今はまだ人生を語らず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉田拓郎 > 吉田拓郎の作品一覧 > 今はまだ人生を語らず
今はまだ人生を語らず
よしだたくろうスタジオ・アルバム
リリース
録音
ジャンル
レーベル Odyssey/CBS Sony
プロデュース 吉田拓郎
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1975年度年間4位(オリコン)
  • 週間21位(オリコン、2022年盤)[1]
よしだたくろう アルバム 年表
よしだたくろう LIVE '73
1973年
今はまだ人生を語らず
(1974年)
ベスト・コレクション
1975年
『今はまだ人生を語らず』収録のシングル
  1. シンシア
    リリース: 1974年7月1日
テンプレートを表示

今はまだ人生を語らず』(いまはまだじんせいをかたらず)は、1974年12月10日吉田拓郎(当時はよしだたくろう)がリリースしたオリジナル・アルバムである。

背景[編集]

アルバムタイトルは、収録曲である「人生を語らず」の歌詞に由来し、森進一に提供した「襟裳岬」をはじめ、に提供した「戻ってきた恋人」、かまやつひろしとデュエットした「シンシア[注釈 2]」などが収録されている。

アルバムリリースは1974年末で、翌1975年にはツアーを行っていない。そのためアルバムリリースに合わせてライブツアーを行うという従来のパターンからは外れている。一方で、1975年夏の「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」ではこのアルバムからの全12曲が演奏されている。

音楽性[編集]

ペニーレインでバーボン[編集]

歌詞は政治色の強い内容となっている[2]

当時拓郎はバーボンに凝っており[3]、ペニーレインは、1974年にビートルズの楽曲である「ペニー・レイン」から店名を取ってオープンした原宿ジャズ喫茶で、拓郎が「ペニーレインでバーボン」と唄ったことで一躍脚光を浴び、"フォーク聖地"、"1970年代原宿の象徴"などといわれた[4][5][6]。フォーク、ニューミュージック系のミュージシャンやファッション関係者などの業界人が集い修学旅行のコースにもなった[4][6]。1990年に閉店したが、2006年に復活し、2014年現在も営業している[4][7]

2014年、拓郎ファンの重松清が初めて舞台原作となる「あの頃僕らはペニーレインで」を書き下ろし、朗読劇として5月上演される[4][6][7]

拓郎は1984年のアルバム『FOREVER YOUNG』で、アンサーソングである「ペニーレインは行かない」という曲を発表している。

再発売[編集]

1986年CD化され、1990年にはCD選書で再発売されたが、「ペニーレインでバーボン」の歌詞に「つんぼ桟敷[注釈 3]」という部分的に差別用語とも受け取れる言葉が含まれていることから、いずれも生産が中止された。

2006年に行われた『吉田拓郎 & かぐや姫 Concert in つま恋 2006』では、該当部分を「蚊帳の外」と歌い換え、この曲が披露された。また、2009年10月7日に完全生産限定で発売されたデビュー40周年記念CD-BOX『Takuro Premium 1971 - 1975』に収納された紙ジャケット盤には「ペニーレインでバーボン」は収録されておらず、タイトルも『今はまだ人生を語らず-1』となっている[9]

CDの発売中止が続き、実質廃盤状態だったが、2022年12月21日Sony Music Directから「ペニーレインでバーボン」を収録して復刻することが発表された[10]。2022年11月現在では、音楽配信でも『今はまだ人生を語らず-1』として発売されており、「ペニーレインでバーボン」以外の楽曲は正式音源で聴くことができる。

収録曲[編集]

  1. ペニーレインでバーボン
  2. 人生を語らず
  3. 世捨人唄
  4. おはよう
    • 作詞:岡本おさみ
  5. シンシア
  6. 三軒目の店ごと
  7. 襟裳岬
    • 作詞:岡本おさみ
  8. 知識
  9. 暮らし
  10. 戻ってきた恋人
  11. 僕の唄はサヨナラだけ
  12. 贈り物

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「三軒目の店ごと」のみ。
  2. ^ 南沙織の愛称で、「シンシア」は、彼女のクリスチャン・ネームである。
  3. ^ 本来は『江戸時代の劇場で、正面2階桟敷の最後方の席の事を指し、舞台に遠く、役者せりふがよく通らないところ』または『関係者でありながら情報や事情などを知らされないこと』を意味する言葉である[8]
  4. ^ シンシア」のみ。

出典[編集]