脚本 布勢博一
プロデューサー 澤井謙爾
出演者 田村正和
鳥居かほり
かとうかずこ
中条静夫
白川由美
角野卓造
高瀬春奈
山口美也子
岡本麗
せんだみつお
鈴木光枝
ほか
オープニング 安全地帯『ガラスのささやき』
テンプレートを表示

女は男をどう変える』(おんなはおとこをどうかえる)は、1986年1月9日から同年3月27日まで、フジテレビ系列の「ナショナル木曜劇場」(当時。毎週木曜日22:00 - 22:54)の枠で放送されたテレビドラマ。全12話。

概要[編集]

三上和之は菓子メーカー「カナリヤ製菓」の2代目社長で、前社長で会長の松代の娘婿。しかし妻は6年前に亡くなり、松代と息子の卓也と3人暮らし。和之は松代に頭が上がらないが、専務の井原ら会社の幹部たちもみんな恐妻家揃い。一方で和之は女優の七浦ユキという愛人も居り、気ままに暮らしているようにも見えた。しかし会社の業績が伸び悩んでいることから、会社は総合食品メーカーへの転向を検討し始めるが、そのためには30億円ほどの資金が必要だということから、銀行から多額の融資を受けようとし、和之は東和銀行の頭取の娘・浮田加代子に目を付け、結婚を画策しようと、偶然を装い近付こうとする。和之はエアロビクススタジオに居る加代子を訪ねたが、そこでインストラクターのまり江に知り合い一目惚れ。いつしかまり江に惹かれていくようになる[1][2]

40代の男が自分の娘のような年齢の18歳の女性に恋をしてしまったら。そんな恋模様を中心に展開していたライトコメディー。当時、まり江役の鳥居かほりのレオタード姿は注目を集めたという[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:澤井謙爾
  • 脚本:布勢博一 (全話担当)
  • 演出:牛窪正弘、諏佐正明、阿部久
  • 制作:倉元敏弘
  • 制作進行:佐野仁
  • プロデューサー補:川島永次
  • 演出助手:沖田新司
  • 演出補:笹本泉、日名子雅彦
  • スチール:得本公一
  • 記録:田辺直子、杉谷小百合
  • 音響効果:小堀叡智
  • 整音:植松厳
  • 撮影:増井初明
  • 技術:小菅武
  • 照明:宮晃
  • 映像:笹島享
  • 音声:八木明広
  • 編集:正木俊行
  • 美術:小澤秀高
  • 美術進行:林潤一
  • 装置:大西憲一、大場繁
  • 装飾:松宮廣之
  • 持道具:遠藤雄一郎
  • 衣裳:宮野千代子
  • メイク:西脇和子
  • かつら:大橋京子
  • タイトル:金田全央
  • 協力:東映大泉スタジオIMAGICA
  • ロケ協力:東武レマンフィットネススタジオ、東武フィットネススタジオ、ホテルメトロポリタン、STUDIO MAFA
  • 制作著作:フジテレビ
主題歌
エンディング曲

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
1 1986年1月9日 (サブタイトル無し) 牛窪正弘
2 1986年1月16日 (〃)
3 1986年1月23日 (〃) 諏佐正明
4 1986年1月30日 (〃)
5 1986年2月6日 (〃) 牛窪正弘
6 1986年2月13日 飾りじゃないのヨ唇は
7 1986年2月20日 なんてったって愛盗ル
8 1986年2月27日 ふたりを引き裂く秘密
9 1986年3月6日 天使は窓から忍び込む 阿部久
10 1986年3月13日 社長! 娘に手を出すな
11 1986年3月20日 うしろ指さされ君 牛窪正弘
12 1986年3月27日 神様ヘルプ! 結婚

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)1985年「間違いだらけの夫選び」の項目
  2. ^ 朝日新聞読売新聞 それぞれ1986年1月9日付テレビ欄の本作紹介記事 より
フジテレビ ナショナル木曜劇場
前番組 番組名 次番組
女は男をどう変える