赤羽博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あかばね ひろし
赤羽 博
生年月日 (1951-07-04) 1951年7月4日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 山梨県甲府市
職業 映画監督、TVディレクター
プロデューサー
活動期間 1975年 -
主な作品
テレビドラマ
教師びんびん物語』他 びんびんシリーズ
もう誰も愛さない』1991年
GTO』1998年
テンプレートを表示

赤羽 博(あかばね ひろし、1951年7月4日 - )は、テレビドラマ、映画作品の監督演出家である。山梨県甲府市出身。

来歴・人物[編集]

1951年7月、山梨県甲府市生まれ。

専修大学法学部法律学科に入学したが、自分には「法学」が合わないと思い、卒業後の就職先として、映像制作を志し、その頃バイトしていたTBSの報道部の部長にドラマ制作現場を紹介してもらい面接を受けた。1975年専修大学法学部法律学科卒業後、木下プロダクションと連携しているある番組制作会社に就職した。その当時親や親戚は故郷の山梨県庁に就職するように勧めていたので猛反対されたがそれをバネに努力してきた[1]

テレビドラマのチーフ助監督になるべく、約4年の下積みの後、1979年、退社してフリーによるテレビドラマの助監督(AD)となり、自己の演出技能を磨くため、当時の民放各局のメイン・ディレクターたちと一緒に仕事をして能力を高め、人脈を築いていった。 この頃日本テレビ時代の石橋冠からは、演出の面白みを多く学んだという[2]

1983年ディレクターとして、石立鉄男主演の『天まであがれ!2』の製作に参加し演出デビューした[3]

1985年に演出家としての実力が認められ、木下プロダクション(後のドリマックス・テレビジョン[注 1])に招聘され社員ディレクターとして入社。TBS系連続ドラマ『毎度おさわがせします』の三番手ディレクターとしてスタート[4]

1987年には、田原俊彦野村宏伸主演のテレビドラマ『びんびんシリーズ』の最初の『ラジオびんびん物語』で、初めてチーフ・ディレクターとしてドラマ全体を担当することになる。

1988年、木下プロを退社し、当時所属していたプロデューサー阿部祐三・ドラマディレクター楠田泰之の3人共にアベクカンパニーの設立に参画。以後『教師びんびん物語』や1998年反町隆史松嶋菜々子主演の『GTO』などをヒットさせた。

「アベックカンパニー」の解散により、50歳台後半で再びフリーの立場になるが、引き続き、民放各局から2時間ドラマスペシャルなど多数の演出の依頼をうけてきた。「赤羽組」といわれる多数の映像制作関係者との縁があり、撮影現場を上手にまとめ上げる力量が評価されていた[5]

監督・演出作品[編集]

テレビ連続ドラマ[編集]

フリー時代[編集]

木下プロ時代[編集]

AVEC時代[編集]

フリーランス[編集]

テレビ単発・スペシャルドラマ[編集]

木下プロ時代[編集]

AVEC時代[編集]

フリーランス[編集]

