ホームドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホームドラマとは、家族や家庭内の出来事をテーマとしたテレビドラマ和製英語[1]。英語圏ではシチュエーション・コメディ(シットコム)がこれに相当する[1]

派手なアクションや濡れ場のシーン、犯罪など非日常的要素はほとんどなく、一般的には、家族でも見られる、穏健な(当たり障りのない)内容の作品が多い。

基本的にはドラマを指すが、佐藤忠男は『日本映画思想史』(三一書房1970年)で田坂具隆監督の『雪割草[2]1951年)が「ホームドラマという和製英語が生まれた最初の映画だ」と書いている。公開時に大映映画部が「ホームドラマ」という言葉を初めて使った。

アメリカのホームドラマ[編集]

アメリカのドラマでは『アイ・ラブ・ルーシー』や『パパは何でも知っている』などが代表的なホームドラマとされている[3]。ただし、ホームドラマという言葉はあくまでも和製英語である[1]

『アイ・ラブ・ルーシー』や『パパは何でも知っている』などのドラマは、1950年代以降に日本でも放映され、ドラマに映し出される電気冷蔵庫やステーションワゴンなどのライフスタイルは、特に50年代から60年代にかけて日本の生活様式に影響を与えたとされている[3]

日本のホームドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 松崎博、Nathan Long『なるほど!英会話Q&A』語研、2006年、23頁
  2. ^ いわゆる「母もの」。あらすじは突然、冴子(三條美紀)の許へ子どもが家を訪ねてきて手紙によれば夫の子だという。戦争中に夫に過ちがあったらしい。夫の不在中に仲良くなるが、帰ってくるとやっぱり許せない気持になる。二人の不和を見て幼い子どもが心を痛め、一人家を抜け出したと知ったとき冴子は初め自分の頑なさを悟り、夫と共に子どもを探しに駆け出す。
  3. ^ a b 示村陽一『異文化社会アメリカ 改訂版』研究社、2006年、13頁