もう誰も愛さない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もう誰も愛さない
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1991年4月11日 - 6月27日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 宅間秋史
清水賢治
演出 楠田泰之
赤羽博
中島悟
脚本 吉本昌弘
中山乃莉子
林誠人
プロデューサー 阿部祐三
和田豊彦
出演者 吉田栄作
山口智子
田中美奈子
辰巳琢郎
かとうれいこ
伊藤かずえ
仲谷昇
伊武雅刀
テンプレートを表示

もう誰も愛さない』 (もうだれもあいさない)は、1991年4月11日から6月27日まで毎週木曜日22:00 - 22:54に、フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は吉田栄作

概要[編集]

サスペンスのジャンルに入るドラマだが、1週でも見過ごしたらついて行けなくなるほどストーリー進行が早く、クライムサスペンスらしく先が読めないスリル満点の展開からホームドラマとの対比で「ジェットコースタードラマ」と命名された。このコンセプトが好評の為、同じ脚本、スタッフ陣で「あなただけ見えない」(1992年)、「もう涙は見せない」(1993年)と順次制作され「ジェットコースタードラマ3部作」の第1作目として広く知られるようになる。

登場人物が毎回劇的な運命に翻弄され、登場人物のほとんどが終盤にかけて殺されたり、病気で死んでいくなどのシーンが多い。最終話で伊藤かずえ演じる弁護士・町田玲子が絞殺され、バラバラにされた死体がゴミ集積場に出されるシーンがあり、伊藤のファンからフジテレビに抗議の声が寄せられた。このシーンでの切断された生首のカットをはじめ、第11話で辰巳琢郎演じる米倉が王の手下に銃で撃たれ、死に際に吐血するシーンなどが再放送ではカットされていることがある。このため、再放送時には「作品中一部過激なシーンがあります」といったおことわりテロップが表示される場合がある。

社長を辞任後、ガソリンスタンドで働く卓也と町田弁護士のやりとりが、職業蔑視ではないかという記事がガソリンスタンド関係者の冊子に掲載された事がある(ノベライズ版では、「今までにない自由を得られた」等、卓也の前向きな心境が描かれている)

放送と同時期にメインライターである吉本昌弘による長編小説(上・下巻)がフジテレビ出版より発売されたが、小説は初期の構想をもとに執筆されているため、卓也の実の両親、樫村と田代裕二の繋がり等を始めとする設定等、テレビドラマとは内容が若干異なる。

放送終了後にビデオ化が決定し、ビデオ店に告知ポスターも貼られたが直前に発売中止となった。2004年にDVD-BOXとして商品化された。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

沢村 卓也(樫村満)
演 - 吉田栄作
横須賀市で生まれ育ち、中学卒業後に上京。成人後は東都銀行専属の運転手をしていたが、そこで知り合った宮本小百合の嗾しもあり、父、元春の弁護費用の捻出を理由に悪事に荷担。生い立ちなどから口数が少なく、やや暗めの印象だが性格自体は悪い方ではなく、両親を始めとする周囲への愛情などから苦悩することも多い。乗っ取った米倉の企業をベースに戸川商事の系列企業の社長に就任を始め、やり手で敏腕だが、部下への配慮も欠かさずにおこなう。出生名は樫村満だったが、戸川の追求を逃れるため「沢村卓也」と改名され、元春と雪子の実子として届けが出されていた。この為、小百合との異母兄妹疑惑が浮上してしまう。ノベライズ版では元春と小百合の死後、工場で働きながら美幸と暮らしていたが、子供が生まれる直前に命を狙って来た樫村と対決をする。
宮本 小百合
演 - 田中美奈子
父を知らず、母、夕子に置き去りにされたことから孤児院・聖ルシア青葉学園に収容。愛人の米倉の援助で短大を卒業後、彼の紹介で東都銀行に就職。同時に動物好きということもあり、ペットショップを経営していたこともある。表向きは気丈、明朗快活で世話好きな印象だが、心に抱えた幼少期からの傷と被害妄想などから銀行の同僚、田代美幸を妬み、罠に掛け、そして米倉をも破滅に追い込む。のちに美幸と報復合戦になり、戸川の愛人になったこともあるが、弥生との接触と子宮癌の発症などから心境に変化が発生。孤児院を守りたいという気持ちを抱き、卓也と共にボランティアを開始。この時に美幸の妊娠と出産の決意を見抜いており、「子供は両親で育てるもの」として卓也に結婚を勧める。父、元春に対して「私とお母さんを捨てた」と怒りをぶつけた事もあるが、のちに和解。美幸に生まれて来るこどもの名前を提案した直後、病気の悪化に伴い孤児院にて死去。ノベライズ版では、母の実家に出向き、母の死と本心を伯母から聞かされ、同時に母娘で一緒に写っている写真を手渡され、安堵した直後に病死。
田代 美幸
演 - 山口智子
大学卒業後、東都銀行に就職。渋谷の自宅で家族に囲まれ、幸せに暮らしていたが、婚約者だった牧村通との挙式1ヶ月前に、小百合の仕向けた松島により妹と牧村の目前でレイプされる。牧村に自ら婚約破棄を申し出た直後、接近して来た卓也と交際。彼の嗾しで米倉の金を横領し逮捕。一旦は執行猶予がつくも、家族の焼死などの心因性ショックにより一時的に失明し入院。この際に卓也の子を妊娠した事を知るが、小百合の仕向けた男に流産させられた後、殺されそうになりもみ合う内に殺害。実刑判決を受け、刑務所に収容される。純朴でやや世間知らずな面が見られたが、服役直後に卓也から別れを告げられたこと、面会にやって来た樫村から真実を知らされた事により性格と印象に変化が発生。出所後に樫村の協力で、ブルースコーポレーション日本支社長に就任。周囲に復讐を展開してゆくが、刑務所で同室だった安代に諭された事などから正気を取り戻す。10億円の横領など、裏切りを知った樫村に狙われる中、二度目の妊娠となった卓也の子を命がけで出産。

