娘はむすめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
娘はむすめ
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 山本和夫、伊藤勇、服部晴治、片島謙二、宮田吉雄、秋山征夫
脚本 窪田篤人松田暢子
出演者 曽我廼家明蝶ほか
1973年9月12日から同年同月26日まで
放送時間 水曜21:30 - 22:25(55分)
放送期間 1973年9月12日 - 同年同月26日(3回)
1973年10月から1974年1月まで
放送時間 水曜21:00 - 21:55(55分)
放送期間 1973年10月3日 - 1974年1月9日(14回)
テンプレートを表示

娘はむすめ』(むすめはむすめ)は、1973年9月12日から1974年1月9日までTBS系列の『水曜劇場』で放送されたテレビドラマ。全17回。

概要[編集]

東京下町深川を舞台に、片岡理髪店の主人で男やもめの片岡留太郎と五人の娘たちが繰り広げる、娘たちの恋や愛、対立などを描いたホームドラマ

一子と二子が中心になり、理髪店の半分を使って美容院「ひふみ」を開店した。そのため、これに反対していた留太郎は朝から機嫌が悪い…[1]

放送時間[編集]

放送期間 放送時間(JST
1973.9.12 1973.9.26 水曜21:30 - 22:25
1973.10.3 1974.1.9 水曜21:00 - 21:55

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本
  • 演出
    • 山本和夫(第1話)
    • 伊藤勇(第2、第4~6、第17各話)
    • 服部晴治(第3、第7、第11、第15各話)
    • 片島謙二(第12話)
    • 宮田吉雄(第14話)
    • 秋山征夫(第16話)
  • 制作:TBS

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:読売新聞朝日新聞毎日新聞京都新聞 各縮刷版、週刊TVガイド(1973年9月~1974年1月)
TBS系列 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
時間ですよ
(第3部)
娘はむすめ
TBS系列 水曜21:00 - 21:30枠
みんなで歌おう'73
【90分繰り上げ】
娘はむすめ
(1973.10.3 - 1974.1.9)
寺内貫太郎一家
(21:00 - 21:55)
TBS系列 水曜21:30 - 21:55枠
時間ですよ(第3部)
(21:30 - 22:25)
娘はむすめ
(1973.9.12 - 1974.1.9)
寺内貫太郎一家
(21:00 - 21:55)
TBS 水曜21:55 - 22:00枠
時間ですよ(第3部)
(21:30 - 22:25)
娘はむすめ
(1973.9.12 - 9.26)
【ここまでネットワークセールス】
お天気メモ
【30分繰り上げ】
【ここから関東ローカル
TBS系列 水曜22:00 - 22:25枠
時間ですよ(第3部)
(21:30 - 22:25)
娘はむすめ
(1973.9.12 - 9.26)
炎の旅路
(22:00 - 22:30)
【ここから木下恵介アワー