石原真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしはら まりこ
石原 真理子
別名義 Marie Ishihara
生年月日 (1964-02-04) 1964年2月4日(58歳)
出生地 日本の旗 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 女優
活動期間 1980年 -
活動内容 1980年:「翔んだカップル
1983年:「ふぞろいの林檎たち
1993年:改名して再活動
2004年:「英語でしゃべらナイト
2006年5月31日:再び改名
6月:本格的に復帰
12月自伝ふぞろいな秘密)を発表
2009年8月24日:再々改名
配偶者
公式サイト 「ふわっとした瞬間」marieIshIhara真理子オフィシャルブログ
主な作品
テレビドラマ
ふぞろいの林檎たち  
映画
Apartment Fantasy めぞん一刻
十手舞
テンプレートを表示

石原 真理子(いしはら まりこ、1964年2月4日 - )は、日本女優

過去に芸名を石原 真理絵(いしはら まりえ)、石原 真理(いしはら まり)として活動していた時期もある。 2003年に米国人男性と結婚、デロウ真理絵となる[1]

略歴[編集]

東京都大田区田園調布生まれ。

聖心女子学院初等科を経て同中等科・高等科在学中、高校2年時にスカウトされ、「翔んだカップル」(1980年)のヒロインとして、「石原真理子」名義でデビュー。代表作となる「翔んだカップル」やテレビドラマ「ふぞろいの林檎たちシリーズ」などで、清純派女優として人気を得た。一方で「ぷっつん女優」の1人とも言われ、その破天荒な言動は注目を浴びた。

1985年、19歳の時にミュージシャン玉置浩二との交際が発覚。石原は記者会見を行い事実を認めたが、1986年9月に破局した[2]

1989年に渡米。現地の大学で心理学天文学を学び卒業する。1993年より石原真理絵に改名。大学卒業後も米国に留まり、ホテルなどの家具を修理保善する会社でアルバイトをしつつ女優としてのオファーがあると日本に戻り仕事をするという生活を2006年頃まで続けた。2003年夏に造園や建築の会社に勤務する16歳年下の米国人男性(白人)と結婚。しかし、2004年12月に破局。これを機に帰国し、同年末より幾つかの日本のテレビ番組や、語学バラエティ「英語でしゃべらナイト」に出演し、流暢な英会話を披露した。

2006年5月31日に石原真理子に芸名を戻し、6月より本格的に復帰した。

2006年12月、全盛期である1980年代の自身のことを中心に綴った自伝ふぞろいな秘密」を発売。そのセンセーショナルな内容や、刊行時に外国特派員協会において日本の女優として初めて記者会見を開き、全編英語の演説を45分間披露し、質疑応答をした。また、同著書を原作とした実写映画を翌年に公開する予定であり、石原自らが監督を務めることを発表した。2007年5月の映画版公開までのおよそ半年間、ワイドショースポーツ紙などで話題となった。しかし、ライターの吉田豪によると、書籍の販売を伸ばすため性的な関係が加筆され、"不本意な形で出版された""自身が書いたものではない"と石原は吉田に明かしたという。

2009年2月25日、かつて交際していた玉置浩二と23年の時を経て復縁したことが報じられ、翌26日に都内の区役所に婚姻届けを提出した。同年4月にギリシャで挙式、新婚旅行は世界各地を巡る旅であった。しかし、7月に訪れた韓国で玉置と諍いを起こし、置き去りにされたという。8月24日、石原真理に芸名を変更。9月4日、玉置と破局したことが報じられた。また、前夫である米国人男性と正式に離婚が成立していなかった(婚姻継続状態)ため、2月に提出した玉置との婚姻届けは受理されていなかったことも併せて報じられた[3]

2017年2月24日にオフィシャルブログで石原真理子と戻すことを発表。アルファベットの場合、名義をMarie Ishiharaとする。

2017年8月3日、同年7月18日に墨田区内のスーパーにおいて弁当など数点を盗んだ疑いで警視庁に任意で聴取され、8月4日に書類送検されることが明らかになった[4][5] 。同年11月29日、不起訴処分となったことが報じられた[1]

出演[編集]

映画
テレビ(連続ドラマ)
テレビ(単発ドラマ)
  • ゆずり葉物語(1981年、NHK総合) - 弘子 役
  • 梢のむこうに 秋(1982年10月24日、TBS) - 女子大生・ヨウコ 役
  • 虞美人草 まぼろしの愛に果てた紫の女!(1984年1月7日、TBS) - 糸子 役
  • 燃えて散る〜炎の剣士 沖田総司(1984年4月2日、日本テレビ) - 謎の女 役
  • 宣告(1984年5月19日、TBS)
  • 夜中の薔薇(1985年1月16日、TBS) - 山縣陽子 役
  • さんまの花ムコ見習試験(1987年4月1日、TBS) - 戸田則子 役
  • 結婚式 懲りない女と男たちの記念日(1987年12月30日、TBS) - マリコ 役
  • スペアのない恋がしたい…(1989年3月21日、日本テレビ)
  • カディスの赤い星(1992年3月13日、フジテレビ)
  • 金曜エンタテイメント 浅見光彦シリーズ13 津軽殺人事件(2001年11月30日、フジテレビ) - 石井靖子 役
  • どケチ弁護士 山田播磨の事件簿(2006年11月13日、TBS) - 北里依江 役
テレビ(声優)
  • ナイン(1983年5月4日、フジテレビ) - 中尾百合 役
ラジオ
  • キリンラジオ劇場(1982年2月22日より10回)
CM

ディスコグラフィー[編集]

  • アルバム「北岬 -north cape-」(1982年)
    • 感傷フェリー/迷いたくないの/赤いかざ車/遠い週末/Mandag. 月曜日/おぼえたて lonesome time
  • シングル「ポプリの小瓶」(1983年6月1日) 資生堂CMソング
    • ポプリの小瓶/夢の隠し場所、何処?
  • サウンドトラック「めぞん一刻」(1986年10月25日)
    • 想い・で

著書・写真集[編集]

  • 北岬 -north cape-(1982年11月、学研
  • 女優(1986年10月、芳賀書店)
  • Marie!(1993年10月、竹書房
  • MARIE PURE HEART(2000年10月、小学館
  • ふぞろいな秘密(2006年12月6日、双葉社
  • 石原真理子 永遠のマーメイド デジタル写真集(2008年10月1日、小学館)

脚注[編集]

  1. ^ a b 万引の容疑で書類送検の石原真理子さん不起訴 東京地検”. 産経ニュース (2017年11月29日). 2021年12月12日閲覧。
  2. ^ 玉置浩二 DVで石原真理をマインドコントロールしていた!?”. NEWSポストセブン (2012年5月21日). 2021年12月11日閲覧。
  3. ^ 玉置浩二と石原真理が6カ月で破局”. 日刊スポーツ (2009年9月4日). 2021年12月12日閲覧。
  4. ^ 石原真理子「おなかすいて」スーパーでの万引認める”. 日刊スポーツ (2017年8月3日). 2021年12月12日閲覧。
  5. ^ 石原真理子 万引き騒動で実母直撃&「現ブツ」を実食”. アサ芸プラス (2017年8月15日). 2021年12月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]