不動産企業[編集]

米倉 俊樹
演 - 辰巳琢郎
不動産企業のオーナー社長として横柄に振る舞い、小百合を愛人として囲っていたが、実は経営が悪化しており、政略結婚の相手として亜紀に接近。以前、美幸に横領された事を盾に田代家の財産を強奪する等、狡猾な面を表出させる。しかし小百合の陰謀で、亜紀と破談になったのを機に企業が破綻。チンピラ同然の生活をする様になる。しかし打たれ強く前向きな性格で、バーテンダー、小百合の紹介で戸川家の専属ドライバーなど新しい仕事を見つけては再起に掛ける等、向上心の高さを持ち合わせている。横領への関与、土地譲渡に関する公文書偽装等、自身の不幸と家族の死の遠因として美幸から憎悪されており、亜紀を襲わせるなど利用された挙げ句に逮捕に追い込まれるが、間もなく釈放。本心では小百合を深く愛しており、彼女の本心を知ってスイスの銀行の美幸の口座から奪った10億円を孤児院に振り込み、立ち退きの危機から救うが、このことを樫村に知られ、殺害される。
水木 圭子
演 - かとうれいこ
米倉の経営していた企業の受付嬢兼社長秘書。米倉辞任・新企業への転換後は庶務課へ配転。セクシーで華やいだ印象を持ち、社長だった米倉に連れられて行った商談の場では、戸川にも手出しをされていた。バーで出会った林を利用し、美幸のスイスの銀行の貸し金庫の鍵を奪い、米倉と金を引き出す。しかし林の死後、盗みをした女として樫村の部下に射殺される。思慮が浅く、欲深い面も見られるが、落ちぶれた米倉を最後まで見放さず、何かと世話をして回った上で死を共にしている。

田代家[編集]

田代 弥生
演 - 観月ありさ
美幸の妹。姉と牧村の旅行について行ったことから、トラブルに巻き込まれ記憶障害を発症。美幸の拘留中に家族が焼死。救助された直後、口封じの為に小百合に引き取られるが、同居した事により、彼女の心からの優しさを引き出してゆく。高校在学中に再会した美幸を「殺人犯」「姉と思いたくない」などと憎悪したこともあるが、記憶を取り戻し和解。同時に両親と兄の死の原因が小百合と知ってしまい、姉の抱く小百合への憎しみに苦悩。卓也に忠告まがいの発言をしたこともある。のちに姉が仕向けた殺し屋に狙われた小百合を庇って撃たれ死亡。死後、周囲の諍いを止めさせたいと書いた手紙が卓也によって発見される。高校ではブラスバンド部に所属していた。清楚で純朴な性格。
田代 春樹
演 - 神田利則
美幸の弟。大学受験に失敗。高校卒業後、浪人していた。やや神経質な面があり、受験と姉の事件でノイローゼを発症。のちに自宅に放火し焼死。
田代 裕二
演 - 平野稔
美幸の父。温厚な印象を持つ。卓也に騙されて白紙の委任状に捺印。米倉に財産を奪われ、借金を抱えた直後、春樹の放火で焼死。かつて樫村健三の命を助け、海外への逃亡を示唆した事がある(ノベライズ版では若干、設定が異なる)
田代 牧子
演 - 池田道枝
美幸の母。穏やかな性格だったが、春樹の放火で焼死。美幸の逮捕を牧村の差し金と疑っていた。

