安井かずみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安井 かずみ
出生名 安井 一美
別名 みナみかずみ
ZUZU
生誕 1939年1月12日
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
死没 1994年3月17日(満55歳没)
学歴 文化学院油絵科卒
ジャンル J-POP
職業 作詞家
訳詞家
エッセイスト
歌手
活動期間 1960年代 - 1994年
共同作業者 加瀬邦彦
平尾昌晃
加藤和彦

安井 かずみ(やすい かずみ、1939年1月12日 - 1994年3月17日)は、神奈川県横浜市出身の作詞家、訳詞家、エッセイスト歌手。本名は漢字で一美。愛称はズズ(ZUZU)。初期のペンネームみナみ カズみ[1]

数々の有名人からも人望が厚く、信仰の厚い日本基督教団クリスチャンでもあった。

略歴[編集]

フェリス女学院高等学校文化学院油絵科卒業。女流画家を目指していたが、在学中にみナみカズみのペンネームで神田のシンコーミュージックでアルバイトで訳詞をしたことがきっかけで作詞家となる。フランス語の訳詞ができる数少ない語学力と独特の発想による歌詞世界で知られる。

1965年 - 伊東ゆかりの「おしゃべりな真珠」で第7回日本レコード大賞作詞賞を受賞。以降、小柳ルミ子の「わたしの城下町」など数々のヒット曲を送り出し、多くの賞を受賞した。作詞した作品の総数は約4000曲にものぼる。

海外旅行がめずらしかった当時、世界中を旅をして、貴族や有名人と優雅な生活を送った。

1967年 - ローマにて青年実業家と結婚するも、翌年ニューヨークにて離婚。

1969年 - パリに暮らし、1971年に帰国。

1970年代 - 川口浩が経営するプール付きマンション「川口アパートメント」に入居、親友加賀まりこ野際陽子コシノジュンコかまやつひろし吉田拓郎金子国義や当時のトップモデルなど多くの業界人が集った。豪快な車の運転も有名で、酔っ払ってフェラーリをぶつけ「いいの、次はペダルカーに乗るから」と言ったという逸話もある。

親友加賀まりことともにレストラン『キャンティ』常連組の一人。また、小説家の森瑶子とも親交が厚かった。

1977年 - 安井より8歳年下でミュージシャン加藤和彦と再婚。優雅なライフスタイルで公私ともに行動を共にし、憧れの夫婦として支持された。

コンスタントにエッセイストとしても活動したが、発癌し余命1年宣告で夫の緩和治療の希望のままに、1994年3月17日肺癌のため55歳の若さで逝去。「金色のダンスシューズが散らばって、私は人形のよう」が絶筆であった。

2012年3月 - NHK「ハイビジョン特集」にて安井の闘病生活を題材にした単発ドラマ「優雅な生活が最高の復讐である」が放映される。安井役を麻生祐未、加藤役を袴田吉彦が演じる。

作品[編集]

作詞[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行以降[編集]

その他[編集]

訳詞(みナみカズみ名義を含む)[編集]

アルバム[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『空にいちばん近い悲しみ』新書館 1970年
  • 『空にかいたしあわせ』新書館 1971年
  • 『私のなかの愛』大和書房 1972年 のち女性論文庫 
  • 『愛のめぐり逢い』大和書房 1974年
  • 『愛の回転扉』大和書房 1975
  • 『TOKYO人形』1975年
  • 『大恋愛 :女、20歳からどう生きるか』主婦と生活社・21世紀ブックス 1976年
  • 『愛―それから先のことは』大和書房 1977年
  • 『エイプリル組曲―長編小説』光文社 1978年
  • 『自由という名の服を着た女』大和書房 1980年
  • 『こだわり派女性感覚―いつのまにかレディ』青春出版社 1982年 『自分を愛するこだわりレッスン―女の人生を豊かに楽しむために』PHP文庫 
  • 『私生活―私を変えた45章』光文社 1982年
  • 『テニスでグッドモーニング』大和書房 1983 おいしいlife ing…
  • 『安井かずみの作詞教室』光村図書・朝日カルチャー叢書 1984年
  • 『女の生きごこち見つけましょ―今日が人生そのものよ』リヨン社1986年
  • 『女の楽しい結婚方法(バイブル)―その愛、仕事、生き方…』大和出版 1988年
  • 『女の素敵な生き方の選択(チョイス)―恋も仕事も旅もする』大和出版、1989年
  • 『安井かずみのおしゃれ泥棒―ファッション感覚、グレード・アツプしませんか』大和出版 1990年 のち福武文庫 
  • 『30歳で生まれ変わる本―本当の大人になるために』PHP研究所 1990年 のち文庫 
  • 『女は今、華麗に生きたい―もっと真剣(シリアス)に、もっと積極的(アクティブ)に』大和出版 1990年
  • 『贅沢に、美しく大人の女―自分をもっと豊かに生きる』大和出版 1991年 のち福武文庫 
  • スカーレット・オハラのように生きてみませんか』PHP研究所 1992年 のち文庫 
  • 『愛、経験してますか?―自分らしく、しっかり、幸せ』PHP研究所 1993年
  • 『人生の歩き方―あなたは、どう生きたいか?』大和出版 1993年
  • 『安井かずみの旅の手帖―私を変えたとびきりの出会い』PHP研究所 1994年
  • 『ありがとう!愛―ガン告知・夫婦愛・信仰 心の軌跡を綴る最後の日記』大和書房 1994年
  • 『愛の詩(うた)―安井かずみ作品集』芸文社 1994年
  • 『たとえば好きたとえば嫌い 安井かずみアンソロジー』近代ナリコ編 河出書房新社 2011

共著・編著[編集]

  • 『加藤和彦、安井かずみのキッチン&ベッド―料理が好きで、人生が好きで...生活エンジョイ派のメニューブック』主婦と生活社 21世紀ブックス 1977年
  • 『おんなの遊び編集室』編著 講談社 1979年
  • 『ワーキングカップル事情』リクルート情報出版 1984年 ※加藤和彦との共著 のち新潮文庫 
  • 『ニューヨーク・レストラン狂時代』渡辺音楽出版 1987年 ※加藤和彦との共著
  • 『ヨーロッパ・レストラン新時代』渡辺音楽出版 1990年 ※加藤和彦との共著
  • 『カリフォルニア・レストラン夢時代』渡辺音楽出版 1991年 ※加藤和彦との共著

関連書籍[編集]

テレビ[編集]

  • 作詞家安井かずみ(NHK 2009年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、彼女以外にも共有されていた可能性が非公式に示唆されている。