レオン・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオン・ラッセル
Leon Russell
Leon Russel April 2009.jpg
レオン・ラッセル(2009年)
基本情報
出生名 Claude Russell Bridges
生誕 (1942-04-02) 1942年4月2日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州ロートン
死没 (2016-11-13) 2016年11月13日(満74歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル
ジャンル ブルースゴスペルカントリー、ブルーグラス、ロック、スワンプ・ロック、リズム・アンド・ブルース、スワンプ・ポップ
職業 ミュージシャンソングライター
担当楽器 ボーカルピアノハモンドB-3オルガンギターベースギター
活動期間 1956年 - 2016年

レオン・ラッセル(Leon Russell、本名:Claude Russell Bridges(クロード・ラッセル・ブリッジズ)、1942年4月2日 - 2016年11月13日[1])は、アメリカ合衆国シンガーソングライター、ミュージシャン。シェルター・レコード創立者。デラニー&ボニー[2]ジョージ・ハリスン、ローリング・ストーンズ、ジョー・コッカー、アル・クーパー、ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズ、ボブ・ディランら多くのミュージシャンと共演している。

キャリア[編集]

オクラホマ州出身。十代前半の頃からキーボーディストとしてナイト・クラブなどで音楽活動を始め、JJケイルと「スター・ライターズ」を結成する。また、同郷のデヴィッド・ゲイツ(後のブレッドのメンバー)や、デラニー&ボニー等ともバンドを組んだ。デラニー&ボニーと結成したバンドは、シン・ドッグズと命名された。以降、ジェリー・リー・ルイスローリング・ストーンズら多くのアーティスト、フィル・スペクターのプロデュース作品のレコーディングに参加している。彼が参加した有名な曲では、ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズの「ディス・ダイアモンド・リング」[3]があげられる。同曲では、アル・クーパーとともに演奏に参加し、キーボードを担当している。ザ・ベンチャーズの「十番街の殺人」、「朝日のあたる家」でも演奏している。ザ・ベンチャーズのノーキー・エドワーズがソロアルバム「Nokie!」をリリースした際にはライナーノーツを執筆した。

1968年にはマーク・ベノとのデュオで、アルバムを発表。ソロ・アーティストとしては1970年から現在に至るまで数多くのアルバムを発表し、ルーツ・ミュージックの色濃いアーシーな音楽性は、高い評価を受けている。彼らの音楽は、主にアメリカ南部出身のミュージシャンによって、ロサンゼルスを中心に隆盛となった。ラッセルのロック・ミュージックはロサンゼルス産でありながら、“スワンプ・ロック”という呼称が与えられ、彼はデラニー&ボニーや、ジョンフォガティーのCCRらとともに、スワンプ・ロックの有名ミュージシャンになった。彼の代表曲である「ソング・フォー・ユー」は1970年の作で、カーペンターズレイ・チャールズらにカバーされた。この時期、スワンプ・ロックは、エリック・クラプトンローリング・ストーンズ、ジョー・コッカーらにも大きな影響を与えた。ストーンズの「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」などのヒット曲は、その例である。

70年代初頭には、ジョー・コッカーやリタ・クーリッジら約40人ほどのメンバーで、「マッド・ドッグズ&イングリッシュ・マン」ツアーをおこなった。1971年ジョージ・ハリスンの呼びかけに応じてバングラデシュ・コンサートに出演し、ハリスンの他、エリック・クラプトン、リンゴ・スターボブ・ディランらと共演した。ピアノ、ボーカル、ベースを担当している。私生活では、スライ・ストーンのバック・コーラスを担当したマリーと結婚した。

1979年には、ウィリー・ネルソンとともに「ハート・ブレイク・ホテル」のカントリー・バージョンを発表し、カントリー・チャート1位を獲得した。「タイト・ロープ」、「スーパースター」、「マスカレード」など、カバーされた作品は多い。

2011年に、ロックの殿堂のサイドマン部門に選ばれる。授賞式では、かねてから親交があるエルトン・ジョンがプレゼンターを務め、ジョン・メイヤーとのセッションも披露された。

2016年11月13日、ナッシュビルの自宅にて死去したことが発表された。74歳没[4]

ディスコグラフィ[編集]

  • Lool Inside the Asylum Choir, 1968(マーク・ベノとのデュオ)
  • Leon Russell, 1970(ソロ・デビュー作)
  • Leon Russell and the Shelter People, 1971
  • Carney, 1972
  • Leon Live, 1973
  • Hank Wilson's Back, 1973
  • Looking Back, 1973
  • Stop All That Jazz, 1974
  • Will O' the Wisp, 1975
  • Americana, 1978
  • Life and Love, 1979
  • One for the Road, 1979 (with Willie Nelson)
  • The Live Album, 1981
  • Hank Wilson, Vol. 2, 1984
  • Solid State, 1984
  • Anything Can Happen, 1992
  • Crazy Love, 1992
  • Hank Wilson, Vol. 3: Legend in My Time, 1998

楽曲提供、他者によるカバー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Leon Russell Dies At Age 74 NewsOn6.com 2016年11月13日
  2. ^ http://www.furious.com/perfect/delaneyandbonnie.html
  3. ^ http://www.songfacts.com/detail.php?id=2073
  4. ^ The Official Website of Leon Russell

外部リンク[編集]