  • 水曜ミステリー9
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿3『雨に殺せば』」(2005年 テレビ東京、BSジャパン、ホリプロ)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿4『いちばん大切な死体(ひと)』」(2006年 テレビ東京、BSジャパン、ホリプロ)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿5『約束の指切り』」(2007年 テレビ東京、BSジャパン、ホリプロ)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿6『五億円の黒い白髪』」(2007年 テレビ東京、BSジャパン、ホリプロ)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿7『不幸を呼ぶ宝石』」(2008年 テレビ東京、BSジャパン、ホリプロ)
    • 「付き人女優・安野すみれ 楽屋裏事件ファイル」(2009年 テレビ東京、BSジャパン)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿8『虹が消えた交差点』」(2011年 テレビ東京、BSジャパン、ホリプロ)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿9『迷い骨』」(2012年 テレビ東京、BSジャパン)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿10『沈黙の宴』」(2012年 テレビ東京、BSジャパン)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿11『赤い遺産』」(2013年 テレビ東京、BSジャパン)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿12『親しい敵』」(2013年 テレビ東京、BSジャパン)
    • 「刑事吉永誠一 涙の事件簿13『湖で拾った女』」(2016年 テレビ東京、BSジャパン)
  • ホリプロ45周年・TBSテレビ放送50周年記念作品「赤い疑惑」(2005年 TBS、ホリプロ、大映テレビ
  • 新・細うで繁盛記」(2006年1月20日・2007年2月23日 フジテレビ、東宝)
  • 火曜ドラマゴールド
  • 金曜プレステージ
    • 「新・細うで繁盛記2」(2007年 フジテレビ、東宝)
    • 弁護士 朝吹里矢子『古都・稚い証言にゆらぐ老舗』」(2010年 フジテレビ、TSP
  • 検事 霞夕子2『豪華客船殺人クルージング』(2007年 日本テレビ、ユニオン映画)
  • TOYOTA“tomorrow”Special「笑顔をくれた君へ〜女医と道化師の挑戦〜」(2008年 フジテレビ、The icon
  • めぞん一刻・完結編(2008年7月26日 テレビ朝日、東北新社クリエイツ)
  • テレビ愛知25周年開局ドラマ「青春カムバック!?メタボリック☆ばんど!」(2008年 テレビ愛知、東宝)
  • 新春ワイド時代劇戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち」(2011年 テレビ東京、松竹、松竹京都映画)
  • 卒業ホームラン(2011年3月23日・ テレビ東京、ホリプロ)
  • 医療捜査官 財前一二三(金曜プレステージ)(1話・5話、2011年・2014年、フジテレビ)
  • 検事・霞夕子 主演沢口靖子(2011年 - 2014年、フジテレビ)
  • 私は代行屋!事件推理請負人 バージンロードを奪った殺人犯!謎の遺留品が語る母娘の愛憎!!少女が苦悩する27年前の殺人事件に驚愕の真実!(2012年8月18日、朝日放送・The icon)
  • 松本清張没後20年特別企画・危険な斜面(2012年 フジテレビ、ユニオン映画)
  • 女取調官 第4話「遥かなりわが愛を」(2016年、TBS)
  • 家裁調査官・山ノ坊晃(2016年・2017年、テレビ朝日 ユニオン映画)

映画[編集]

舞台[編集]

プロデュース作品[編集]

助監督・演出補作品[編集]

(木下プロに入社前のフリー時代)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ その後、株式会社ドリマックス・テレビジョンは、2019年(平成31年)1月 - 株式会社TBSスパークルへ吸収合併され、ドリマックス・テレビジョンは解散した。

出典[編集]

  1. ^ 松本弘司、小田正鏡 共著『幸福の科学的「演出論」入門 - 新時代の映画監督を目指して』HSU出版会、p108-109
  2. ^ 松本弘司、小田正鏡 共著『幸福の科学的「演出論」入門 - 新時代の映画監督を目指して』HSU出版会、p110-111
  3. ^ 松本弘司、小田正鏡 共著『幸福の科学的「演出論」入門 - 新時代の映画監督を目指して』HSU出版会、p111
  4. ^ 松本弘司、小田正鏡 共著『幸福の科学的「演出論」入門 - 新時代の映画監督を目指して』HSU出版会、p113
  5. ^ 松本弘司、小田正鏡 共著『幸福の科学的「演出論」入門 - 新時代の映画監督を目指して』HSU出版会
  6. ^ “ドラマ「教師びんびん物語」の演出家が手がけた「君のまなざし」公開決定”. 映画ナタリー. (2016年11月29日). http://natalie.mu/eiga/news/211132 2016年11月29日閲覧。 
  7. ^ Natasha, Inc. (2020年4月26日). “夜明けを信じて。 あらすじ・内容・スタッフ・キャスト・作品情報 - 映画ナタリー”. 映画ナタリー. 2020年9月20日閲覧。
  8. ^ 岡江さん遺作映画が延期…村上弘明が語る果たせなかった約束”. 女性自身 (2020年6月16日). 2020年7月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 松本弘司、小田正鏡 共著『幸福の科学的「演出論」入門 - 新時代の映画監督を目指して』HSU出版会、2017年3月15日、ISBN 978-4-86395-883-8

外部リンク[編集]