戸川とその関係者[編集]

戸川 啓介
演 - 仲谷昇
戸川商事の会長で財界の大物。冷淡な印象を持ち、様々な悪事に荷担するが少々、好色家の面がある。亜紀のレイプ事件が卓也の陰謀と吹き込まれた時には、彼に離婚、そして彼が社長を務めていた子会社が、多額の負債を出した事を理由に戸川商事からの退去を命じている。しかしのちに樫村を潰す為、卓也と手を組んだり、小百合と愛人関係を持つ。亜紀に対して父としての愛情を抱いており、卓也を忘れられずにいる彼女に対して、前向きに生きる様に諭したこともある。町田の裏切りで、悪事の証拠である手帳を樫村に握られた直後、脳梗塞を発症。下半身と意識に重度の後遺症が発生(ノベライズ版では死亡している)。亜紀の世話になることに。
戸川 亜紀
演 - 荒井乃梨子
戸川の娘。母は父の愛人であり、結婚には至っておらず、長年に渡り母と田舎で暮らしていたが、母の死後、父と同居。父の勧めもあり、米倉と婚約するが、彼に対して恐れを抱いていた矢先、接近した卓也に心惹かれる。そして小百合と密会していた事を口実に米倉と婚約破棄し、卓也と結婚。しかし出所した美幸の陰謀により、牧村と米倉にレイプされた末、離婚に追い込まれる。卓也を追放した父に反発して家を出て、1人暮らしを始め、卓也を呼び寄せたり、職を紹介した事もあるが、彼の気持ちが小百合と美幸にある事を知って、父の元に戻ってゆく。最終的に卓也に対しての想いを断ち切り、脳梗塞で倒れた父を介護をし、母の家への転居を決意。再会した卓也に対して父への愛情を含めて礼を言う。芯が強く、穏やかで明るい性格。愛車は三菱・エクリプス。ノベライズ版では、母と暮らしていた場所は沖縄。離婚後、卓也の元へ押し掛けるが追い返されており、彼に対して職の紹介などもしていない。
町田 玲子
演 - 伊藤かずえ
卓也により、元春の弁護を依頼された弁護士。頭脳明晰で知的な印象の美人だが、強欲で冷酷な面を持つ拝金主義者で(亜紀から『冷たい感じ』 牧村からは『ハイエナ』と評される)依頼者に嘘の報告をしたり、預かった保釈金を手中に収めてしまうなど悪行が多い。のちに元春の脱獄を幇助。卓也と小百合に面会させたこともある。大学生の頃から愛人だった戸川を裏切り、樫村から200億円をゆすろうとした為、彼の部下に絞殺、バラバラにされる。20代後半。

ブルース・コーポレーション[編集]

王 小龍(樫村健三)
演 - 伊武雅刀
香港の大会社、ブルース・コーポレーションの社長。かつて戸川、そして義弟だった元春と悪事に荷担。元春に殺されそうになり、瀕死の重傷を負うが偶然、通りかかった田代裕二に救助され、その直後に出国。改名後に事業に成功。裕二への恩義などを理由に出所後の美幸を援助するが、実は冷酷で残忍な性格に変貌しており、戸川への復讐に美幸を利用。のちに彼女が会社の金を横領していたことを知ると部下に殺害を命じる。卓也の実父で最終回で対決。しかし彼を生き別れになった実の息子と知っても尚、殺害しようとした。その直後に卓也の手で射殺される。(ノベライズ版では、元春の妻の雪子を脅し、愛人関係となった過去が語られ、ラストでは恩人である裕二からの贈り物の日本刀で卓也に殺害されている)
林 洋二
演 - 山口健次
ブルースコーポレーションの社員で、美幸の忠実な部下。自棄になった美幸に誘われた事から、彼女を愛する様になり、再三忠告もしたが受け入れられず、叱責とビンタの末に解雇される。その後、水木と共謀し美幸の自宅に忍び込み、隠してあったスイスの銀行の貸し金庫の鍵を複製する。のちに水木の裏切りを知ってショックを受け、美幸を道連れに心中を図ったところを牧村に刺殺される(ノベライズ版では、水木の裏切りの直後に自殺となっている)
山本
演 - 菊池孝典
樫村の部下。

