レッドベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アコーディオンを弾くレッドベリー

レッドベリーLeadbelly または Lead Belly、本名ハディ・ウィリアム・レッドベター、1888年1月23日 - 1949年12月6日)は、アメリカフォークブルースミュージシャン。澄んで力強い歌声、12弦ギターの技巧、そして彼の導入した豊富なフォークソングのスタンダードの曲集で知られる。

彼はほとんどの場合は12弦ギターを演奏したが、ピアノマンドリンハーモニカヴァイオリンコンサーティーナ、そしてアコーディオンも演奏することができた。彼の録音の一部では、フォークバラッド「ジョン・ハーディ」の彼のバージョンの曲などで、彼はギターの代わりにアコーディオンを弾いた。他のレコーディングでは、彼はただ手を叩き足を踏みならして歌ったりもした。

レッドベリーの音楽で歌われる内容は、ゴスペルや、女性、そして差別を歌ったブルースと、カウボーイ刑務所仕事船乗り牛追い、そして踊りを歌ったフォークソングなど、幅広い題材をカバーした。彼はまた、フランクリン・ルーズベルト大統領、アドルフ・ヒトラースコッツボロ・ボーイズ、億万長者のハワード・ヒューズなど、当時の時の人に関する曲も書いた。

経歴[編集]

レッドベリーの誕生の日付けの議論[編集]

レッドベリーは1888年1月23日に生まれた(彼の墓標には1889年が誕生の年と記されているが)。レッドベリーの誕生の日付けはずっと議論の的になっている。最も早い年は1885年と言われ、他のソースでは1888年か1889年のどちらかとも言われる。1900年の人口調査によると、ハディ(Hudyと記載されている)はテキサス州ハリソン郡第2判事管区の、ウェスとサリー(ブラウン)・レドベリーの、二人の子供のうちの一人(もう一人は腹違いの姉妹のオーストラリア・カー)となっている。ウェズリーとサリーは1888年2月26日に法律上結婚し、すぐ後にレッドベリーが誕生し、さらに数年間彼らは夫婦として共に暮らした。1900年の人口調査は、通常の国勢調査に記載されている誕生の年月どころか年齢とも異なっており、「Hudy」・レッドベターの誕生年を1888年とし、誕生月を1月としている。ハディの年齢は12歳と記されている。1910年1930年の人口調査も誕生年として1888年としている。 彼の誕生の日付けもまた議論されている. 最も一般的な日付けは1月20日とされているが、他のソースは1月21日または29日に生まれたと示唆している。レッドベター彼自身に関する唯一の書類は彼の第二次世界大戦の徴兵登録で、そこには1889年1月23日と記述されている。

若年期[編集]

レッドベリーはウェズリーとサリー・レッドベター夫妻の下で、ハディ・ウィリアム・レッドベターとして、ルイジアナ州ムーリングズポート(Mooringsport)近くのプランテーションで生まれた。しかし家族は彼が5歳の時にテキサス州リーへ引っ越した。1903年までに、レッドベリーはすでに多少名の知れたシンガーギタリストであった。彼はルイジアナ州シュリーブポート近郊の、街の悪名高い赤線地区、セントポールズ・ボトムの聴衆の前で演奏した。レッドベリーはボトムのサロンの列、売春宿ダンスホールのあるシュリーブポートのファニン通りで、さまざまな音楽的影響を人前で晒して独自のスタイルを発展し始めた。

1910年の人口調査の時点で公式にはまだ「Hudy」と記録されていたレッドベリーは、彼の両親の隣に、最初の妻のアレサ・"レテ"・ヘンダーソンとともに住んでいた。人口調査時点で彼女は17歳であり、したがって1908年の彼らの結婚の時点では15歳であった。彼の叔父から受け取った彼の最初の楽器、アコーディオンもそこにはった。20代前半までに、彼は少なくとも二人の子供の父となった後に、ギタリストとして(時折労務者として)生きるために家を出た。

服役[編集]

レッドベリーの高慢な性向と、時々のもめ事をよく好むことは、しばしば彼を法に触れる問題に巻き込んだ。1918年1月、彼の親戚のひとり、ウィル・スタフォードを喧嘩で殺害した後、2回目の刑務所での服役を受けた。彼はテキサス州シュガーランドで投獄され、そこで彼の曲「Midnight Special」のインスピレーションを受けた。彼の釈放を懇願するために書いた曲が、パット・モリス・ネフ(Pat Morris Neff)知事の好みに合ったため、35年の刑罰から2年で釈放されたと言われている。レッドベリーは彼の強い宗教的な価値観をアピールする事でネフ知事を揺るがせた。刑務所内でのよい振る舞い(看守と仲間の囚人を演奏で楽しませたことを含む)と組み合わせて、レッドベターは釈放された。

1930年、レッドベリーは殺人未遂罪で刑務所に戻って来て、この時はルイジアナに収監された。ここで、3年後、彼は音楽学者ジョンアランのロマックス親子に「発見」された。彼らはレッドベリーの才能、情熱、演奏者としての特異性に魅了され、彼の曲を議会図書館用にポータブルレコーダーで数百曲録音した。その翌年、ロマックス親子がルイジアナ州知事のO・K・アレン(Oscar K. Allen)に早期釈放を陳情し、レッドベリーはもう一度放免された。

レッドベターは刑務所にいる時に初めて彼の有名なあだ名、「レッドベリー」を、彼のラストネームと、彼の身体のタフさをもじって仲間の囚人につけられた。例えば、彼の2回目の刑期の間、囚人のひとりが彼の首を突き刺そうとした時(彼に傷跡を残した)、彼はナイフを奪い返して順番に襲った者を殺そうとした。彼はこのあだ名をレコーディングの時に匿名として用いて、それ以降名前が定着した。

服役後の生活[編集]

ロマックス親子に借りを作り、レッドベリーはアランの世話になって1934年後半にニューヨークシティへ共に移住し、そこで名声を得たが、富は得られなかった。1935年、彼はマーサ・プロミスと結婚し、ARCレコーズで録音を始めた。しかしこれらのレコードで商業上の成功はあまり得られなかった。セールスが不十分だった理由の一部として、ARCレコーズは彼がよく知っているフォークよりも、ブルースを録音した方がよいと主張したことによる。ともかく、レッドベリーは家計の上では戦い続けた。1939年、彼は脅迫により刑務所に戻った。

1940年の釈放の時、レッドベリーは押し寄せるニューヨークのフォークシーンに戻って来て、ウディ・ガスリーや若いピート・シーガーたちの助けとなった。RCA、議会図書館、そしてムー・アッシュ(後のフォークウェイズ・レコーズの創設者)で5年間録音した後、1944年、彼はカリフォルニアへ向かい、キャピトル・レコーズで力強いセッションを録音した。1949年、彼は最初の欧州ツアーを始めるが、それが完結する前に病気になり、筋萎縮性側索硬化症と診断された。レッドベリーはその年のうちにニューヨークシティで死去し、ルイジアナ州カドー郡ブランチャードの8マイル西にある、ムーリングスポートのシロー・バプテスト教会墓地に埋葬された。

外部リンク[編集]