LOVE LOVE ALL STARS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

LOVE LOVE ALL STARS(ラブラブオールスターズ、LLAS)はフジテレビ系列の音楽番組『LOVE LOVEあいしてる』のバックバンド

LOVE LOVE ALL STARS
ジャンル J-POP
活動期間 1996年 - 2001年
2006年
共同作業者 吉田拓郎
篠原ともえ
メンバー 武部聡志
吉田建
鳥山雄司
野村義男
坂崎幸之助 (THE ALFEE)
ブラザートム
加藤いづみ
ほか

概要[編集]

リーダーやバンマスは特に決まっていなかったが、編曲は武部聡志を中心に吉田建 、鳥山雄司などが担当した。

LLASは回を重ねるごとに徐々に大所帯化していった。新メンバーが加入した場合には、番組オープニングテーマ後のゲスト紹介の後に紹介される。メンバーになったからといって毎回参加が義務付けられるわけではなく、それぞれ本業が多忙になった場合はそちらが優先された。基本的に「脱退」という概念がなく、自然的に出なくなった人物も多数いる。また、同番組はまとめ撮りすることも多かったため、1回収録を休むと1ヶ月以上出番がなくなるということもザラにあった。

活動の場は番組内だけではなく、篠原ともえのバックバンド(FNS歌謡祭、篠原ともえとお友達、篠原ともえお誕生日会 IN しのドーム等)、吉田拓郎のバックバンド (吉田拓郎LIVE'98 全部だきしめて、吉田拓郎LIVE'99 20世紀打上げパーティー)なども務めた他、吉田拓郎のアルバム「みんな大好き」では吉田拓郎とLOVE2 ALL STARS名義で参加した。また高中正義のツアー「高中正義 Tour 1997 虹伝説2 ~The White Goblin~」にも拓郎を含むLOVE LOVE ALL STARSのメンバーが多数参加した。

2001年3月31日、『LOVE LOVEあいしてる』の最終回、LOVE LOVE ALL STARSさよならコンサートをもって解散。同番組の直前に放送をしていたスペシャル番組『モーニング娘。大放送、緊急!中澤スペシャル 〜サルティンバンコにつれてって〜』で「恋愛レボリューション21」などを生演奏した。

その後、主にアコースティック編成で活動する「miniLLAS+」として「FACTORY」や「ガールポップファクトリー」などにも数度出演した。

2006年9月28日には「LOVELOVE堂本兄弟10周年記念生放送スペシャル」にて再結成、堂本ブラザーズバンドとのセッションが行われた。

メンバー[編集]

篠原ともえは初期はLLASの一員だったが、いつの間にかLLASの肩書きを外されていた。

●-2001年3月31日に行なわれた「LOVE LOVE ALL STARSさよならコンサート」に出演したメンバー ▲-2006年9月29日に放送された「LOVELOVE堂本兄弟10周年生放送スペシャル」に出演したメンバー

キーボード[編集]

ベース[編集]

ギター[編集]


ドラム[編集]

コーラス(BGV)[編集]

サックス・ブラスセクション[編集]

パーカッション[編集]


LOVE LOVE ALL STARS 2017[編集]

 KinKi KidsのCDデビュー20周年にあたり、番組が16年ぶりに復活[1]

 集まったメンバー[1]は、吉田拓郎のツアーバックバンドメンバーである[2]

メンバー[編集]

  • 武部聡志  (音楽監督・キーボード)
  • 鳥山雄司 (ギター)
  • 河村“カースケ”智康 (ドラムス)
  • 松原秀樹 (ベース)
  • 渡辺格 (ギター)
  • 玉木正昭 (パーカッション)
  • 加藤いづみ (コーラス)
  • 今井マサキ (コーラス)
  • 土居康宏 (コーラス)
  • 吉岡悠歩 (コーラス)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP”. フジテレビジョン. 2017年7月28日閲覧。
  2. ^ LOVELOVEあいしてる 復活SP!”. 加藤いづみオフィシャルブログ diary (2017年6月23日). 2017年7月28日閲覧。
  3. ^ a b LOVE LOVE あいしてる SUMMARY より