となりの芝生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

となりの芝生』(となりのしばふ)は、橋田壽賀子脚本による日本テレビドラマのタイトルである。

概要[編集]

1976年1月から2月に、NHKの『銀河テレビ小説』枠で放送[1]。核家族が進む中で嫁姑問題を正面から描いた「辛口ドラマ」で、全国から反響があり、一大論争を巻き起こした。第8回テレビ大賞優秀番組賞受賞。

本作が好評だったため、「となり3部作」として『となりと私』(1977年放送)、『幸せのとなり』(1979年放送)が放送された。

NHKアーカイブスには、総集編のみ映像が現存している。

あらすじ[編集]

高平知子はごく普通のサラリーマン家庭の専業主婦であった。夫は次男なので姑の苦労はなく、家は狭いながらも夫、娘、息子と4人で平穏に暮らしていた。しかし、郊外にマイホームを購入したところ、大阪の義兄一家の元で暮らしていた姑・志乃が突然転がり込んできた。知子と志乃は家事のやり方、子供たちの教育方針で何かにつけて対立するが、夫は知子を怒鳴るばかりでかばってはくれない。姑との軋轢や夫の態度に嫌気が差した知子は、友人の紹介で会員制高級サロンのマネージャーとして働き始めるが…。

NHK版(1976年)[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TBS(1989年愛の劇場版)[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

作詞 - 秋元康 / 作曲 - 見岳章 / 編曲 - 竜崎孝路 / 歌 - 美空ひばり

TBS版(2009年)[編集]

橋田壽賀子ドラマ となりの芝生
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2009年7月1日 - 2009年9月16日
放送国 日本の旗 日本
制作局 ドリマックス・テレビジョン
TBS
演出 荒井光明
山崎統司
脚本 橋田壽賀子
プロデューサー 荒井光明
遠藤正人
出演者 瀬戸朝香
泉ピン子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は2時間スペシャル(21:00 - 22:48)。
テンプレートを表示

2009年7月1日から9月16日までTBSドリマックス・テレビジョンの共同制作により、TBS系列水曜劇場枠に於いて『橋田壽賀子ドラマ となりの芝生』のタイトルで瀬戸朝香主演、泉ピン子共演でリメイクされた。初回は2時間スペシャル(21:00 - 22:48)を放送した。脚本はNHK版と同様、橋田が担当する。また、瀬戸は14年ぶりの民放の連続ドラマ主演となる[2]

キャッチコピーは『生みの親より夫の親?』。

キャスト[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各回 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 備考
第一回 2009年7月1日 不朽の名作が33年ぶりに完全復活…
甦る嫁姑対決
荒井光明 11.4% 54分拡大
第二回 2009年7月8日 山崎統司 9.8%
第三回 2009年7月15日 9.0%
第四回 2009年7月22日 荒井光明 10.2%
第五回 2009年7月29日 9.2%
第六回 2009年8月5日 山崎統司 9.8%
第七回 2009年8月12日 8.1%
第八回 2009年8月19日 荒井光明 8.5%
第九回 2009年8月27日 8.9%
第十回 2009年9月2日 傷ついた夫の反乱 山崎統司 8.7%
第十一回 2009年9月9日 壊れた夫婦の行方 荒井光明 9.5%
最終回 2009年9月16日 嫁と姑の決断 12.0%
平均視聴率9.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)
  • 数字は関東地区ビデオリサーチ調べ。
  • 水曜劇場』第二期では、当作品の初回と第4回と最終回だけではあるが初めて2桁視聴率を出した。
  • 平均は1桁だったものの、2桁近くを確保、前作「夫婦道」の平均を2ポイント以上上回った。
  • 第2回以降、サブタイトルがなくなったが、第10回から再びサブタイトルが付くようになった。

備考[編集]

  • テーマ音楽を担当する門藤の2人が鳥取県出身であることから、BSSでは通常の番宣CMとともに門藤の2人の紹介による番宣CM(15秒)も放映された。

参考資料・脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

NHK 銀河テレビ小説
前番組 番組名 次番組
となりの芝生
TBS 水曜劇場
夫婦道
(第2シリーズ)

(2009年4月15日 - 2009年6月24日)
橋田壽賀子ドラマ
となりの芝生
(2009年7月1日 - 2009年9月16日)
浅見光彦〜最終章〜
(2009年10月21日 - 2009年12月16日)