セイ!ヤング21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甲斐よしひろのセイ!ヤング21
ジャンル トーク番組音楽番組
放送方式 生放送(録音の場合あり)
放送期間 2001年10月5日~
放送時間 不定期放送(1 - 2ヶ月に1回程度)
放送局 文化放送
ネットワーク NRN(プロ野球シーズン限定)
パーソナリティ 甲斐よしひろ
出演 松藤英男
特記事項:
開始当初は金曜日19:00からの2時間枠、以後は木曜→火曜→木曜(または金曜)→月1回→月曜を経て、2011年4月からは不定期放送。
テンプレートを表示

セイ!ヤング21』( - にじゅういち)は文化放送1969年 - 1994年に放送されていた「セイ!ヤング」の復活版として2001年10月にスタートしたラジオ番組。テーマ曲は、『夜明けが来る前に』(別名:セイ!ヤングのテーマ)。

開始当初は日替わりパーソナリティとなっていたが、2002年のナイターシーズン及び2003年ナイターシーズン以降は『甲斐よしひろのセイ!ヤング21』として放送されている。

概要[編集]

セイ!ヤング21[編集]

  • 2001年10月~2002年3月
月曜~金曜19:00~21:00の帯番組として放送。さだまさし(月曜)、大友康平(火曜)、ばんばひろふみ&谷村新司(水曜)、ダチョウ倶楽部(木曜)、甲斐よしひろ(金曜、アシスタントとして松藤英男)、が日替わりでパーソナリティを務めた。また土曜の20:00~21:00でも「セイ!ヤング21スペシャル」として、一夜限りのゲストパーソナリティを迎え放送した。
  • 2002年4月~9月
ナイター編成に伴い、『甲斐よしひろのセイ!ヤング21』として木曜19:00~20:00に放送した。
  • 2002年10月~2003年3月
再び月曜~金曜19:00~21:00の帯番組となり、さだ(月曜)、甲斐(火曜)、ばんば&谷村(水曜)、杉山清貴&松本和巳(木曜、後に森下千里も参加)、吉田拓郎(金曜)、が日替わりでパーソナリティを務めた。

また、このシーズンは、21時台にネット局向けに放送された(文化放送で2時間生放送された内容を50分または1時間に編集して放送。翌年から『ラジオアミューズメントパーク』に転換)。

甲斐よしひろのセイ!ヤング21[編集]

