パラダイス山元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パラダイス山元(パラダイスやまもと、1962年昭和37年)11月19日(54歳) - )は、日本音楽家、公認サンタクロース

ラテン音楽を中心に活動するマンボミュージシャンである。

人物[編集]

北海道札幌市出身。北海道札幌南高等学校日本大学藝術学部美術学科インダストリアルデザイン専攻卒業後、1987年富士重工業に入社。後に退職し、東京パノラママンボボーイズでメジャーデビュー。その後、パラダイス山元と東京ラテンムードデラックス、東京パノラマラウンジなどのバンドユニットで活動。

デビュー前[編集]

ミュージシャンになる前は、富士重工業(スバル)のカーデザイナーとして活躍し、同社の自動車や鉄道車両わたらせ渓谷鐵道のデザインを手がけた。その中でも代表作が現在のステーションワゴン人気の先駆けとなった初代レガシィ ツーリングワゴン、スバルの2ドアスポーツクーペアルシオーネSVXである。ダイムラー社製の多用途自動車(正確には「多目的動力装置」)、メルセデス・ベンツウニモグ(Unimog)を個人で所有している。軌陸車としても購入したらしいが、軌道を走る機会がなく非常に重たいのでそのパーツは取り外している。

趣味・趣向・仕事[編集]

  • マン盆栽」(盆栽の鉢に、のほかにフィギュアを立てる芸術)を創案し、家元として普及に努めている。テレビ番組に出演した際、既存の盆栽愛好家から激しい反発が多かったと告白している。
    • 盆栽少女』(初監督作品)盆栽に興味をもった外国人の男子高校生と、日本の女子高生の出会いを描いた短編映画
  • かなりの鉄道マニアであり、普及に努めているマン盆栽と鉄道模型を組み合わせた「鉄道マン盆栽」がテレビ番組(NHK熱中時間』)でも取り上げられている。鉄道以外にも、乗り物全般に関心が高く、マイル修行について語らせると(J-WAVEPLATOn』)マシンガントーク炸裂になる。
  • 1998年グリーンランド国際サンタクロース協会に正式に認定された、アジア初の公認サンタクロースである。その関係か、クリスマスツリーの天辺に星を付ける専用の木製脚立を所有している。
  • テレビ朝日系列・『タモリ倶楽部』では、脚立評論家としても出演。
  • 自称「餃子の王様」。「芸能界で餃子を作らせたら一番上手なのは、タモリかパラダイス山元だ」と自身のウェブサイトに記載している。
    • 完全会員制の餃子専門店「蔓餃苑」の餃子職人兼オーナーシェフである。2006年11月30日マガジンハウスより「餃子のスゝメ」を出版。
  • 自称「入浴剤ソムリエ」である。本人のプロデュースによる入浴剤が発売された経緯がある。
  • 1991年ごろ、日本テレビ土曜日午後の「ビッグサタデー」枠にて「東京パノラママンボアワー」が放送された。内容は、東京パノラママンボボーイズ主演の音楽バラエティーであり、演奏はもちろんセクシーダンスショーも演じられ昭和30年代の雰囲気をフィーチャーした番組であった。
  • NHK子供向番組おかあさんといっしょで「たこやきなんぼマンボ」(作詞:もりちよこ、歌:杉田あきひろ・つのだりょうこ、2000年7月)などを作曲するなど幅広い分野で活躍している。

エピソード[編集]

その容姿があまりにもタレントの松村邦洋に似ているため、1999年新宿区歌舞伎町にてテレビ収録を行っていた際、松村本人の撮影と勘違いした若者数名に歌舞伎町中を追い掛け回され暴行を受けた。「俺は松村じゃない!」と悲鳴を上げながら必死に逃げ回り、この件は新聞やワイドショーでも報道された。

作品[編集]

出版物[編集]

監督[編集]

盆栽に興味をもった外国人の男子高校生と、日本の女子高生の出会いを描いた短編映画
出演: 神谷美花、牧伸二渚ようこ杉作J太郎ほか
公開日: 2008年4月19日 - 25日
会場: 神保町花月渋谷ヨシモト∞ホールルミネtheよしもとで公開

作曲[編集]

  • 「たこやきなんぼマンボ」(NHK『おかあさんといっしょ』、作詞:もりちよこ、歌:杉田あきひろ・つのだりょうこ、2000年7月)

脚注[編集]

  1. ^ 「1日親子イルカ号パラダイス」運賃発売のお知らせ 天草エアライン、2014年1月16日(2014年1月31日閲覧)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]