アジアの片隅で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉田拓郎 > 吉田拓郎の作品一覧 > アジアの片隅で
アジアの片隅で
吉田拓郎スタジオ・アルバム
リリース
録音 日本の旗 日本
Rock Well Studio
Hitokuchizaka Studio
日本武道館(#4)
ジャンル ニューミュージック
レーベル フォーライフ
プロデュース 吉田拓郎
チャート最高順位
吉田拓郎 アルバム 年表
Shangri-La
(1980年)
アジアの片隅で
(1980年)
ONLY YOU
1981年
『アジアの片隅で』収録のシングル
  1. 元気です
    リリース: 1980年11月5日
テンプレートを表示

アジアの片隅で』(アジアのかたすみで)は、吉田拓郎の11枚目のスタジオアルバム1980年11月5日フォーライフから発売された。

制作[編集]

岡本おさみが作詞を、青山徹が編曲を手がけた作品が主になっていることもあり、前作の『Shangri-La』から一変して、硬派な印象を持つアルバムとなった。

このアルバム以降、作詞:岡本おさみ・作曲:吉田拓郎コンビで複数の楽曲を発表するのは、1996年のアルバム『感度良好 波高し』まで途切れている[注釈 1]

収録曲[編集]

  1. まるで孤児のように
  2. いつも見ていたヒロシマ
  3. 古いメロディー
    編曲:吉田拓郎
    • 1979年末に「古い歌はもう歌わない」と宣言したが、この楽曲で前言撤回したような歌詞となっている。実際に、当アルバム発売前後に行われているツアーでは1970年代の曲が歌われるようになっている。
  4. アジアの片隅で
    編曲:松任谷正隆
  5. 二十才のワルツ
    作詞:吉田拓郎、編曲:青山徹・大村雅朗、ストリングスアレンジ:大村雅朗
  6. いくつもの朝がまた
  7. ひとつまえ
    作詞:吉田拓郎
  8. 元気です
    作詞:吉田拓郎、編曲:青山徹・大村雅朗、ストリングスアレンジ:大村雅朗
  9. この歌をある人に
    作詞:松本隆、編曲:徳武弘文

参加ミュージシャン[編集]

アジアの片隅で

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この間に、1985年に発売された『俺が愛した馬鹿』に収録の「LAST KISS NIGHT」の1曲のみ提供している。

出典[編集]

  1. ^ きくち伸話”. 2021年1月28日閲覧。
  2. ^ 元気です!”. テレビドラマデータベース. 2022年2月28日閲覧。