娘が家出した夏 家庭ってなァに?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
娘が家出した夏 家庭ってなァに?
ジャンル テレビドラマ
脚本 砂田量爾
演出 市川哲夫鈴木利正
出演者 名取裕子佐藤英夫馬渕晴子奥田英二石原真理子難波克弘手塚さとみ加茂さくら ほか
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年7月1日〜1981年8月12日
放送時間 水曜日21:00〜21:54
放送枠 水曜劇場 (TBS)
放送分 54分
回数 7

娘が家出した夏 家庭ってなァに?』(むすめがいえでしたなつ かていってなぁに)は、1981年昭和56年)7月1日から1981年8月12日までの間、TBS系列の『水曜劇場』枠で放送されたテレビドラマである。全7話。

概要・内容[編集]

原作は藤原審爾の著作『落ちこぼれ家庭』(新日本出版社)。当時の社会における、家庭の意味とは何かを問いかけたシリアスな人間ドラマ[1]

東京都内にある名谷家はごく平凡な夫婦共稼ぎの一家で、一戸建てのマイホームに住んでいる。3人の子供たちも素直で順調に育っているように見えたが、ある日、高校3年の長女・宗子が突然家出。両親は最初その家出の原因がわからず戸惑ったが、宗子の日記に「私の家に"家庭"はない」と書き残されているのが見つかった[1]。宗子は亜子と一緒にアパートの一室を借りて自立した生活を始める。一方名谷家では、別居している長男・裕士を呼び寄せて話し合いをするが…。幸せそうに見えた一家は次第に崩れ始めていく[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出
第1話 1981年7月1日 家庭ってなァに? 市川哲夫
第2話 1981年7月8日 私を探さないで
第3話 1981年7月15日 父の恋人 鈴木利正
第4話 1981年7月22日 ずぶ濡れの激情 市川哲夫
第5話 1981年7月29日 日曜日の訪問者 鈴木利正
第6話 1981年8月5日 眠れない夜 市川哲夫
第7話 1981年8月12日 娘たちの明日 鈴木利正

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1981年7月1日 朝日新聞テレビ欄の本作の紹介記事より。
  2. ^ 1981年7月1日 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞各テレビ欄、『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)