トリカブト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリカブト属
Torikabuto 01.jpg
トリカブト(南アルプス聖岳・2005年9月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: トリカブト属 Aconitum L., 1753
英名
monkshood
  • 本文参照

トリカブト(鳥兜・学名Aconitum)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称である。

概要[編集]

トリカブトの仲間は日本には約30種自生している。花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。トリカブトの名の由来は、が古来の衣装である鳥兜烏帽子に似ているからとも、の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。英名の"monkshood"は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。

塊根を乾燥させたものは漢方薬として用いられ、烏頭(うず)または附子生薬名は「ぶし」、毒に使うときは「ぶす」)と呼ばれる。

本来「附子」は、球根の周り着いている「子ども」の部分。中央部の「親」の部分は「烏頭(うず)」、子球のないものを「天雄(てんゆう)」と呼んでいたが、現在は附子以外のことばはほとんど用いられていない。

ドクウツギドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされる[1][出典無効]

ヨーロッパでは、魔術の女神ヘカテーを司る花とされ、庭に埋めてはならないとされる。ギリシア神話では、地獄番犬といわれるケルベロスよだれから生まれたともされている。狼男伝説とも関連づけられている。

俗に不美人のことを「ブス」と言うが、これはトリカブトの中毒で神経に障害が起き、顔の表情がおかしくなったのを指すという説もある[2]

毒性[編集]

トリカブトの毒の一つ アコニチン

比較的有名な有毒植物。主な毒成分はジテルペン系アルカロイドアコニチンで、他にメサコニチンアコニンヒバコニチン、低毒性成分のアチシンの他ソンゴリンなどを[3]全草(特に根)に含む。採集時期および地域によって毒の強さが異なる[4][5]が、毒性の強弱に関わらず野草を食用することは非常に危険である。

食べると嘔吐・呼吸困難、臓器不全などから死に至ることもある。経皮吸収経粘膜吸収され、経口から摂取後数十秒で死亡する即効性がある。半数至死量は0.2~1グラム。トリカブトによる死因は、心室細動ないし心停止である。下痢は普通見られない。特異的療法も解毒剤もないが、各地の医療機関で中毒の治療研究が行われている。[6]

吹きの頃にはセリニリンソウゲンノショウコヨモギ等と似ているため、誤食による中毒事故(死亡例もある)が起こる。株によって、葉の切れ込み具合が異なる(参考画像を参照)。花粉にも中毒例がある。このため、養蜂家はトリカブトが自生している所では蜂蜜を採集しないか開花期を避ける。

漢方薬[編集]

附子(生薬)

漢方ではトリカブト属の塊根附子(ぶし)と称して薬用にする。本来は、塊根の子根(しこん)を附子と言い、「親」の部分は烏頭(うず)、また、子根の付かない単体の塊根を天雄(てんゆう)と言って、それぞれ運用法が違う。強心作用、鎮痛作用がある。また、牛車腎気丸及び桂枝加朮附湯では皮膚温上昇作用、末梢血管拡張作用により血液循環の改善に有効である[4]。 しかし、毒性が強いため、附子をそのまま生薬として用いることはほとんどなく、修治と呼ばれる弱毒処理が行われる[7]。炮附子は苦汁につけ込んだ後、加熱処理したもの。加工附子や修治附子は、オートクレーブ法を使って加圧加熱処理をしたもの。修治には、オートクレーブの温度、時間が大切である。温度や時間を調節することで、メサコニチンなどの残存量を調節する。この処理は、アコニチンや、メサコニチンのC-8位のアセチル基を加水分解する目的で行われる。これにより、アコニチンは、ベンゾイルアコニンに。メサコニチンは、ベンゾイルメサコニンになり、毒性は千分の一程度に減毒される。これには専門的な薬学的知識が必要であり、非常に毒性が強いため素人は処方すべきでない。

附子が配合されている漢方方剤の例[編集]

狩猟・軍事利用[編集]

古来、毒矢に塗布するなどの方法で、狩猟・軍事目的で北東アジア・シベリア文化圏を中心に利用されてきた。詳細は毒矢の項参照。

参考画像[編集]

主な種[編集]

化学成分からみて妥当な分類としてトリカブト属が30種、変種が22種、計52種という多くの種類が存在。[3]

観賞用のトリカブト[編集]

ハナトリカブトはその名の通り花が大きく、まとまっているので、観賞用として栽培され、切花の状態で販売されている。しかし、ハナトリカブトの全草にも毒性の強いメサコニチンが含まれているので危険である。

附子・トリカブトが出てくる作品[編集]

主人公が痛み止めの塗薬として調合したものが登場。タイトルの「MONK'S-HOOD」はトリカブトの英名。
  • 附子』の名は小名狂言の演目名としても知られる。
  • 特撮ヒーロー番組『仮面ライダー』―敵対する悪の秘密結社「ショッカー」の怪人「トリカブト」の名前の由来である。

推理モノの小説、漫画、テレビドラマなどでは定番のアイテムである。

脚注[編集]

  1. ^ 有馬洋太郎. “ドクゼリ”. みんなで作る田んぼの生きもの総合図鑑. NPO法人生物多様性農業支援センター. 2010年6月13日閲覧。
  2. ^ a b 山崎,昶 『ミステリーの毒を科学する : 毒とは何かを知るために』 講談社〈ブルーバックス〉、1992年ISBN 4061329197 
  3. ^ a b トリカブトの毒性 (2007/12/04) 医薬品情報21
  4. ^ a b 和田浩二「トリカブト属ジテルペンアルカロイドのLC-APCI-MSによる構造解析と末梢血流量増加作用について」、『藥學雜誌』第122巻第11号、日本薬学会、2002年11月1日、 929-956頁、 doi:10.1248/yakushi.122.929NAID 10010204168
  5. ^ 坂井進一郎、高山広光、岡本敏彦「高尾(東京都)産トリカブト塩基成分について」、『藥學雜誌』第99巻第6号、日本薬学会、1979年6月25日、 647-656頁、 NAID 110003653012
  6. ^ 岩手医科大学医学部-救急救命情報(トリカブト)
  7. ^ 鹿野美弘、縦青、小松健一「漢方エキス製剤の品質評価について(第6報)呉茱萸の修治によるアルカロイド成分含量変化について」、『藥學雜誌』第111巻第1号、日本薬学会、1991年1月25日、 32-35頁、 NAID 110003649175
  8. ^ アイヌの矢毒トリカブト 門崎允昭 (著) 北海道出版企画センター (刊) ISBN 4832802089

参考文献[編集]

  • 近藤嘉和 『四季の山野草』 緒方出版、1983年、178頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]