秋好馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋好 馨
本名 同じ[1]
生誕 1912年6月27日
日本の旗 日本 東京府(現・ 東京都
死没 (1989-03-25) 1989年3月25日(満76歳没)
日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家画家
活動期間 1936年 - 1989年
ジャンル 4コマ漫画
代表作 轟先生
テンプレートを表示

秋好 馨(あきよし かおる、1912年6月27日[2] - 1989年3月25日)は、日本の男性漫画家画家である。東京府(現・東京都)出身。

来歴[編集]

高千穂中学校(旧制)在学中に、肺結核で2年間休学。その間、『アサヒグラフ』の漫画欄に投稿をしたことがきっかけとなり、漫画家堤寒三の弟子になる[2]

昭和11年(1936年)、デビュー作品『フレッシュマン新童君』を『東京朝日新聞朝刊に掲載。翌12年(1937年)、「新漫画派集団」(のちの「漫画集団」)に入る。

昭和16年(1941年[2][3][注釈 1]近藤日出造の主宰する雑誌『漫画』で『轟先生』を連載し、好評を博す。昭和24年(1949年)、『夕刊読売』の創刊にあわせて同紙11月27日号で『轟先生』の連載を開始。昭和26年(1951年9月1日から『読売新聞』朝刊に移動し、病気による連載中断を幾度も挟みながら、昭和48年(1973年2月27日まで連載を続けた[2][注釈 2]

その後は、画家として油絵に取り組み、昭和63年(1988年)には個展を開いている[7]

平成元年(1989年)3月25日、神奈川県鎌倉市の自宅で息を引き取った。死因は、肺がんによる呼吸機能不全[8][9]だった。満76歳没。

作品リスト[編集]

  • フレッシュマン新童君
  • 轟先生
  • 自由のメガネ
  • 愚亭賢妻
  • ますらを派出夫会
  • アワモリ君
  • のんきなおじさん
  • タラちゃん
  • 竹野しんぞう君
  • 平野凡太郎

注釈[編集]

  1. ^ 昭和17年(1942年[4]、昭和18年(1943年[5]とする資料もある。
  2. ^ 同年2月28日以降、病気により休載。11月30日に、正式に連載終了の告知がされた[6]

出典[編集]

  1. ^ 「「轟先生」の秋好馨さん死去 本紙連載25年」、読売新聞1989年3月26日付朝刊(東京本社版)、31頁
  2. ^ a b c d 漫画家人名事典 2003年, p. 12.
  3. ^ 「「轟先生」の秋好馨さん死去 本紙連載25年」、読売新聞1989年3月26日付朝刊(東京本社版)、31頁
  4. ^ 四コマ漫画 2009年, p. 98・106.
  5. ^ 東文研アーカイブDB
  6. ^ 「轟先生さようなら 孤独な作業 励まされ24年 2回の手術機会に引退」、読売新聞1973年11月30日付夕刊(東京本社版)、7頁
  7. ^ 「「轟先生」の秋好馨さん死去 本紙連載25年」、読売新聞1989年3月26日付朝刊(東京本社版)、31頁
  8. ^ 「秋好馨氏 死去=「轟先生」などの漫画家」、毎日新聞1989年3月27日付朝刊(東京本社版)、27頁
  9. ^ 東文研アーカイブDB

参考文献[編集]

  • 『漫画家人名事典』 まんがseek・日外アソシエーツ編、日外アソシエーツ、2003年ISBN 4816917608
  • 清水勲 『四コマ漫画 -北斎から「萌え」まで(岩波新書 新赤版 ; 1203)』 岩波書店、2009年ISBN 9784004312031
  • 秋好馨”. 東京文化財研究所アーカイブデータベース. 東京文化財研究所. 2016年5月24日閲覧。
  • 「「轟先生」の秋好馨さん死去 本紙連載25年」、読売新聞1989年3月26日付朝刊(東京本社版)、31頁

外部リンク[編集]