コンテンツにスキップ

ジョージィ・フェイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョージィ・フェイム
Georgie Fame
ジョージィ・フェイム(2009年)
基本情報
出生名 Clive Powell
別名 Georgie Fortune
生誕 (1943-06-26) 1943年6月26日(80歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ランカシャー州リー
ジャンル ソウル・ジャズR&Bポップスソウルジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 キーボード
活動期間 1959年 -
レーベル コロムビアポリドール、CBS、パイ
共同作業者 ジョージィ・フェイム&ザ・ブルー・フレイムズアラン・プライスビル・ワイマンズ・リズム・キングスヴァン・モリソン

ジョージィ・フェイム[1]Georgie Fame、本名 Clive Powell、1943年6月26日 - )は、1960年代より活動しているイギリスミュージシャンオルガンを弾きながら軽やかに歌い上げるスタイルで知られる。1960年代はジョージィ・フェイム&ザ・ブルー・フレイムズとして活動。アラン・プライスヴァン・モリソンとのコラボレーションでも知られている。1960年代のシングル3曲がいずれも全英シングルチャート1位を獲得している。

代表曲[編集]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『フェイム・アット・ラスト』 - Fame at Last! (1964年、Columbia) ※with ザ・ブルー・フレイムズ
  • 『イエ・イエ』 - Yeh Yeh (1965年、Imperial) ※with ザ・ブルー・フレイムズ
  • Get Away (1966年、Imperial) ※with ザ・ブルー・フレイムズ
  • 『スウィート・シングス』 - Sweet Things (1966年、Columbia) ※with ザ・ブルー・フレイムズ
  • 『サウンド・ヴェンチャー』 - Sound Venture (1966年、Columbia) ※with ザ・ハリーサウス・ビッグ・バンド
  • 『ザ・トゥー・フェイシズ・オブ・フェイム』 - The Two Faces of Fame (1967年、CBS) ※片面ライブ with ザ・ハリーサウス・ビッグ・バンド、片面スタジオ with ザ・ジョージィ・フェイム・バンド
  • 『ザ・サード・フェイス・オブ・フェイム』 - The Third Face of Fame (1968年、CBS) ※『The Ballad of Bonnie and Clyde』としても発売
  • 『ジョージィ・ダズ・ヒズ・シング・ウィズ・ストリングス』 - Georgie Does His Thing with Strings (1969年、CBS) ※with ザ・キース・マンスフィールド・オーケストラ
  • 『セヴンス・サン』 - Seventh Son (1970年、CBS)
  • 『ゴーイング・ホーム』 - Going Home (1971年、CBS)
  • 『フェイム・アンド・プライス / トゥゲザー』 - Fame & Price / Price & Fame / Together (1971年、CBS) ※with アラン・プライス
  • All Me Own Work (1972年、Reprise)
  • 『ジョージィ・フェイム』 - Georgie Fame (1974年、Island)
  • 『ライト・ナウ!』 - Right Now! (1979年、Pye)
  • 『ザッツ・ホワット・フレンズ・アー・フォー』 - That's What Friends Are For (1979年、Pye)
  • 『クロージング・ザ・ギャップ』 - Closing the Gap (1980年、Piccadilly)
  • In Hoagland 1981 (1981年、Bald Eagle) ※with アニー・ロスホーギー・カーマイケル
  • In Goodmansland (1983年、Sonet) ※with シルヴィア・ヴレタマー
  • Georgie, Lena, Lasse (1986年、Four Leaf Clover) ※with レナ・エリクソン、ラッセ・サミュエルソン
  • No Worries (1988年、Four Leaf Clover/CBS)
  • A Portrait of Chet (1989年、Four Leaf Clover)
  • 『クール・キャット・ブルース』 - Cool Cat Blues (1991年、Go Jazz/Blue Moon)
  • 『ザ・ブルース・アンド・ミー』 - The Blues and Me (1992年、Go Jazz)
  • City Life (1992年、BBC Radio 2) ※with マデリン・ベル、BBCビッグ・バンド
  • Three Line Whip (1994年、Three Line Whip)
  • 『ハウ・ロング・ハズ・ジス・ビーン・ゴーイング・オン』 - How Long Has This Been Going On (1995年、Verve) ※ヴァン・モリソン with ジョージィ・フェイム & フレンズ名義
  • 『テルミー・サムシング〜モーズ・アリソンに捧ぐ』 - Tell Me Something: The Songs of Mose Allison (1996年、Verve) ※トリビュート・アルバム with ヴァン・モリソン、モーズ・アリソンベン・シドラン
  • 『ポエット・イン・ニューヨーク』 - Poet in New York (2000年、Go Jazz)
  • Relationships (2001年、Three Line Whip)
  • Charlestons (2003年、Three Line Whip)
  • Jazz My Way (2008年、Curling Legs) ※with グレース・カウスランド featuring ジョージィ・フェイム名義
  • Tone-Wheels 'A' Turnin' (2009年、Three Line Whip) ※with ザ・ラスト・ブルー・フレイムズ
  • Lost in a Lover's Dream (2012年、Three Line Whip)
  • Swan Songs (2015年、Three Line Whip) ※with ザ・ラスト・ブルー・フレイムズ