その他[編集]

牧村 通
演 - 薬丸裕英
美幸の婚約者でエリート証券マンだったが、レイプ事件の直後、犯人の松島が殺害された事を知って警察に届けようとした美幸を制すと同時に暴言を吐いたとして、愛想を尽かした美幸から婚約破棄を受ける。この事が原因となり、メンツを潰される形で勤務先を退職。「美幸の関心を奪った男」として卓也を憎悪し、「美幸を服役させた原因は卓也」と雪子を刺殺しようとする等、陰湿で偏執狂的な面が見られる。美幸が服役中は風俗嬢のヒモをしており、300万円の借金を抱えていた。出所した美幸から亜紀のレイプを始め、復讐に利用されるが復縁を迫った際に軽蔑の言葉を浴びせられ逆上。のちに樫村に捕らえられ、美幸殺害を命じられるが、美幸が逃げ出していたのを知って安心し、同行した陳を証拠隠滅の為に殺害したり、樫村の致命傷となる証拠を卓也に届け、「これから美幸の見舞いに行くんだ」と言い残して絶命する等、最後まで美幸への愛情を貫いている。
西条 安代
演 - 江波杏子
殺人事件で実刑判決を受け、美幸と同室に服役していた受刑者。冷酷な印象を持つボス格で純朴な美幸を疎み、辛く当たる事もあったが、卓也の裏切りを知って言動に変化が出た頃から、次第に彼女を気に掛ける様になり、美幸に嫌がらせをした他受刑者を密かに叱責したり、出所時には自分なりの言葉で励ます。裏世界に通じている様な面が見られ、自らの出所後、美幸を強請ったことがあるが(息子・健二を預けている聖ルシア青葉学園への寄付の為であった)復讐の鬼と化した美幸を諭したり、樫村に暗殺されそうになった時に連れ出して匿うなど、次第に心優しい面を表してゆく。のちに美幸の出産が非常にリスクを伴うと知った時にはショックを受け、どうにか救って欲しいと担当医に懇願。父を殺した過去を理由に、健二に対して母と名乗り出る事を躊躇うが、小百合の言葉に号泣。ノベライズ版では、息子の所在と孤児院との接触は描かれておらず、出所後に居酒屋を経営し、産気づいた美幸と偶然、再会。出産に立ち会っている。
西条 健二
演 - 反田孝幸
安代の息子で小学生。諸事情から幼少期に聖ルシア青葉学園に預けられる。面倒見が良く、年下の子供達の世話をしていた。医師との養子縁組の話が浮上するが、小百合に諭された母と暮らし始めた様子。
受刑者
演 - 横尾香代子 水野あや 鈴木亜希子
美幸と同室に服役していた受刑者。安代の子分として、美幸が持ち込んだ卓也の写真を破く等の嫌がらせをしたが、のちに美幸から逆襲を受け負傷。美幸を庇う安代に脅され、刑務官への証言を翻したことも。
加津子
演 - 高林由紀子
聖ルチア青葉学園のシスター。小百合の面会に目を細める。
学園長
演 - 川上夏代
学園の経営難に直面している。
樫村の命令で牧村と共に美幸殺害に向かうが、口封じと美幸を守る為にと牧村に射殺される。
演 - 垂木勉
沢村 元春
演 - 佐川満男
血縁的には小百合の実父であり、卓也の伯父となる。雪子と共に経営していた工場の資金のやりくりに困り、戸川・そして妹の夫である樫村と共に野球賭博を組織的におこなうが、戸川の命により樫村を殺そうとした。そのショックで妹が自殺。その為に身寄りをなくした甥を雪子と共に引き取り改名の上、育てていた。同時期にホステスの宮本夕子と不倫。彼女の妊娠発覚、そして誕生日にカフスボタンを贈られたことを喜ぶなどで、雪子の怒りを買う(このカフスボタンはのちのち重要な証拠となる)その後に戸川の罠にはめられ、球界(黒い霧事件)の闇金疑惑を一人で背負い服役。重病を患い、警察病院に入院していた。身勝手な態度で卓也と小百合を翻弄。小百合から憎まれた事もあるが、町田の手引きで脱獄。小百合と再会し、許しを得た。しかし小百合の葬儀中、樫村の仕向けた殺し屋に射殺される。この時に、卓也に証拠となる樫村の写真を手渡しながら息絶えた。ノベライズ版では、世間体などから小百合を認知せず、夕子に別れを告げ、樫村の子と知りつつ、雪子が出産した卓也の戸籍上の父となっている。そして再審請求の見込みが出た矢先に病死。
沢村雪子
演 -有田麻里
元春の妻で卓也の外縁の伯母。義妹の死後、身寄りをなくした卓也を引き受け、元春の逮捕後も真実を知らせる事なく育てて来た。元春に対して愛想を尽かしており、自分の元を訪れた町田に対して「弁護なんてしなくていい」と言い放つが、卓也からの依頼と知って、心を動かされ証言をする。横須賀市でスナックを経営。やや派手で自堕落な面が見られるが、卓也からは母親として認められている。ノベライズ版では、卓也の実母で、樫村と不倫関係の末に出産している。
東都銀行職員
演 - 中丸新将
美幸の元上司。銀行でドライバーをしていた卓也に侮蔑的な振る舞いをしたことがある。のちにブルースコーポレーションとの取引で美幸と再会。自身の起こした横領事件で支店長から支店長代理に降格させられたとして美幸から皮肉られる。
ワイドショーレポーター
演 - 武藤まき子
美幸の起こした事件をテレビ番組で報道。
松島
演 - 吉江芳成
小百合に雇われ、道に迷った振りをして別荘に侵入。美幸をレイプ。その後、小百合に迫った際にトリカブトの注射で殺害され、湖に遺棄される。
医師
演 - 須永慶
美幸がレイプされた時に別荘の近くにおり、妹が記憶障害を発症していると診断。
暴漢
演 - 二瓶鮫一
小百合の命令で、病院に侵入。目が見えなくなっていた美幸の殺害を企てるが、返り討ちに遭い死亡。凶器などは持っておらず丸腰だった様子。
産婦人科医
演 - 松井範雄
卓也と安代に対して、美幸が非常に危険な状態であると告げる。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 1991年4月11日 会いたい 吉本昌弘 楠田義之 18.2%
第2話 1991年4月18日 偽りの愛 17.6%
第3話 1991年4月25日 キスして 中山乃莉子 赤羽博 15.5%
第4話 1991年5月02日 会えない 吉本昌弘 17.0%
第5話 1991年5月09日 復讐の女 楠田泰之 18.1%
第6話 1991年5月16日 禁断の愛 林誠人 18.5%
第7話 1991年5月23日 愛の償い 中山乃莉子 赤羽博 18.9%
第8話 1991年5月30日 抱かれる 吉本昌弘 21.5%
第9話 1991年6月06日 死の抱擁 楠田泰之 20.6%
第10話 1991年6月13日 運命の鍵 中島悟 22.4%
第11話 1991年6月20日 偽りの結婚 赤羽博 21.7%
最終話 1991年6月27日 永遠の愛 23.8%
平均視聴率 19.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

