母に捧げるバラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
母に捧げるバラード
海援隊シングル
初出アルバム『『望郷篇』』
B面 「さすらいの譜」
リリース
ジャンル フォーク
レーベル エレックレコード
作詞・作曲 武田鉄矢(作詞)
海援隊(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 海援隊 シングル 年表
    恋挽歌
    (1973年)
    母に捧げるバラード
    (1973年)
    故郷未だ忘れ難く
    1974年
    テンプレートを表示

    母に捧げるバラード』(ははにささげるバラード)は、海援隊の楽曲。1973年発売のアルバム『望郷篇』に収録され、同年中にシングルカットされ発売された。

    解説[編集]

    海援隊のデビュー当時のヒット曲で、発売当初は忘年会用の面白ソングとして注目された[1]。この曲でエレックレコード所属アーティストでは初めて紅白歌合戦1974年)に出場した。その後、イクが他界した1998年第49回でも歌唱した。

    海援隊の武田鉄矢が、母・武田イクに宛てたメッセージソングの様式をとっており、短い歌詞と長い博多弁の台詞で構成されている。また、基本的に歌詞部分は固定され、台詞部分の違いにより多数のバリエーションが存在する。

    母・イクは「タバコのくだり以外あの歌は全部ほんと。よう私のことばとってるんですよ。博多弁ゆうけど、私のことばは小国弁との混じり弁です。正直な博多弁じゃない。ようそこをとっとるんです」と話している。武田鉄矢は中学・高校と生徒会長をしていたので、タバコを吸い始めたのは大学へ行ってからだという[2]

    アルバムバージョンはシングルバージョンとは違い、シングルでのイントロの前にハーモニカによる「故郷」の演奏がある他、セリフも違っている。2007年に「エレックシングルボックス」の中の一枚として紙ジャケットでマキシシングル化されたが、単体での発売はまだない。

    シングルバージョンは、新たにエレックレコードが設立されるまで、自分達のベストアルバムには入っていなかった。初CD化は『エレック・アンソロジー2~Singles & Rare』である。他にエレックレコードが関わっていないアルバムでのシングルバージョン収録アルバムには「青春歌年鑑」の1974年盤がある。新たにエレックレコードが設立されて以後は、「エレックシングルコレクション 喜怒哀楽」、2008年に出された「ベストアルバム」、「エレック・シングルコレクション」(ポニーキャニオンから出された。)等に収録されている。1998年には、1980年日本武道館でのライブバージョンがCDシングル化され、カップリングには「母に捧げるバラード'82」と言うタイトルで1982年の地元の福岡サンパレスでのライブバージョンが収録されている。

    エピソード[編集]

    • 武田鉄矢は1977年の『幸福の黄色いハンカチ』より前に、本楽曲をモチーフとした東映歌謡映画で1974年に俳優デビューする予定だった[3]。監督は鈴木清順と発表され[4]、1967年の『殺しの烙印』以来の復帰作として注目されたが[4]、東映に関わるようになっていた岡田裕介が脚本を読み「こんなホンで東映はよく映画を作っているね」と父の岡田茂東映社長に言ったら激怒したが、岡田茂もホンを読み「確かに酷い」と認めた。岡田茂は翌日、会社でも怒り、担当プロデューサーをクビにし企画も潰した[4]
    • 当曲を原作としたテレビドラマコラ!なんばしよっと」が、1992年から1997年までNHKで放送された。
    • この曲を題材にした舞台「母に捧げるバラード」で、武田鉄矢が本人と母親の二役を演じ、2002年から公演を行っている。
    • 2008年に放送開始したフジテレビおふくろ、もう一杯」のBGMに起用。
    • NO PLANが2006年1月25日に発売したアルバム「LAST PLAN」内では、同曲の詞と一部タイトルを変更した「内村さんに捧げるバラード」という曲が収録されている。曲の内容は内村光良が武田のものまねをしながら残りのNO PLANメンバーに対して一人ずつ𠮟咤激励していくというもの。他のNO PLANメンバーは歌唱パートを担当している。
    • 2007年にSkoop On SomebodyTAKEゴスペラーズ村上てつやによるユニット「武田と哲也」(当時は「武田哲也」名義)が詞を変更してカバーした。

    収録曲[編集]

    1. 母に捧げるバラード
      作詞: 武田鉄矢/作曲: 海援隊
    2. さすらいの譜
      作詞: 武田鉄矢/作曲: 中牟田俊男

    脚注[編集]

    1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、245頁。ISBN 978-4-636-82548-0
    2. ^ サンデー毎日、1974年4月14日号P.42.43
    3. ^ NEXT 映画『母に捧げるバラード』 - 映画の國 || コラム ||
    4. ^ a b c 「トップインタビュー/岡田裕介 東映(株)代表取締役社長」『月刊文化通信ジャーナル』2011年3月号、文化通信社、 27頁。