朝日のあたる家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝日のあたる家」(あさひのあたるいえ、: The House of the Rising Sun)は、アメリカ合衆国トラディショナルフォーク・ソング

Rising Sun Bluesとも呼称される。娼婦に身を落とした女性が半生を懺悔するで、暗い情念に満ちた旋律によって注目された。"The House of the Rising Sun" とは、19世紀に実在した娼館、または刑務所のことを指すという説があるが、確証はない。「朝日楼 / 朝日樓」とも表記する。

起源と初期のバージョン[編集]

多くのトラディショナルなフォーク・バラードと同じく作者不詳であるが、1930年代には原型と見られる録音がいくつか残されている。現存する最古の音源はクラレンス・アシュレイ (Clarence "Tom" Ashley) らが1933年録音したもので、アシュレイはそれを祖父から教わったものだと述べている。また、アメリカ議会図書館アーカイブ・オブ・アメリカン・フォーク・ソング英語版の研究員アラン・ロマックスは、ジョージア・ターナー (Georgia Turner) という16才の少女が唄った "The Risin' Sun Blues"1937年9月15日に録音、収集している。

その後、歌い継がれるうちに曲調に変化が加えられ、ジョシュ・ホワイト英語版ドイツ語版スウェーデン語版などは元々メジャー調だったものを、マイナー調にアレンジしている[1]

1941年ウディ・ガスリー1948年レッドベリー1960年ジョーン・バエズがレコーディングしており、デイヴ・ヴァン・ロンク英語版ロシア語版1960年代初頭、ロマックスの音源に自らのアレンジを加え自身の重要なレパートリーとしていた。

ボブ・ディラン・バージョン[編集]

ボブ・ディランが、デビュー・アルバム『ボブ・ディラン』(1962年)の中でこの曲を取り上げ、真に迫ったボーカルが高く評価された。レコーディング以前の、クラブコーヒー・ハウスで演奏していた時期からこの曲をレパートリーにしており、1961年9月の「ニューヨーク・タイムズ」に掲載されたロバート・シェルトンによるコンサート・レビューでは、彼がこの曲を不明瞭な発声で唸ったりすすり泣いたりしながら唄う様子が紹介されている。

後にアニマルズのバージョンがヒットすると、聴衆はディランにもアニマルズのようなアレンジで演奏することを求めたため、ディランはコンサートでこの曲を取り上げることを止めてしまった。しかし、ディラン本人はアニマルズのバージョンを大変気に入っており、彼がロックサウンドを導入する切掛けの一つになったという。

ディランのドキュメンタリー映画『ノー・ディレクション・ホーム英語版スペイン語版』(2005年)の中で、デイヴ・ヴァン・ロンクがインタビューに答え、この曲をレコーディングするつもりであったのだが、ディランがその編曲アレンジをロンクからコピーし、先にレコーディングされてしまった、と発言している(ロンクも、すぐ後に自身のアルバムに収録)。

アニマルズ・バージョン[編集]

アニマルズ1964年6月にシングルとしてリリース。プロデューサーミッキー・モスト。同年9月にビルボードのヒットチャートで3週連続1位になり、イギリス、スウェーデン、カナダのチャートでも1位を記録した。日本の『ミュージック・マンスリー』誌に掲載されていた洋楽チャートでは、最高位2位を記録した[2]

1999年グラミーの殿堂英語版ロシア語版入りを果たし、2004年には『ローリング・ストーン』誌が選んだ「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」で122位となった。ロックの殿堂の「ロックン・ロールの歴史500曲英語版」の1曲にも選出されている。

原曲の歌詞が女性から男性に代えられていることから、"The House of the Rising Sun" は刑務所もしくは少年院を指すと解釈されるようになった。アレンジは、エレクトリック・ギターアルペジオが印象的なロック・アレンジで、“最初のフォーク・ロック” であるとも言われる。レコードのクレジットには、アレンジャーとしてアラン・プライスが記載されているが、これは「他のメンバーの名前を書くスペースがなかったからだ」とエリック・バードン英語版ドイツ語版がインタビューで答えている。ディランのバージョンを基にしていると言われることが多いが、エリックによれば、この曲を初めて聴いたのは、ニューカッスルのクラブでフォーク・シンガーのジョニー・ハンドル英語版が唄っていたものであるという。ただしデイヴ・ヴァン・ロンクのアレンジが完全に払拭されているともいえず、ロンクは自分のアレンジを基にしていると主張している。

フリジッド・ピンク・バージョン[編集]

デトロイトを拠点とするバンドフリジッド・ピンク英語版ギリシャ語版1970年にシングルとしてリリース。「ビルボード Hot 100」でチャート最高7位、全英シングル・チャートで4位、カナダで3位、西ドイツで1位、ノルウェーで1位を記録した。1970年5月、RIAAよりゴールド・ディスクに認定されている。

サウンドはサイケデリック・ミュージックのスタイルだが、メロディーはほぼアニマルズを踏襲している。

その他のバージョン[編集]

備考[編集]

本作の拍節44拍子ではなく、34拍子で構成されている[3]68拍子128拍子の可能性もある。

JASRACに於いては2017年現在、オリジナル版は外国作品/出典:Z (各種参考資料) /作品コード 0O6-0896-5 HOUSE OF THE RISING SUN THE /ORIGINAL/ として登録。作曲作詞ママTRADITIONALとされ、PD状態で登録されている[4]

浅川マキ日本語[5]による版は、内国作品/出典:PO (出版者作品届) /作品コード 000-9581-8 朝日楼 として登録。“朝日のあたる家” は副題とされている。作詞・作曲:PD、訳詞ママ:浅川マキ、出版者音楽出版ジュンアンドケイとなっている[4]

他にも別バージョンが多数存在し、作品毎に作詞・作曲の表記が “TRADITIONAL“、”PD“、”アメリカ民謡[注 1] などと異なって登録されている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ すずき・きよしによる訳詞版(作品コード 006-2149-8 朝日のあたる家)に於ける表記[4]

出典[編集]

  1. ^ 「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」BS-TBS第68回 朝日のあたる家”. BS-TBS. 2018年4月7日閲覧。
  2. ^ 『日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年』 日経BP社2015年、32頁。ISBN 978-4-8222-7834-2
  3. ^ 『新譜ジャーナル別冊 浅川マキの世界』 自由国民社1972年4月15日 「朝日樓(朝日のあたる家)」楽譜に記載。
  4. ^ a b c d JASRAC作品データベース検索サービス J-WID 検索結果
  5. ^ 浅川マキは全作品の表記について「」ではなく「」を用いていた。故に誤記ではない。