エピソード[編集]

この番組終了後、日本テレビが同様のコンセプトのテレビドラマとして『愛さずにいられない』を放映した。本家と同じく、吉田栄作主演・アベクカンパニー製作・ジェットコースター的展開であることからパクリ企画だと話題になった。当時の『読売新聞』の記事には、「同じスタッフ・コンセプトで正反対の内容の作品を」との目的で企画されたとあった。

卓也が叫ぶシーンが吉田栄作の代名詞となり、現在も過去の吉田栄作を振り返る時には頻繁に使用される。

パロディ[編集]

この番組終了後、『とんねるずのみなさんのおかげです』のなかでパロディコント「もう誰も愛さない2」が薬丸・観月をゲストに放送された。第1話から中盤をモチーフに3話オムニバスで構成されたコントで、沢村役の石橋貴明と薬丸のやり取り等ギャグが満載だった。最後は、石橋が観月に「出してくれねぇ〜だからよ〜」と拳銃で撃たれるオチだった。コントのオープニングもギャク満載で、田代役の渡辺満里奈山崎製パンの食パン「ダブルソフト」(当時、実際のドラマで田代役だった山口智子がCMキャラクターを務めていた)をかじるシーンも含まれていた。スタッフロールは早送りだったが、番組を録画して遅く再生すれば明確に確認できた。

関連商品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
結婚の理想と現実
(1991.1.10 - 1991.3.21)
もう誰も愛さない
(1991.4.11 - 1991.6.27)
ヴァンサンカン・結婚
(1991.7.4 - 1991.9.19)