及川恒平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
及川 恒平
生誕 (1948-08-14) 1948年8月14日(71歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道釧路市※生まれは北海道美唄市
学歴 青山学院大学文学部中退
ジャンル フォーク
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
活動期間 1970年 - 1980年代中盤
1990年代中盤 -
共同作業者 六文銭
公式サイト 及川恒平ホームページ

及川 恒平(おいかわ こうへい、1948年8月14日 - )は、日本のフォークシンガー札幌市在住。

略歴[編集]

北海道美唄市生まれ、釧路市出身。北海道釧路湖陵高等学校卒業、青山学院大学文学部中退[1]1970年ごろ、所属していた大学演劇部の関係から小室等率いる六文銭に加入。

代表曲「面影橋から」「夢のまた夢」「夏・二人で」「キングサーモンのいる島」「サーカスゲーム」などを作曲。

作詞・作曲のきっかけは、及川恒平に才能があることを見抜いた小室等が、まずは作詞をさせることから始め、「出発の歌」がヒットしたことから、作曲も勧めたという。[2] 小室哲哉は六文銭時代の及川の詞が好きだったと発言している[3]

グループ解散後、1972年ファーストアルバム『忘れたお話』(ベルウッド)を発表。編曲には瀬尾一三柳田ヒロらが参加。1974年セカンドアルバム『名前のない君の部屋』を発表。編曲は国吉良一が担当。1975年に『懐しいくらし』を発表。阿久悠の別荘を借りて宅録した作品で坂本龍一を編曲・ピアノに、元シュガー・ベイブ山下達郎大貫妙子をコーラスに迎え、シティポップ調のアルバムとなった。裏ジャケットの及川恒平の写真には、山下達郎の自主製作アルバムが写り込んでいる。同年には沢田研二のアルバム『いくつかの場面』に『U.F.O』他3曲の作詞(作曲はミッキー吉野ら)を提供している。その後、1976年ポリドール・レコードからアルバム『僕のそばにいなさい』を発表。編曲には惣領泰則松任谷正隆らが参加。以降も同年に渋谷ジァンジァンでのライブ盤『Live in JEAN JEAN』、翌年にグループ「ペーパーランド」などでのリリースを続けたが、1980年代はライヴ、リリース活動を休止し作家として事務所に所属して作詞に専念。この事務所マッドキャップは阿久悠と井上大輔が作った会社で、ここには惣領泰則や芹沢廣明大野克夫も所属していた。その後、この事務所を辞めテニスのインストラクターに転職する。

1990年代後半から、アルバム『引き潮』などのリリースや、ライヴ活動、六文銭の再開(小室等・四角佳子と)、テレビ出演など精力的に行っている。すぎやまこういち作品の作詞家でもあり、アニメ「ダイの大冒険」の主題歌『勇者よいそげ!!』やドラゴンクエスト関連の作詞を手がけている。また、大学演劇部先輩のイラストレーター北村魚(きたむら とと)とのコラボレーションの絵本も出版していた。近年は札幌市在住の歌人・糸田ともよの作品に曲をつけるなどの活動もある。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル
キングレコード・ベルウッド
1972年11月10日 EP OF-8 A 面影橋から
B 夢のまた夢
1973年5月 EP OF-12 A 雨が降りそうだなあ
B 何もしてあげられないよ
1973年9月 EP OF-16 A 面影橋から
B 忘れたお話
1974年6月 EP OF-25 A 東京暮色
B おやすみなさい
フィリップス
1975年 EP FW-1005 A 懐かしいくらし
B リエのこと

アルバム[編集]

発売日 規格 規格品番 アルバム 備考
1973年6月10日 LP 忘れたお話
  1. 首飾り・夜が走ってゆく
  2. もうひとつの世界
  3. 秋の日暮れに限っては
  4. 詩人の妻
  5. 糸が切れてしまった
  6. 忘れたお話
  7. 雨が降りそうだなあ
  8. シルクロード
  9. 何もしてあげられないよ
  10. ほろほろと
  11. 銀河スケッチ
1990年8月21日 CD KICS-2049
2012年10月3日 CD KICS-2562 2012年デジタルリマスター盤
1974年7月25日 LP 名前のない君の部屋
  1. 名前のない君の部屋
  2. 冬の音(糸車 風の音)
  3. 初めの頃
  4. ギリシャについて書かれた本
  5. 幼年時代
  6. 惑星
  7. 花の季節の歌
  8. 待ちぼうけ
  9. 東京暮色
  10. タイムマシン製造株式会社(C・M SONG)
  11. 星雲の群と僕等の会話と一体どっちが本当だっただろう
  12. おやすみなさい
2012年10月3日 CD KICS-2581 2012年デジタルリマスター盤
1975年 LP 海や山の神様たち -ここでも今でもない話-
  1. 長い長い昔話
  2. 神様の絵
  3. 天の滴
  4. ものおぼえのいい郵便屋さん
  5. 星のある川 (リコップオマナイ)
  6. 海を守る神様
  7. ピリカコタン
  8. コロポックル
  9. アイヌの宝物
  10. 火の子供達
  11. 丹頂鶴
  12. 神様だって
2007年6月21日 CD(紙ジャケ)
2008年5月21日 CD
1975年 LP FW-5003 懐かしいくらし
  1. 映画のように
  2. 懐しいくらし
  3. リエのこと
  4. 海岸通り
  5. シナモンの木
  6. 踊る人形
  7. 燃えながら飛んだよ
  8. さみだれ川
  9. 風の鳴る海
  10. アンコール
2003年1月22日 CD TKCA-72499
1976年5月21日 LP 僕のそばにいなさい
  1. 僕のそばにいなさい
  2. 夏のしるし
  3. 天の川
  4. 空飛べ
  5. 雨の糸
  6. にんじん
  7. 水に揺れる影
  8. 愛の発見
  9. 別物語
  10. 泣いている女
  11. 風が吹き抜けて

<ボーナス・トラック>

  1. 我が子よ
  2. それぞれの時代に
2007年10月24日 CD UPCY-6450 ボーナストラック2曲入
1976年 LP LIVE IN JEAN JEAN
  1. 降りしきる夢
  2. しあわせな町
  3. 四月が過ぎたら
  4. 春の海
  5. 街の中で
  6. 引潮
  7. 銀河鉄道
  8. くしゃくしゃのハンカチ
  9. 恋は桃色
  10. 僕のそばにいなさい
  11. 紅いランタン
2007年10月24日 CD UPCY-6451
1977年5月21日 LP PAPER LAND

※ 及川恒平とペーパー・ランド名義

2007年10月24日 CD UPCY-6452
1993年 CD STW-7002 みどりの蝉
  1. さみだれ川
  2. くつを繕う
  3. 冬のロボット
  4. かわのまつり
  5. みどりの蝉
  6. 引潮
  7. 水をあつめた
  8. りんご撫づれば
  9. きんのうお
  10. 歌よ
1997年6月11日 CD
1999年6月14日 CD STW-7006 ルノアールの雲
2001年10月20日 CD FFAC-1018 引き潮
2002年 CD しずかなまつり
2005年6月 CD ほしのはだ

著作[編集]

提供曲[編集]

作詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 及川恒平facebook
  2. ^ 富澤一誠著「青春のバイブル 魂を揺さぶられた歌」シンコーミュージック、1993年、98頁。ISBN-10: 4401614135。
  3. ^ NON-EDIT TALK : 忌野清志郎 * 小室哲哉 フジテレビ
  4. ^ 【あの時・斉藤由貴衝撃のデビュー】(1)「誘惑しても、いいですか?」 スポーツ報知、2017年4月11日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]