たどりついたらいつも雨ふり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たどりついたらいつも雨ふり
モップスシングル
初出アルバム『モップスと16人の仲間』
B面 くるまとんぼ・アンドロメダ
リリース
ジャンル サイケデリック・ロック
レーベル 東芝音楽工業 / LIBERTY
作詞・作曲 吉田拓郎
チャート最高順位
モップス シングル 年表

(1972年)
たどりついたらいつも雨ふり
(1972年)
フーズ・フー・イン・マイ・ライフタイム〜人生の香り
(1972年)
テンプレートを表示

たどりついたらいつも雨ふり」(たどりついたらいつもあめふり)は、モップスの12枚目のシングル。1972年7月5日発売。

解説[編集]

元々は吉田拓郎アマチュア時代に所属していたGSバンド「ダウンタウンズ」の曲で『第2回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト』に出場した際に演奏していた曲である。 タイトルも「好きになったよ女の娘」だった。

1970年前後はロックよりもフォークの方が、言葉を音楽に乗せるという点で先行していたため、フォークシンガーから楽曲提供を受けて、言葉を大事にする部分を残してロックを作ってみたらどうだろう、というホリプロのプロデューサー・奥田義行の発案を受けてアルバム『モップスと16人の仲間』(1972年7月5日発売)が製作された[1]。この中で吉田が上記の「好きになったよ女の娘」の歌詞を書きなおして提供した「たどりついたらいつも雨ふり」が飛び抜けて出来が良かったため、アルバム発売と同時にシングルカットして出した。オリコン週間チャート最高26位ながらも、約14万枚を売り上げ、モップス最大のヒットになった。1973年の公開の日活映画「濡れた荒野を走れ」では挿入曲として使用された。

星勝は「モップスが模索してきた日本のオリジナル・ロックがこの作品で、ある程度到達できた」と話している[1]

またこの曲は、後に多数のアーティストからカバーされている。提供者の吉田は1972年のアルバム『元気です。』と1997年セルフカバーアルバム『みんな大好き』(「吉田拓郎とLOVE2 ALL STARS」名義)でセルフカバーしている[注 1]

B面の「くるまとんぼ・アンドロメダ」は六文銭小室等及川恒平が提供した作品である。

収録曲[編集]

全編曲: モップス
#タイトル作詞作曲
1.たどり着いたらいつも雨ふり吉田拓郎吉田拓郎
2.くるまとんぼ・アンドロメダ及川恒平小室等

「たどりついたらいつも雨ふり」 (KODOMO BANDのシングル)[編集]

たどりついたらいつも雨ふり
KODOMO BANDシングル
初出アルバム『NO GIMMICK』
B面 NO GIMMICK
リリース
ジャンル ハードロック
レーベル キャニオン・レコード
SEE-SOW
作詞・作曲 吉田拓郎
KODOMO BAND シングル 年表
SILENT SURVIVOR
1986年
たどりついたらいつも雨ふり
(1986年)
カウントダウン
1988年
テンプレートを表示

日本ハードロックバンドKODOMO BANDが発売した10枚目のシングル。1986年12月28日発売。発売元はキャニオン・レコード / SEE-SOW。

解説[編集]

前作「SILENT SURVIVOR」から4ヶ月ぶりのシングル。

収録曲[編集]

全編曲: JICK
#タイトル作詞作曲
1.たどりついたらいつも雨ふり吉田拓郎吉田拓郎
2.NO GIMMICKJICKJICK

「たどり着いたらいつも雨降り」 (吉田拓郎のシングル)[編集]

吉田拓郎 > 吉田拓郎の作品一覧 > たどりついたらいつも雨ふり
たどり着いたらいつも雨降り
吉田拓郎シングル
初出アルバム『元気です。
B面 旅の宿
襟裳岬
リリース
規格 8cmCD
ジャンル フォーク
J-POP
レーベル Sony Records
作詞・作曲 吉田拓郎
吉田拓郎 シングル 年表
吉田町の唄
1992年
たどり着いたらいつも雨降り
1993年
純情
1993年
収録アルバム元気です。

(6)
たどり着いたらいつも雨降り
(7)
高円寺
(8)
テンプレートを表示

1993年10月1日発売。発売元はSony Records

解説[編集]

「たどり着いたらいつも雨降り」と「旅の宿」はアルバム『元気です。』から、「襟裳岬」は『今はまだ人生を語らず』からのシングルカット

収録曲[編集]

全作曲: 吉田拓郎
#タイトル作詞作曲・編曲編曲
1.たどり着いたらいつも雨降り吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎・石川鷹彦
2.旅の宿吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎・石川鷹彦
3.襟裳岬岡本おさみ吉田拓郎吉田拓郎

カバー[編集]

  • ザ・ベンチャーズ (1973年)
  • 子供ばんど (1986年、アルバム「NO GIMMICK」収録)
  • 氷室京介 (1988年、シングル「DEAR ALGERNON」収録)
  • ダウンタウンウンナンバンド (1991年)
  • THE POGO (1992年、シングル「たどり着いたらいつも雨降り」収録)
  • 山崎ハコ (1997年)
  • LUCA (2000年、シングル「SUICIDE EP」収録) - シークレットトラックとして収録されている。
  • 大友康平(2008年、アルバム『J-STANDARD 70's』収録)
  • (2008年、アルバム『猫5 フォーライフスペシャルエディション』)
  • 和田アキ子 (2008年、アルバム『わだ家』収録) - 鈴木ヒロミツの声がフィーチャーされている。
  • 西寺実(2009年)
  • 宝塚歌劇団(2010年、宙組公演「ファンキー・サンシャイン」の劇中でカバー。同作品の実況CDに収録。歌唱は大空祐飛[2]
  • ROLLY(2015年、カバーアルバム『ROLLY'S ROCK CIRCUS〜70年代の日本のロックがROLLYに与えた偉大なる影響とその影と光〜』収録[3]
  • ROLLY(2017年、アルバム『ROLLY COMES ALIVE!』収録)
  • Chage(2019年、アルバム『Feedback』収録) - 「あの時君は若かった」とのメドレー曲として収録されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 吉田版では「たどり着いたらいつも雨降り」と表記されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol.2、シンコーミュージック・エンタテイメント、2005年、p109、117
  2. ^ TCA MUSIC > 宙組 大劇場「ファンキー・サンシャイン」”. 宝塚歌劇音楽配信サービス TCA MUSIC. 2015年7月17日閲覧。
  3. ^ ROLLYがグラムロックで時代を駆ける「タイムマシンにおねがい」MV”. 音楽ナタリー (2015年7月15日). 2015年7月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]