ウィリー・ウィークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィリー・ウィークス
Willie Weeks.jpg
Weeks alongside Eric Clapton in the 2007
基本情報
出生名 ウィリー・ウィークス
生誕 (1947-08-05) 1947年8月5日(70歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州サレムバーグ
ジャンル ロック
ブルーズ
職業 ベーシスト
担当楽器 エレクトリックベース
レーベル Reprise, Tamla, Polydor Records, Epic Records, EMI, Warner Bros. Records, Atlantic, Capitol, Columbia, Elektra

ウィリー・ウィークスWillie Weeks1947年8月5日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州サレムバーグ出身のベース・ギタリスト。様々な幅広いジャンルにわたって有名なミュージシャン達と共演することで、名声を得た。彼は、プロになって以来、最も需要のあるセッション・ミュージシャンの一人として過ごしてきた。

また同時に、ウィリー・ウィークスは、プロになって以来、ロックの世界の何人もの重要人物達と一緒にツアーをしてきたことでも「悪名高い」。2006年から2007年にかけては、クロスロード・ギター・フェスティバルと共に行われたエリック・クラプトンのワールド・ツアーに、ハウス・バンドのベーシストとして参加し、健在ぶりを見せつけていた。

経歴[編集]

ウィークスは、ノースカロライナ州サレムバーグに生まれる。1960年代初頭に、エレクトリック・ベースを弾き始める。彼が最初に影響を受けたのは、ラジオで聴くことができた、カントリー・ミュージックポップス、そしてリズム・アンド・ブルースだった。ウィークス自身は、初期の頃に影響を受けたミュージシャンとして、ロン・カータージェイムズ・ジェマーソン、そしてレイ・ブラウンを挙げている。

ウィークスは、下記のようなミュージシャン達とスタジオ・ワークもしくはツアーを行っている。

チャカ・カーンロイ・ブキャナングレッグ・オールマンデヴィッド・ボウイクラレンス・ブラウンジミイ・ビュッフェケヴィン・シャルファンエリック・クラプトンバディ・ガイハンク・クロフォードロバート・クレイピノ・ダニエルボ・ディドリードゥービー・ブラザーズアレサ・フランクリンヴィンス・ギルアイザック・ヘイズジョージ・ハリスンビリー・ジョエルウィノナ・ジャッドB.B.キングライル・ラヴェットゲイル・デイヴィーズデイヴィッド・リー・ロスマイケル・マクドナルドドン・マクリーンジョン・メイヤージョン・メレンキャンプベット・ミドラーランディ・ニューマンピノ・パラディーノジョン・スコフィールドカーリー・サイモンロッド・スチュワートローリング・ストーンズジェームス・テイラーリチャード&リンダ・トムプソンジョー・ウォルシュボビー・ウーマックレオン・ラッセルスティーヴ・ウィンウッドスティーヴィー・ワンダーロニー・ウッドスーリヴエタ・ジェイムズ矢沢永吉

ウィークスは、ダニー・ハサウェイのレギュラー・バンドに参加し、ハサウェイのアルバム『ライヴ』(1972)に収録された「Voices Inside (Everything is Everything)」という曲で、2分32秒のベース・ソロを取っている[1]。このソロは、多くのベーシストから、ウィークスのベスト・プレイの一つだと考えられている。

ウィークスは、レコーディングでは、1962年フェンダープレシジョンベースをアムペッグのSVTアンプを使用して鳴らしている(しかし最初は、アムペッグのB-15を使っていると報道されていた)。また、イリノイ州ブリッジヴューのトヨタ・パークで2007年7月28日に行われたクロスロード・ギター・フェスティヴァルでもベースを演奏している[2]

ウィークスは、「ルーファス・ウィズ・チャカ・カーン」に先立つバンドである「アスク・ルーファス」で演奏している。彼は、アル・クーパーの曲である「ブラン・ニュー・デイ」の録音に顔を出している。また、ファビュラス・アメイザーズと、ミネソタのグループ、「ジプシー」に加入していたビル・ローダン(ロビン・トロワーのバンドの前のドラマー)とも共演している。

使用機材[編集]

1962年製の赤いプレシジョンベースに加え、1958年製のメイプル・ネックのプレシジョンベース、1964年製のジャズ・ベース、そしてサンバーストのマーカス・ミラー・モデル、さらにはクラプトンの「アンプラグド」のレパートリーでは、カイの、タバコ・サンバースト4弦アコースティック・ベースも使用している。2008年のクラプトンの「ヨーロピアン・サマー・ツアー」では、1963年製のサンバーストのプレシジョンベースも使用していた。

2009年のオーストラリア・ツアー、イギリス・ツアーでは、フェンダー、カイ、アレヴァ・コッポロのベースを使用。

ブルース・ブラザース2000」と、「ライトニング・イン・ア・ボトル」の映像でも、ウィークスの姿を見ることができる。

ディスコグラフィ[編集]

ジプシー[編集]

ダニー・ハサウェイ[編集]

ランディ・ニューマン[編集]

ジョージ・ハリスン[編集]

[編集]

外部リンク[編集]

  • Clark, Doug (January 21, 2007).

"The mark of a musician". The Sampson Independent. Retrieved on August 31, 2007.

  • Johnston, Richard (August 2005).

"Willie Weeks Does It All". Bass Player. Retrieved on August 31, 2007.