ライブ・アルバム[編集]

  • 『リズム・アンド・ブルース・アット・ザ・フラミンゴ』 - Rhythm and Blues at the Flamingo (1964年、Columbia) ※with ザ・ブルー・フレイムズ
  • 『ショーティ・フィーチャリング・ジョージィ・フェイム』 - Shorty Featuring Georgie Fame (1970年、Epic)
  • Live at Montreux Jazzfestival (1983年、Dragon) ※with Hudik Big Band and Bengt-Arne Wallin
  • Georgie on My Mind (1991年、Jazette)
  • Live in Japan (1992年、Go Jazz) ※with ベン・シドラン、ボブ・マラック、リッキー・ピーターソン
  • Endangered Species (1993年、Music Mecca) ※with Danish Radio Big Band
  • Name Droppin': Live at Ronnie Scott's (1997年、Go Jazz)
  • Walking Wounded: Live at Ronnie Scott's (1998年、Go Jazz)
  • Ring Tenth Anniversary (1999年、Jazette) ※with Ring All Stars
  • Georgie Fame & the Birthday Big Band (2004年、Three Line Whip)
  • Live at the Royal Garden Jazz Club (2008年、Royal Garden Jazz Club) ※with Boško Petrović Trio
  • Singer: The Musical (2014年、Proper) ※Featuring マデリン・ベル
  • Rhythm and Blues at the Ricky Tick (2014年、Rhythm & Blues)
  • A Declaration of Love (2015年、ITM Archives) ※with ウッシ・ブリューニング、アラン・スキドモア・カルテット
  • 『コンプリートBBCセッションズ1964-1967』 - The Complete Live Broadcasts I - BBC Radio Sessions 1964-1967 (2021年、Rhythm & Blues)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Hall of Fame (1967年、Columbia)
  • Fame Again! (1972年、Starline)
  • 『イエー・イエー〜20ビート・クラシックス』 - 20 Beat Classics (1980年、RSO)
  • The First Thirty Years (1989年、Connoisseur)
  • 『ジョージィ・フェイム』 - Get Away with Georgie Fame (1993年、Spectrum Music)
  • Georgie Fame at His Best (1995年、Castle Communications)
  • The Best of Georgie Fame 1967–1971 (1996年、Columbia)
  • The Very Best of Georgie Fame and the Blue Flames (1997年、Spectrum Music)
  • Master Series (1999年、Polydor) ※with ザ・ブルー・フレイムズ
  • 『ファニー・ハウ・タイム・スリップ・アウェイ〜パイ・アンソロジー』 - Funny How Time Slips Away: The Pye Anthology (2001年、Sanctuary/Castle Music)
  • 『フォー・カフェ・アプレミディ』 - Georgie Fame For Café Après-midi (2003年、Universal)
  • 『オン・ザ・ライト・トラック〜コンプリート・ヒット・コレクション 1964-1971』 - A Complete Hit Collection 1964–1971 (2004年、Raven)
  • Superhits (2004年、Columbia) ※with アラン・プライス
  • Somebody Stole My Thunder: Jazz-Soul Grooves 1967–1971 (2007年、Sony BMG)
  • 『エヴリィ・ノック・イズ・ア・ブースト : ゴー・ジャズ・イヤーズ』 - Every Knock Is A Boost: The Go Jazz Years (2008年、Nardis Music)
  • 『モッド・クラシックス 1964-1966』 - Mod Classics: 1964–1966 (2010年、BGP)
  • Yeh Yeh: The Georgie Fame Collection (2015年、Spectrum Music)
  • 『コンプリート・レコーディング 1963-1966』 - The Whole World's Shaking: Complete Recordings 1963–1966 (2015年、Polydor) ※5CDボックスセット
  • Survival: A Career Anthology 1963–2015 (2016年、UMC) ※6CDボックスセット
  • South Venture (2019年、1960s) ※with the Harry South Band and Lulu
※日本盤CD化について

日本盤の発売は『クール・キャット・ブルース』『ザ・ブルース・アンド・ミー』など一部の作品に限られていたが、2006年11月にユニバーサルミュージックから4枚(ボーナス曲多数追加)、同12月にはソニー・ミュージックから6枚が相次いで紙ジャケット盤でCD化(一部は世界初CD化)され、2008年にも多くの作品が紙ジャケット仕様でCD化された(初回生産限定)。

脚注[編集]

  1. ^ ジョージー・フェイム」の表記もある。
  2. ^ All The Number One Singles 1965http://www.officialcharts.com/all-the-number-ones-singles-list/_/1965/ 2013年6月20日閲覧
  3. ^ a b All The Number One Singles 1966 http://www.officialcharts.com/all-the-number-ones-singles-list/_/1966/ 2013年6月20日閲覧

関連項目・人物[編集]

外部リンク[編集]