しあわせ戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しあわせ戦争
ジャンル テレビドラマ
脚本 田向正健
演出 前川英樹、高畠豊、井下靖央、山田護
出演者 三浦友和秋吉久美子古手川祐子中村敦夫加賀まりこ ほか
オープニング 財津和夫『一枚の絵』
製作
プロデューサー 宮武昭夫
制作 TBSテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年9月3日〜1980年12月24日
放送時間 水曜日21:00〜21:54
放送枠 水曜劇場 (TBS)
放送分 54分
回数 17

しあわせ戦争(しあわせせんそう)は、TBS系列で1980年9月3日から1980年12月24日まで放映されていたテレビドラマ。毎週水曜日21:00 - 21:54の、『水曜劇場』の枠で放映されていた。全17話。

概要[編集]

舞台はラジオ局「ラジオ東洋」で、そこのラジオ番組「青春リポート990」の制作スタッフである大原隆(ディレクター)、京子(プロデューサー)、晴夫、小笠原(チーフプロデューサー)らが中心。この番組を通して浮き彫りにされる失恋、家出、自殺など若者たちの悩み、怒り、事件などを交えて、若者たちのひた向きに生きる様などを描いた。

タイトルの「しあわせ戦争」は「青春を燃やして大きな幸せをつかむために戦う若者たち」の意味によるものとされている[1]

なお、本作は当初「全25回」とされていたが[2]、17回で終了した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 財津和夫『一枚の絵』(作詞・作曲・編曲:財津和夫)
    • 挿入歌:財津和夫『そして また あなたへ』(作詞・作曲・編曲:財津和夫)

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 ゲスト
第1話 1980年9月3日 放火魔 前川英樹 野上寛子:吉田康子、野上逸男:土門峻
第2話 1980年9月10日 走る女 高畠豊 野上逸男:土門峻
第3話 1980年9月17日 未婚の父 井下靖央 三郎:奥田英二
第4話 1980年9月24日 男・女・男 山田護 三郎:奥田英二、英子:森下愛子
第5話 1980年10月1日 カラオケの女王 前川英樹 晴絵:三宅悦子
第6話 1980年10月8日 ニセ女子高生 高畠豊 岸本衆:吉田拓郎
第7話 1980年10月15日 ラジオ結婚式 井下靖央
第8話 1980年10月22日 ひとり寝の子守唄 山田護 愛子:結城しのぶ、久保田昭二:市山登
第9話 1980年10月29日 記憶喪失 前川英樹 富子:本山可久子宅麻伸
第10話 1980年11月5日 花婿・六十三歳 高畠豊 信太郎:下元勉、秀子:影山仁美、啓二:奥野匡
第11話 1980年11月12日 秘密特集 前川英樹 佐久間:奥村公延、佐久間恵美:青木菜々
第12話 1980年11月19日 女たちの反乱 山田護 万里子:秋山裕美
第13話 1980年11月26日 自転車泥棒 高畠豊 茂樹:二戸義則
第14話 1980年12月3日 結婚詐欺 前川英樹 洋子:萩尾みどり
第15話 1980年12月10日 爆発 山田護 柿沼善郎:佐久田脩
第16話 1980年12月17日 怒り 高畠豊 柿沼善郎:佐久田脩
第17話 1980年12月24日 出発 前川英樹

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1980年9月3日 読売新聞テレビ欄での本番組の紹介記事より。
  2. ^ 1980年9月3日 毎日新聞テレビ欄での本番組の紹介記事より。
TBS 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
しあわせ戦争