ママちょっと来て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ママちょっと来て
ジャンル テレビドラマ
企画 間部耕苹
脚本 野末陳平ほか
演出 間部耕苹
出演者 千秋実
乙羽信子
山岸映子
中野しげる
坂倉春江ほか
オープニング 「ママちょっと来て」(古賀さと子ボニージャックス
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1959年7月12日1963年4月28日
放送時間 日曜19:00 - 19:30
放送分 30分
回数 198

特記事項:
1962年3月までは三菱石油(現:ENEOS[JX日鉱日石エネルギー]一社提供、1962年4月以降は資生堂一社提供。

ママちょっと来て』(ママちょっときて)は、1959年7月12日から1963年4月28日まで日本テレビ系列の毎週日曜19:00 - 19:30(JST)に放送されたテレビドラマである。全198回。

概要[編集]

アメリカ製ホームドラマ『パパは何でも知っている』をモデルとして、理想化された家庭像を描いた作品。その後の国産ホームドラマ全盛時代の先駆的番組となった。

1962年5月23日には、大阪フェスティバルホール婦人団体代表3000人が出席し、大阪市婦人団体協議会から「子供に見せたいよいテレビ番組」の最優秀番組に推薦された当番組の表彰式が行われた[1]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ママちょっと来て」

提供[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本テレビ社史「大衆とともに25年・沿革史」147頁 1978年
  2. ^ a b 参考:テレビドラマデータベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
日曜家庭劇場
ママちょっと来て
日本テレビ系 資生堂一社提供
あなたとよしえ
(水曜19:00 - 19:30)
ママちょっと来て
(1962年4月~1963年4月)
ホラ、しあわせが