コンテンツにスキップ

感度良好 波高し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉田拓郎 > 吉田拓郎の作品一覧 > 感度良好 波高し
感度良好 波高し
吉田拓郎スタジオ・アルバム
リリース
録音 NAG Recording Services L.A.
Kannon-Zaki Marine Studio
Paradise Studio Komazawa
Paradise Studio East
ジャンル J-POP
時間
レーベル フォーライフ
プロデュース 吉田拓郎
チャート最高順位
吉田拓郎 アルバム 年表
LIFE
1996年
感度良好
波高し

(1996年)
みんな大好き
1997年
『感度良好 波高し』収録のシングル
  1. 遥かなる
    リリース: 1996年8月21日
テンプレートを表示

感度良好 波高し』(かんどりょうこう なみたかし)は、1996年8月21日吉田拓郎がリリースしたオリジナル・アルバム[1]

解説[編集]

ロサンゼルスでレコーディングが行われ、オリジナル・アルバムとしては前作『Long time no see』に続き2年連続となる。

2019年の時点では、1980年発売の『Shangri-La』も含めて通算3度目の海外レコーディングとなる。

オリジナル・アルバムで岡本おさみが全面的に作詞を担当するのは1980年発売『アジアの片隅で』以来。この間、岡本おさみとの共作は1985年に発売された『俺が愛した馬鹿』収録の「LAST KISS NIGHT」のみ。1991年発売の『detente』から作詞を担当した石原信一は、このアルバムをもって楽曲制作が最後となった。

収録曲[編集]

  1. ベイ・サイド・バー
    作詞:石原信一
  2. 今日までそして明日から
    作詞:吉田拓郎 編曲:瀬尾一三
  3. いつでも
  4. マンボウ
  5. 遥かなる
    作詞:石原信一 編曲:瀬尾一三
  6. センチメンタルを越えて
    作詞:石原信一 編曲:瀬尾一三
  7. 夢を語るには
  8. 心のままに
  9. 漂流記
    編曲:瀬尾一三
  10. この国JAPAN
    作詞:石原信一
  11. まァ取り敢えず
    作詞:阿木燿子 編曲:瀬尾一三

参加ミュージシャン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 感度良好 波高し”. タワーレコード. 2021年12月17日閲覧。
  2. ^ ラルゴ(1986/05~1993/05・GC22型)(1993/05~1999/06・W30型) CMについて教えて。”. 日産自動車. 2021年12月17日閲覧。
  3. ^ 日産「ラルゴ」のCM曲?”. CDジャーナル. 音楽出版社 (2001年8月6日). 2021年12月17日閲覧。