  • 2003年4月~2005年3月
ナイターシーズンは木曜19:00~20:00、ナイターオフシーズンは金曜19:00~21:00(一部ローカル局は金曜21:00~22:00)に放送した。
  • 2005年4月~9月
定時放送は一旦終了し、『文化放送ライオンズナイタースペシャル』として、野球中継予定のない日のうち計6回、20:00~21:30に放送された。
  • 2005年10月~2006年3月
定時放送再開。金曜19:00~20:00(一部ローカル局は金曜21:00~22:00)に放送。
  • 2006年4月~9月
ナイター編成に伴い、月曜19:00~20:00に放送時間変更。
  • 2006年10月~2007年3月
月曜日は『竹内靖夫の電リク・ハローパーティー』を放送しないことが発表されて、引き続き月曜19:00~20:00の放送。
  • 2007年4月~2011年3月
番組枠が月曜19:00~19:30の30分番組となり、内容も甲斐とゲストとの対談形式になる。ゲストのないときはリスナーからのお便り、メールの紹介や選曲特集を放送。(野球中継が月曜日に組まれた場合や、2008年北京オリンピック期間中などは別曜日へ移動、または休止)
  • 2011年4月~9月
定時放送は一旦終了。『文化放送サンデープレミアム』として、野球中継予定のない日曜に月1回程度放送される(2005年4月~9月に近い形式となる)ことになり、4月10日・7月10日の17:57-19:30、5月8日・5月29日・9月25日の17:57-20:00と、計5回放送された。
  • 2011年10月~2012年3月
月1回ペースでの放送を継続。『文化放送マンデープレミアム』として、毎月第一月曜日の19:00-20:00に放送された(第一月曜日が野球中継にあたった場合は、第三月曜日に振り替えられることになっていたが、この期間では実例発生せず)。
  • 2012年4月~9月
月1回ペースでの放送を継続。前年度同様に『文化放送サンデープレミアム』(6月まで)、『SET UPスペシャル』(7月から)として、野球中継予定のない日曜のうち、4月15日・5月13日・6月3日・6月24日・7月8日・9月9日の計6回の放送された。放送時間は原則として、6月までは17:57 - 19:30、7月からは18:00 - 19:30と、約1時間半となっている。
特に7月8日と9月9日の放送はNRNナイターの雨傘番組扱いとして、大阪のABCラジオにもネットされた。ABCラジオで『セイ!ヤング』レーベルの番組が放送されるのは異例(過去には『さだまさしのセイ!ヤング』が競合局のMBSラジオにネットされていた)。ただし、ABCラジオでは編成の都合上、18:25(正確にはABCのスタジオからの内容紹介があるため18:26頃)からの飛び乗りでの放送となっており、当日の阪神戦デーゲームの終了時間によってはさらに開始が遅延する可能性もあったが、両日ともこれ以上の遅延はなかった。
  • 2012年10月~2013年3月
月1回ペースでの放送を継続。『文化放送ウェンズデープレミアム』として、毎月第一水曜日の21:00-22:00に放送された。
  • 2013年4月~6月
月1回ペースでの放送を継続。今年度は日曜日のプロ野球中継のレギュラー放送が事実上解消される関係で、野球中継予定のない土曜日のうち、4月6日・5月4日・6月1日に『(文化放送ホームランナイター)SET UPスペシャル』として放送された。4月6日と6月1日は19:30-21:00の放送で、NRNナイターの雨傘番組扱いとしてSTVラジオ茨城放送福井放送山口放送高知放送にもネットされた。一方、5月4日分は文化放送とネット局で別編成となったため、文化放送のみの19:00-20:00の放送であった。
  • 2013年7月~9月
月1回ペースでの放送を継続。この時期は土曜日もプロ野球のナイター開催が増え、週末の放送枠が確保できないため、野球中継予定のない平日のうち、7月11日と9月20日の19:00-20:00に『文化放送ライオンズナイターSET UPスペシャル』としての放送となり、文化放送ローカルでの放送に戻った。
  • 2013年10月~2014年3月
月1回ペースでの放送を継続。『文化放送フライデープレミアム』として、月一回金曜日の19:00-20:00に放送された。今回は放送週が一定せず、10月11日・11月22日・12月6日・1月3日・2月14日・3月21日にそれぞれ放送された。
  • 2014年4月~9月
月1回ペースでの放送を継続。野球中継予定のない平日に文化放送ローカルの『文化放送ライオンズナイターSET UPスペシャル』として放送される場合もあれば、土曜日にNRNナイター雨傘番組扱いの『(文化放送ホームランナイター)SET UPスペシャル』として放送される場合もあり、どちらかのケースで臨機応変に放送枠が設定される。平日ナイター枠では4月29日・6月20日・7月4日の19:00-20:00、NRN土曜ナイター枠では5月24日の19:00-21:00ならびに9月13日の19:00-20:00に放送(5月24日と9月13日は茨城放送・福井放送・山口放送・高知放送にもネットされたが、STVラジオとABCラジオは自社制作番組のためネットせず)。
  • 2014年10月~2015年3月
文化放送ウェンズデープレミアム』として、文化放送ローカルで水曜日の19:00-20:00に不定期放送。ただしこの期間は放送のない月もあり、10月8日・11月26日・12月31日・2月25日と4回の放送にとどまり、この時期から放送機会が減少する。
  • 2015年4月~9月
この期間も半年間で4回の放送。野球中継予定のない土曜日に『(文化放送ホームランナイター)SET UPスペシャル』として放送。4月10日・9月12日の20:00-21:00、5月23日の19:30-21:00にそれぞれ、NRNナイター雨傘番組扱いとして茨城放送・福井放送・山口放送・高知放送にも(9月12日のみ加えてSTVラジオにも)ネットして放送。さらに文化放送ローカルの『文化放送ライオンズナイターSET UPスペシャル』として、7月9日の20:00-21:30にも放送された。なお、高知放送はこの期を最後にネットを離脱した。
  • 2015年10月~2016年3月
前年度同様に『文化放送ウェンズデープレミアム』として、文化放送ローカルで水曜日の19:00-20:00に不定期放送。放送機会はさらに減少し、10月7日・12月30日・2月17日と、2ヶ月に1回程度の放送となった。
  • 2016年4月~9月
この期間も2ヶ月に1回程度の放送。野球中継予定のない土曜日のうち4月16日・6月4日・9月24日の20:00-21:00に『(文化放送ホームランナイター)SET UPスペシャル』として、NRNナイター雨傘番組扱いとしてSTVラジオ(9月24日を除く)・茨城放送・福井放送・山口放送にネットして放送。
  • 2016年10月~2017年3月(予定)
前年度同様に『文化放送ウェンズデープレミアム』として、文化放送ローカルで水曜日の21:00-22:00に不定期放送。

