伽草子 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伽草子
よしだたくろうシングル
初出アルバム『伽草子
B面 こんなに抱きしめても
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル Odyssey/CBS Sony
チャート最高順位
よしだたくろう シングル 年表
おきざりにした悲しみは
(1972年)
伽草子
(1973年)
金曜日の朝
(1973年)
収録アルバム伽草子
からっ風のブルース
(1)
伽草子
(2)
蒼い夏
(3)
テンプレートを表示

伽草子」(おとぎぞうし)は、1973年6月21日に発売されたよしだたくろう(現・吉田拓郎)の通算7枚目のシングル。

解説[編集]

ジャケット写真は黒い木製の椅子に座った吉田が将棋を指すものである。

「伽草子」の作詞者の白石ありすは、最初この曲の詞を「たまねぎ」「どうやら私は街が好きらしい」のそれぞれの詞と共に山平和彦の元へ持って行ったが、「たまねぎ」と「どうやら - 」の二篇は受け取ってもらえたものの、この曲の詞については「曲想が湧かない」ということで受け取ってもらえず、改めて吉田の元へ持って行き、受け取ってもらえたという経緯がある[1]

収録曲[編集]

  1. 伽草子
    作詞:白石ありす
  2. こんなに抱きしめても
    作詞:岡本おさみ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 深夜放送ファン(自由国民社)1973年9月号 p.82 - 83 本人インタビュー