今はまだ人生を語らず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田拓郎 > 吉田拓郎の作品一覧 > 今はまだ人生を語らず
今はまだ人生を語らず
よしだたくろうスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル Odyssey/CBS Sony
プロデュース 吉田拓郎
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1975年度年間4位(オリコン)
よしだたくろう 年表
よしだたくろう LIVE'73
1973年
今はまだ人生を語らず
(1974年)
ベスト・コレクション
1975年
『今はまだ人生を語らず』収録のシングル
  1. シンシア
    リリース: 1974年7月1日
テンプレートを表示

今はまだ人生を語らず』(いまはまだじんせいをかたらず)は、1974年12月に吉田拓郎(当時はよしだたくろう)がリリースしたオリジナル・アルバムである。

解説[編集]

  • タイトルは「人生を語らず」の歌詞が由来。
  • 森進一に提供し大ヒットとなった「襟裳岬」、に提供した「戻ってきた恋人」、かまやつひろしとデュエットした「シンシア」(シンシアとは南沙織のこと)などが収録されている。
  • 1986年にCD化。1990年にはCD選書で再発売されたが、1曲目に収録されている「ペニーレインでバーボン」に「つんぼ桟敷」という差別用語とも受け取れる言葉が含まれていることから、いずれも生産が中止された。2006年に行われたつま恋コンサートでは、該当部分を「蚊帳の外で」と歌い換え、この曲が披露された。また、2009年10月7日に完全生産限定で発売されたデビュー40周年記念CD-BOX『Takuro Premium 1971 - 1975』に収納された紙ジャケット盤には「ペニーレインで〜」は収録されていない(タイトルも『今はまだ人生を語らず-1』となっている)[1]
  • ペニーレインは、1974年にビートルズの名曲から店名を取ってオープンした、原宿のジャズ喫茶で、拓郎が「ペニーレインでバーボン」と唄ったことで一躍脚光を浴び、"フォークの聖地"、"1970年代原宿の象徴"などといわれた[2][3][4]。フォーク、ニューミュージック系のミュージシャンやファッション関係者などの業界人が集い修学旅行のコースにもなった[2][4]。1990年に閉店したが、2006年に復活し、2014年現在も営業している[2][5]。2014年、拓郎ファンの重松清が初めて舞台原作となる「あの頃僕らはペニーレインで」を書き下ろし、朗読劇として5月上演される[2][4][5]
  • 「ペニーレインで〜」の歌詞の通り、当時拓郎はバーボンに凝っていた[6]
  • 拓郎は1984年のアルバム『FOREVER YOUNG』で、今度は「ペニーレインは行かない」という曲を歌っている。

収録曲[編集]

  • 全作詞・作曲:吉田拓郎(特記以外)
  1. ペニーレインでバーボン
  2. 人生を語らず
  3. 世捨人唄
  4. おはよう
    • 作詞:岡本おさみ
  5. シンシア
  6. 三軒目の店ごと
  7. 襟裳岬
    • 作詞:岡本おさみ
  8. 知識
  9. 暮らし
  10. 戻ってきた恋人
  11. 僕の唄はサヨナラだけ
  12. 贈り物

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sony Music Shop : Takuro Premium 1971 - 1975 - 参考リンク
  2. ^ a b c d pennylane | あの頃僕らはペニーレインで公式サイト ペニーレインとは
  3. ^ 70年代原宿の象徴 「ペニー・レイン」が復活 - 原宿新聞原宿ペニーレインを舞台化!! - 文化通信.com拓郎名曲の舞台 主演に“インディーズの歌姫”抜てき
  4. ^ a b c  『Vol.14 フォークソング+朗読劇 レコード会社の新しい試み』
  5. ^ a b 若者が憧れた 重松清「あの頃僕らはペニーレインで」:朝日新聞
  6. ^ 「よしだたくろうと10人の仲間たち」『深夜放送ファン』自由国民社、1973年9月号、p12-13