備考[編集]

  • さだまさしの担当した月曜日ではリスナーからのメッセージをはがきのみに限定し、EメールやFAXによる募集は一切行わなかった。
  • 2001年木曜のダチョウ倶楽部はセイ!ヤングのパーソナリティーを勤めていないが、起用された理由として「当時のセイ!ヤングリスナーの視点で番組を放送する」と言う立場で起用された。
  • 2003年3月までの帯番組は一部ローカル局への放送時間短縮による時差ネット(放送時間は月曜~金曜21:00~22:00)を行った。またさだ担当日のみ時差ネットを行った局(おもに週末夜)もあった。
  • 2003年10月以降のナイターオフシーズンは、文化放送では別番組、ローカル局は『ラジオアミューズメントパーク』の製作により番組枠が縮小され、2006年のナイターオフシーズンを最後に、2012年6月までローカル局へのネットはなかった。また2004年までのナイターシーズンは九州朝日放送(録音・短縮)と2局ネットで放送していたが、これはパーソナリティの甲斐の出身地が、福岡県であることからの名残であろう。
  • 甲斐よしひろのみの担当になってから定時放送終了まではアース製薬の一社提供となっていた。番組の正式タイトルは『アース製薬Presents 甲斐よしひろのセイ!ヤング21』。
  • これとは別に2007年4月2日~5月2日の午後枠の特別番組で「セイ!ヤング ネクステージ」が放送された。
  • 2011年3月14日の放送は、特別編成のため19:00~20:00の1時間枠で放送され、3日前に発生した東日本大震災関連のニュースを挟みつつリスナーからのメッセージや曲を流した。

外部リンク[編集]

文化放送 ナイターオフ期 月-木曜19:00 - 21:00
前番組 番組名 次番組
○○○○のセイ!ヤング21
(2001年度 - 2002年度)
斉藤一美の爆発NIGHT!
文化放送 ナイターオフ期 金曜19:00 - 21:00
アーバンスクエア電リク21
甲斐よしひろのセイ!ヤング21
(2001年度 - 2005年度)
  • 枠拡大、他曜日同様18:00-21:00となる
文化放送 ナイターイン期 木曜19:00 - 20:00
(不明)
甲斐よしひろのセイ!ヤング21
(2002年度 - 2004年度)
19:00 辺見えみりのTOKYO METROSEXUAL LIFE
19:15 情報カンヅメ リビングインフォメーション
19:30 松本和巳夏川純の健康サプリ
文化放送 月曜19:00 - 20:00
4-9月:文化放送ライオンズナイター
10-3月:竹内靖夫の電リク・ハローパーティー
  • 月曜版廃止
甲斐よしひろのセイ!ヤング21
(2006年4月 - 2007年3月)
  • マンデー・パリーグ廃止に伴い通年編成化
19:00 甲斐よしひろのセイ!ヤング21
19:30 でる得スタジオ
  • ナイターオフの日曜21:00から枠移動
文化放送 月曜19:00 - 19:30
甲斐よしひろのセイ!ヤング21
※19:00 - 20:00
甲斐よしひろのセイ!ヤング21
(2007年4月 - 2011年3月)
  • ナイターオフの土曜18:00から枠移動
NRN(文化放送制作裏送り) 月-木曜ナイターオフ期夜9時台
前番組 番組名 次番組
○○○○のセイ!ヤング21
(2001年度 - 2002年度)
NRN(文化放送制作裏送り) 金曜ナイターオフ期夜9時台
こだわりミュージックBOX
甲斐よしひろのセイ!ヤング21
(2001年度 - 2005年度)
ラジオアミューズメントパーク
  • 金曜版新設