唇をかみしめて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吉田拓郎 > 吉田拓郎の作品一覧 > 唇をかみしめて
唇をかみしめて
吉田拓郎シングル
初出アルバム『吉田拓郎ベスト60』
B面 c/w収録なし (EPレコード)
ジャスト・ア・RONIN (8cmCD)
リリース
規格 EPレコード
8cmCD (1988年)
ジャンル ニューミュージック
レーベル FORLIFE
作詞・作曲 吉田拓郎
チャート最高順位
吉田拓郎 シングル 年表
サマータイムブルースが聴こえる
1981年
唇をかみしめて
1982年
あいつの部屋には男がいる
1983年
テンプレートを表示

唇をかみしめて」(くちびるをかみしめて)は、吉田拓郎シングル1982年3月21日発売。発売元はフォーライフ・レコード(現・フォーライフミュージックエンタテイメント)。

解説[編集]

  • 日本レコード業界初の片面レコードとして発売された。当時日本において一般的なシングルレコードの価格は1枚700円であったが、本作は貸しレコード業界への対抗策として1枚400円で販売された[1][2]
  • 武田鉄矢が原作・脚本・主演した映画『刑事物語』の主題歌。武田から直々に依頼されこの映画のために描き下ろされ[2]、歌詞の内容が全編拓郎が育った広島県の方言である広島弁を用いたため話題を呼んだ。当初は、吉田の起用は武田以外のスタッフは懐疑的で広島弁の歌詞も「広島が舞台でもないのにおかしい」と否定的であった。それに不満を持った武田は「実際に流して」と恋人との別れのシーンに合わせて流すと皆泣き始め即決となった。また、拓郎本人も鑑賞後に「いい作品にめぐり合えていい仕事が出来た」と語っている。
  • シングルと映画エンディングで流れる曲は別テイクであり、映画で使用されたテイクは1984年に発売されたベスト・アルバム『吉田拓郎ベスト60』に収録されている。
  • 編曲にクレジットされている「広島二人組」は拓郎と青山徹のことで[3]、ギターも青山が演奏しておりレコードジャケットにも記載されているが、発売当時のチラシでは編曲の名義が「吉田拓郎・青山徹」とクレジットされている[4][2]
  • 1988年5月21日8cmCDへとフォーマットを変えて再発売された。カップリングに同じ武田が脚本・出演した映画『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』の主題歌である「ジャスト・ア・RONIN」が収録されている。

収録曲[編集]

EPレコード盤[編集]

  1. 唇をかみしめて
    作詞・作曲:吉田拓郎 編曲:広島二人組

8cmCD盤[編集]

  1. 唇をかみしめて
    作詞・作曲:吉田拓郎 編曲:広島二人組
  2. ジャスト・ア・RONIN (吉田拓郎・加藤和彦
    作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦 編曲:瀬尾一三

収録ディスク[編集]

アルバム[編集]

『吉田拓郎ベスト60』(1984年)

『The 吉田拓郎』(1985年)

『Songs』(1988年)

LIFE』(1996年)

吉田拓郎 THE BEST PENNY LANE』(1999年)

『PURE BEST』(2001年)

拓郎ヒストリー』(2007年)

カバー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]