アラン・プライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラン・プライス (Alan Price,1942年4月19日-)は、イギリスのミュージシャン。

概要[編集]

ジ・アニマルズの初代キーボード・プレイヤーとして知られている。「朝日のあたる家(The House of the Rising Sun)でVOXオルガンを使用したオルガン演奏などが有名。

概歴[編集]

1942年イングランドのダラム州(County Durham)ファッツフィールド(Fatfield)出身。幼少時からピアノを習っていた。
1955年スキッフルに傾倒してギターを始め、幾つかのバンドに参加した後ベーシストに転向、知人だったエリック・バードンとともにザ・パガンスを結成したが、健康上の理由から脱退し、療養後にコントゥアーズに加入した。このコントゥアーズでチャス・チャンドラーと知り合う。
1958年、コントゥアーズが解散し、チャス・チャンドラーとともにアラン・プライス・コンボを結成した。
1962年、旧知のエリック・バードンがアラン・プライス・コンボに参加。
1963年、バンド名をジ・アニマルズとして再スタートし、翌1964年「朝日のあたる家(The House of the Rising Sun)」がヒットして全米ツアーも行われる。
1965年、ジ・アニマルズを脱退し、翌年、アラン・プライス・セットを結成。デビュー曲の「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー(I Put a Spell on You)」がヒットしたが、1968年に解散した。
1973年、映画「オー、ラッキーマン! (O Lucky Man!)」のサウンドトラックを担当、1974年にはソロアルバム「人生は長い物語(Between Today and Yesterday)」を発表している。

外部リンク[編集]