サマルカンド・ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田拓郎 > 吉田拓郎の作品一覧 > サマルカンド・ブルー
サマルカンド・ブルー
吉田拓郎スタジオ・アルバム
リリース
録音 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
ジャンル フォークソング
レーベル フォーライフ
プロデュース 加藤和彦安井かずみ
チャート最高順位
吉田拓郎 年表
吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋
1985年
サマルカンド・ブルー
(1986年)
MUCH BETTER
1988年
テンプレートを表示

サマルカンド・ブルー 』は、1986年9月5日に吉田拓郎がリリースしたオリジナル・アルバムである。

解説[編集]

  • プロデューサー、アレンジャーに加藤和彦を迎えたアルバム。1986年4月28日レコーディングのためニューヨークへ。5月17日帰国。
  • 全曲作詞を安井かずみ、編曲を加藤和彦が担当し、ライブ活動休止中に発売された。
  • レコーディング中、安井は拓郎に「あなたはライオンなんだからもっと雄々しく」「もっとセクシーに」と何度も歌い方に注文をつけた。
  • サマルカンドというのはウズベキスタンの都市の名前である。別名青の都と呼ばれているためこのようなアルバムタイトルになった。

収録曲[編集]

作曲に関して特記がないものは吉田拓郎。作詞は全て安井かずみ、編曲は全て加藤和彦。

  1. レノン症候群 
    吉田が影響を受けたジョン・レノンが歌詞の中に登場する。
  2. サマルカンド・ブルー
  3. パラレル 
    作曲:加藤和彦
  4. ロンリー・ストリート・キャフェ
    作曲:加藤和彦
  5. 七つの夜と七つの酒
  6. 時は蠍のように 
    作曲:加藤和彦
  7. 風のダイアローグ
  8. 君の瞳に入りたい
  9. 初夏'76
  10. 人生キャラバン

関連項目[編集]